タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

取材に来た朝日新聞GLOBE『小山謙太郎記者』ってどんな人?

 


バンコクのわらしべです。

 

当ブログをFC2からワードプレス(WP)に移転して1ヶ月半が経過しました。

 

順調に個別ページもほぼインデックスされ、検索順位の方もほぼほぼ回復基調にあります。WPにした事で今のところ以前の2倍~2.5倍以上の収益化に成功しています。

 

今後はもっと期待できそうな感じです。⇒ おすすめサーバー

 

さて、本日はタイトルにもあるように

 

『朝日新聞の小山謙太郎記者』について個人的な独断と偏見で語っていきたいと思います。

中国上海DYM社の無資格医療ツーリズムの根拠となる理由を分かりやすく解説

 


4月27日正午すぎ『山本一郎』氏という方からDYM社に関する情報が暴露されました。

 

【yahooニュース】
「タイ全裸事件」水谷佑毅さんの株式会社DYMが、中国で違法な無資格医療ツーリズム実施中

 

yamasan1.png

 

実は俺っちも上記の情報に関しての大まかな流れは事前に把握していました。

タイで活動するDYM社の内科・小児科クリニックってどうよ?by DACO広告

 


タイ在住のわらしべです。

 

 

今朝は最寄りのカフェで1人コーヒータイム~

 

 

本日は気分を一転させて2016年パタヤのソンクラーン記事でもあとで書くか~

 

 

と思いつつ、

 

 

何気に置いてあった雑誌に手を伸ばす。。。

 

DYMが著作権侵害を訴えた該当記事内のURL表記を修正し再公開。それで?

 


当記事は今までの一連の流れを綴った記事全てに目を通しても著作権侵害の問題でイマイチ読解力に欠けるちょっとイタい人の為だけに向けた記事となります。

 

よって一生懸命シンプルにサルでも分かるように書き綴ったつもりです。

DYM社の不祥事に対し大物アフィリエイタ―が拡散協力できない本当の理由

Googleが集団全裸のDYM社に正義の鉄槌を下す!DMCA不正使用と認定

 


さて、当ブログでは連日からタイのホアヒンで

 

 

集団全裸で有名になったDYM社

 

 

についての記事を書いてきました。

 

その理由は「記事を削除しないと訴えるぞ!」的な高圧的なモノでして、

 

小心者の俺っちはそのようなメールを貰うといつものように部屋の隅っこで

 

 

((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

 

 

と震えていたわけですがw☆キャピ

DYM社の申し立てでFC2の該当記事が強制的に下書き状態。それが何か?

 


昨日、一昨日の記事がバズったおかげで、

 

昨日の夕方からツイッターからのリツイート音が鳴り止まない。

 

何の事なの?って方はコチラを参照

集団全裸のDYM社が記事の削除要請したサイト(都合の悪い)一覧まとめ

 


 

タイ、ホアヒンのビーチで

 

集団全裸して

 

「うぇーーい!暴れたったぜ~」

 

 

mizutanifacebook2.png

と社長自らfacebookで自慢しているような

 

水谷佑毅氏 率いるとっても素敵なDYM社について本日も綴ろうと思う。

ホアヒン全裸事件のDYM社に「訴えるぞ!」と喧嘩を売られた件。(笑)

 


バンコクのわらしべです。

 

この18日、19日の2日間、

 

パタヤのソンクラーン水掛け祭りで久々に炎天下のタイを満喫した。

 

その模様は後日シェアする予定です。

水谷佑毅氏の株式会社DYM(http://d●m.asia/)ホームページが見れない方へ

ホアヒンでの日本人集団全裸がデマ!?写真を撮影したタイ人に凸(突撃)

 


まずは昨日のニュースを知らない人の為にこちらをどうぞ。

日本の恥さらし 泥酔邦人団体客が全裸 タイ王室の保養地
共同通信/ 2016年3月8日 20時49分

【バンコク共同】タイ中部のリゾート地フアヒンにあるホテルの浜辺で、社員旅行で訪れた日本人男性約30人が泥酔し、全裸になっていたことが8日、分かった。フアヒンは王室の由緒ある保養地として知られ、タイ人の間で批判が噴出。観光・スポーツ大臣が再発防止を呼び掛ける事態に発展している。

旅行会社やホテルによると、日本企業に勤める男女の若者約90人が旅行に参加。5日夜にホテルで飲食後、浜辺に繰り出し一部の男性が全裸で海に入った。

フアヒンには宮殿があり、国民に敬愛されるプミポン国王(88)が一時静養していたことで知られる。
タイ人添乗員が「王室ゆかりの地だから節度を保ってください」と再三注意したが、男性らは聞き入れなかったという。(共同)

産経NEWS⇒ http://www.sankei.com/affairs/news/160308/afr1603080057-n1.html

目撃したタイ人(KomsakAddamsさん)が写真をツイッターに投稿。

こちらがそのTwitterで拡散された2枚の写真

【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
日々のボヤきTwitter
プロフィール

profile
世界を放浪するわらしべ長者です。
現在の滞在国は18ヶ国。


オーストラリア
フランス
韓国
サイパン
フィリピン
マレーシア
(キナバル山)
(ボルネオ島)
インドネシア
ブルネイ
シンガポール
タイ
ラオス
ミャンマー
ベトナム
カンボジア
香港
マカオ
UK
台湾

世界中のあらゆる場所に友人を作り、そこで気の合う仲間とちっちゃい会社でも興せれたらいいなぁって思っています。

わらしべプロフィール more
メタ情報
カテゴリ一覧