タイ語 タイ留学

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

スマホの格安アームバンド(ランニング、マラソン用)を売っているショップ in バンコク

 


既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

最近またダイエットの為にまたジョギングを開始した俺っち。

 

順調に体重も減りつつあります。(^^♪

 

10kg減ちかくをキープ出来ています。


Sponsored Link

 

 

そんな中、約1年前に購入したジョギング用のアームバンドが先日こんな感じになり使用不可能な状態となりました。

 

スマホのランニングアームバンドやマラソンアームバンド、もしくは単にスマートフォンケースとも呼ばれているみたい。

 

で、俺っちのアッチ系BLOGで確認すると去年の12月5日にラマ9公園のマーケットで200バーツで購入したと記録されていた。

 

実際には購入後、その並びに150バーツで同じモノが売られているのを知ってガッカリしたのを覚えている。(>_<)

 

タイで購入したマラソン用アームバンドの耐用年数はおよそ1年

以前の購入日が今からちょうど1年前って事でタイで購入したランニング用アームバンドの耐用年数は約1年ほどだと言うことが分かった。(目安程度に)

 

さっそく新たなアームバンドを探しに近場のセントラル・バンナーへ足を運んでみると何店舗かでアームバンドが販売されているショップを発見する事が出来た。

 

しかしその価格帯が350バーツ~650バーツ、また色がピンク色のみだったりと結局購入までに至らなかった。

 

過去の経験上、普通に使っての耐用年数が約1年ぐらいだと考えるとスマホとのサイズさえ合っていれば使い捨て仕様で利用する方が賢明だ。

 

どのブランドも素材や作りにさほど大差なく似たようなモノなのでデザインにこだわる理由も全くないし、如何に安く購入出来るかがキモとなる。

 

で、さっそくお手頃価格で購入できた場所をシェアします。

 

IMG_20150926_113830z1.png
場所はビクトリーモニュメント駅前のセンチュリープラザ(Century The Movie Plaza)

 

IMG_20150926_113821z.png

ビクトリーモニュメントは戦勝記念塔駅やアヌッサワリーとも呼ばれています。

 

エスカレーターで2階へ(Level2表記)

 

そのエスカレーターすぐ横にそのランニング用アームバンドを置いているショップを発見!

 

現物がコチラ

 

1個あたり定価190バーツで販売されていましたがラマ9公園で150バーツで売られていた事を知っているのでゴリゴリと交渉して最終的に150バーツまで値下げして貰いました。200バーツで購入させられちまった1年前のリベンジに成功!

 

お得感があったので1年後の事も考え、もう1つ予備用として購入、合計300バーツを支払った。

 

 

センチュリープラザでの目的は果たしたのですぐに帰ろうかと思いましたが、ここの地下フードコートに手ごろな日本式カレーライスがあったのを思い出し食べて帰った。

 

初めてのししゃもカレーを注文してみた。案外おいしかったです❤ 値段もお手頃の69バーツ。

その他のトッピング・メニューは下記の記事を参考にして下さい↓

チーズ入りカツカレー75バーツ!ビクトリーモニュメント駅前センチュリー(過去記事)

 

日本在住の方はネットからでも格安のアームバンドを購入する事が出来ますよ(^^)/

 

>>【楽天】スマートフォンの格安ランニング用アームバンド一覧


Sponsored Link

◆地方別タイのホテル相場◆

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます(関連記事)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

AdSense

カテゴリ一覧
タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
オーストラリア7028kmの旅
おすすめレビュー記事

背中の筋トレに重宝



手の平マッサージ

おすすめアクセス解析
本気のブロガー設置すべき

※リンク先はレビュー記事へ
★ヒートマップが無料で利用
★ウザいスマホ広告が非表示
★生閲覧者のキーワード把握