タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【動画】アマンダホテル(Amanda Hotel)の朝食ブッフェ in ダナン

 


前回の記事でベトナム・ダナン空港周辺のホテル、アマンダホテルをご紹介しました。

 

アマンダホテル(Amanda Hotel)はダナン空港周辺のおすすめホテル in ベトナム

 

空港から近く、またドラゴン橋まで2.9kmと立地が条件が良い格安ホテルです。またフリーWifiも宿泊中ずっと安定して利用できました。💻

 

で、ホテル予約時に気になる「朝食付き」ブッフェのクオリティ、それってどうよ?

 

今回はそちらを軽くご紹介します。

アマンダホテル(Amanda Hotel)はダナン空港周辺のおすすめホテル in ベトナム

 


べトラム旅行の最終日はリゾートホテルからダナン空港まで遠いと朝早起きしたりバタバタするのも嫌なので前日の宿泊先にダナン空港周辺のホテルを探してみた。もちろん最低条件にフリーWiFi、朝食付き、ホットシャワーそして空港までの距離が1.5km圏内などを踏まえてドンピシャなホテルを見つけた。それが...

 

アマンダホテル(Amanda Hotel)

 

本日はダナン空港周辺にあるこのアマンダホテルについての情報をシェアします。

【寝台バス】フエからダナンへの行き方(シンツーリスト≒旧シンカフェ)バス停留所

 


今回は以前にシェアした【寝台バス】ダナンからフエへの行き方の逆バージョン、

 

【寝台バス】フエからダナンへ行き方をご紹介します。

 

まず、The Sinh Tourist(シンツーリスト)で寝台バスのフエからダナン行き、バスチケットを購入する為にフエのシンツーリスト(旧シンカフェ)オフィスへ向かいます。その住所は、37 Nguyen Thai Hoc St.,Phu Hoi Ward, Hue City です。Googleマップ↓

【プール ハネムーン ヴィラ】ヴェダナ・ラグーン・ウェルネス・リゾート & スパ(2日目)

 


はい、今回もベトナム「Vedana Lagoon Wellness Resort & Spa」ホテルの別のお部屋をご紹介したいと思います。

 

前回の記事では初日に宿泊した水上バンガローの様子をシェアしました♪

 

で、2日目に宿泊したお部屋がコチラ↓

 

プール ハネムーン ヴィラ (Pool Honeymoon Villa)

 

水上バンガローとの位置関係は下記のマップを参照下さい。

フエ近郊の穴場ビーチ(Canh Duong Beach)地元民に大人気 in ベトナム

 


今回はちょっとレアな情報をシェアしたいと思います。

 

それはほぼ現地のベトナム人しか知らないと言われる隠れ家的な穴場ビーチをヴェダナ・ラグーンホテルのスタッフに教えて貰いました♪スタッフ曰く、観光名所としてもあえて大々的に宣伝していないそうです。

 

その穴場ビーチの名は『Canh Duong Beach

 

ベトナム語でどのように発音するか忘れちゃいました。(;^_^A

 

日本語のカタカナ表記がネット検索上に未だ引っ掛かって来ないほどレアなビーチです。

 

が、地元民たちには人気のあるスポットのようです。

【朝食ブッフェ】Vedana Lagoon Wellness Resort & Spa in ベトナム

 


はい、今回もベトナムのリゾート『Vedana Lagoon Wellness Resort & Spa』情報をシェアします。

 

つか、「お前ホテルの回し者か!」ってぼちぼちとツッコまれそうですが...(;^_^A

 

ただ単純に素敵なリゾートホテルだったので素直におすすめしているだけですw

 

この「ヴェダナ・ラグーン・リゾート」にご関心を持たれた方が次回の宿泊先候補の1つとして参考にして頂ければ幸いです♪

 

さて、今回はホテル予約時に気になる『朝食ブッフェ』のようすをシェアします。

【水上バンガロー】ヴェダナ・ラグーン・ウェルネス・リゾート & スパ(初日)

 


今回は前回の記事の続きとなります。

 

【フエ】ヴェダナ ラグーン ウェルネス リゾート & スパ 2017年6月(前記事)

 

なんと!このフエの『ヴェダナ ラグーンのリゾート』過去にゴールドサークルアワード受賞ホテルに選出されたようです!

 

要は利用した宿泊者からの口コミ評価がダントツに高いホテルって事です。実際に宿泊した俺っちも評判通りの心地よさを感じました。

 

そしてスタッフの質や愛嬌、またこちらが意図する事を言葉にせずとも直ぐに察してくれるおもてなし❤

【フエ】ヴェダナ ラグーン ウェルネス リゾート & スパ 2017年6月

 


10年ぶりとなるベトナム旅行のホイアン、ダナン観光を終え、次に俺っちが向かった先はフエ。

 

前回の記事で寝台バスでダナンからフエへの行き方をご紹介しました。

 

【寝台バス】ダナンからフエへの行き方(シンツーリスト≒旧シンカフェ)バス停留所

 

実はフエにも10年前のバックパッカー時代、世界遺産である旧市街の建造物、王宮、博物館、そして寺院などは既に見て回っています。

 

今さら観光するのもアレかなって事で今回はフエからちょっと離れたリゾートでゆっくり休暇を取る事にした。

シンツーリストのバス時刻表と運行経路【保存版】旧シンカフェ

 


ベトナムの大手旅行会社『The Sinh Tourist』

 

そのシンツーリスト(旧シンカフェ)のバス時刻表を自分が見やすいようにまとました。

 

と言うのもシンツーリストのオフィスでバスチケット購入した際、壁に貼られてあったバス時刻表の文字が小さすぎて見にくかったかです。

 

これからベトナム旅行される方のお役に立てれば幸いです。('ω')ノ

【寝台バス】ダナンからフエへの行き方(シンツーリスト≒旧シンカフェ)バス停留所

 


さて、まだまだ続くベトナム旅行記、

 

今回はダナンからフエへの行き方で最もコスパが良いと思われる方法をシェアしたいと思います。

 

そもそもダナンからフエまでの距離はそのくらい?

 

こちらがダナン ⇔ フエ間のマップ↓

古都ホイアンの街並みを10年前と比較【2017年】ダナン⇔ホイアン

 


前回の記事ではダナンのおすすめ宿泊ホテルについてご紹介しました。

 

フュージョン スイーツ ダナン ビーチ【口コミ】おすすめホテル in ダナン(前記事)

 

さて、この日はダナンから約30km離れたホイアンの街まで車で向かいます。

 

そのベトナム・ホイアンの様子を10年前(2007年)と現在を比べながらご紹介したいと思います。

フュージョン スイーツ ダナン ビーチ【口コミ】おすすめホテル in ダナン

 


はい、本日はベトナムのダナンでのおすすめ宿泊ホテルをシェアしたいと思います。

 

今回ダナンで滞在した最初のホテルはコチラ↓

 

フュージョン スイーツ ダナン ビーチ(Fusion Suites Danang Beach)

 

トリップアドバイザーの口コミではダナンで1位に評価されている人気ホテルです。

 

さて、そのホテル、フュージョン・スイーツ・ダナン・ビーチのダナン空港からの距離はこんな感じです。↓

【最新】ダナン空港(国際線と国内線)ATMや両替所、SIMカードやタクシー情報、おすすめフリーWiFiレストラン

 


2017年、新しくなったベトナムのダナン空港についての情報を備忘録として残しておきます。

 

以前のダナン空港(現在の第1ターミナル)は国内線と国際線の両方が一緒になっていましたが、今年2017年から国内線は第1ターミナル、そして国際線は第2ターミナルと建物が別々になりました。そのなごりから未だ第1ターミナルの看板はインターナショナル・エアポートとでかでか明記されています。きっと近々修正されると思います。

 

ダナン空港の国内線と国際線の距離間はこんな感じです。

【動画】ダナン空港の国内線(第1ターミナル)⇔国際線(第2ターミナル)の距離を歩く

 


当記事はベトナムのダナン空港について備忘録となります。

 

実は今年2017年5月にダナン空港が新設され、新たな国際線の発着場として第2ターミナルがオープンしました!そんなワケで今までの第1ターミナルの方が国内線の専用空港となります。

 

さて、今回はそのダナン空港の国内線(第1ターミナル)から国際線(第2ターミナル)までの距離間がどの程度なのか初めてダナン空港に到着され、乗換えされる方はきっと気になると思ったのでその距離を動画を撮影しながら歩いてみました♪📹

ダナン花火大会の開催期間と開始時間【ダナンのおすすめホテル】

 


ダナンといえば近年ダナン花火大会が開催されるようになりベトナムで今アツい観光スポットして注目を浴びています!🎇

 

で、そのダナン国際花火大会2017(DIFF2017)も先日6月24日で最終日を迎え、各国の花火職人たちがこぞって花火技術を競い合いたいへん素敵な催しとなりました♪

 

また嬉しい事に今までは2年に1度だったダナンの花火大会が今後は毎年開催されるようになったようです!\(^_^)/

 

そんなワケで来年のダナン花火大会に参加するかもしれないのでその花火情報を備忘録としてまとめておきます。

ダナン空港のATM(ベトコムバンク:Vietcombank)で現金の引き出し方法

 


はい、前回ベトナム・ダナン空港でサコム銀行のATMから現金の引き出し方法をご紹介しました。

 

で、今回は記事タイトルにあるようにベトコムバンク(Vietcombank)ATMから現地通貨を引き出してみたいと思います。

 

そのATM機の設置場所はダナン空港第1ターミナル入口付近のサコム銀行ATMの真横にあります。

ダナン空港のATM(サコム銀行:Sacombank)で現金の引き出し方法

 


twitterをフォローしてくれてる読者さんは既にご存知だと思いますが、実は昨日までしばらくの間ベトナムのダナンでのんびりと休暇を取っていました♪

 

ま、普段もだらだらとのんびりしていますがw(*‘ω‘ *)

 

さて、本日はベトナムのダナン空港にあるATMでの現金引き出し方法をシェアします。

 

今回はダナン空港第1ターミナル(現在の国内線)に設置されたサコム銀行(Sacombank)ATMからの現地通貨の引き出し方法となります。

ドイツのフリーメイソンとベトナムの革命家ホーチミンとの繋がり

 


既にご存じの方もいると思いますが、

 

俺っち今年の4月、とある調査でベトナムへ向かった。。。。。

 

その時の記事がコチラ

 

パソコン、スマホを持たない5日間の生活で感じた事。

 

本日はある特定のコアな方々だけに向けた情報となります。

 

以前から自分の中である仮説を立てていた。

 

で、その調査報告がある程度まとまったので、部分的ですが一般公開します。

 

フリーメイソン? イルミナティ? ドイツ?

 

ほんでベトナムの革命家ホーチミン?

ベトナムのノイバイ国際空港からハノイ市内への行き方 by バス

 


シンチャオ!(こんにちは)

 

う~ん、どういうワケか200人もの人達に俺っちがベトナムにいてたのがバレてたw寝てる間に脳に変なチップでも埋め込まれたのかなぁ…

 

ま、いっか♪

 

さて、バンコクの放浪わらしべっす。

 

と言うわけで先日ベトナムのハノイ(Hanoi)にちょっくら出掛けていました。

 

このブログに訪れる人は基本、タイに興味がある人がほとんどやから今回のベトナム情報をアップしてもどうなん?ってちょっと悩んだけど、

 

タイ在住の人でベトナムへビザランする人もいるやろうから軽くシェアしておきます。

 

実は俺っち、ベトナムに来たのはこれが2回目です。

 

バックパッカーをしていた2007年、ハノイからホーチミン(サイゴン)まで陸路で約1ヶ月間ほど旅をしました。

 

本日、その時(2007年)の旅写真をfacebookの方へアップしました。

パソコン、スマホを持たない5日間の生活で感じた事。

 


シンチャオ!

 

あ、ちゃうわ サワッディークラップ!

 

先ほどタイに入国して自宅に到着した所です。。。。。。

 

実は俺っち4月15日早朝からタイを出国し、本日19日の午前中まで

 

 

とある国 にいてました。

 

 

しかも今回はあえてパソコン、携帯、スマホ(iPhone)すら持たずの旅路です。

 

こんな感じに5日間もインターネットに触れず過ごしたのは、多分約6年ぶりではないかと記憶しています。

【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
日々のボヤきTwitter
プロフィール

profile
世界を放浪するわらしべ長者です。
現在の滞在国は18ヶ国。


オーストラリア
フランス
韓国
サイパン
フィリピン
マレーシア
(キナバル山)
(ボルネオ島)
インドネシア
ブルネイ
シンガポール
タイ
ラオス
ミャンマー
ベトナム
カンボジア
香港
マカオ
UK
台湾

世界中のあらゆる場所に友人を作り、そこで気の合う仲間とちっちゃい会社でも興せれたらいいなぁって思っています。

わらしべプロフィール more
メタ情報
オーストラリア7028kmの旅
Agodaホテル75%オフ
【タイ】

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア】

【シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ