タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

2017年タイ領事館の休館日と開館時間 in ペナン(マレーシア祝日)

 


2017年版、マレーシアの祝日とペナンにあるタイ領事館の休館日情報が更新されましたので当ブログに備忘録として記しておきます。KLにあるのがタイ大使館でペナンあるのはタイ領事館です。

 

近々マレーシア、ペナンのタイ領事館へ観光ビザ取得などをお考えの方は参考にして下さい。

 

と言うことで、さっそく

2017年タイ大使館の休館日と開館時間 in ビエンチャン(ラオス祝日)

 


ビエンチャンのタイ大使館がようやく重い腰を上げてか最新版2017年のラオス祝日情報を更新しました!

 

と言うことで、当ブログの方でもビエンチャン・タイ大使館の休館日2017年情報をアップデートしておきます。

 

ついでにタイ大使館のOpen(開館)時間も記しています。

ペナン島からフェリーに乗ってバターワース駅までの行き方【動画あり】

 


せっかくなのでペナン島からの帰路、

 

フェリー乗り場からバターワース駅までの行き方もシェアしておきます。

 

まずは今回の旅で連泊したホテルからバスを利用してフェリー乗り場まで向かってみます。

 

ホテル詳細記事⇒ ペナン島のカプセルホテル(タイム・カプセル)はコスパが良くて快適♪安全で女性に大人気

 

ホテルの受付スタッフいわく、ホテル前を通過するバスは全てフェリー乗り場まで行くとの事。

バタワース発バンコク行き列車の乗換え失敗 in パダンブサール!陸路での国境越えガイド

 


まずはマレーシアのバターワースからKTMコミューターに乗ってパダンベサール(パダンブサール)駅でバンコク行きへのタイ国鉄列車に乗換えをする際の注意点をシェアします。

 

知らなかったじゃ済まされないヤバい事となるので同ルートをご検討されている方は是非ご確認しておいて下さい。

 

さて、先日ペナン滞在時にネットで調べ事をしていると偶然に目を疑うような情報を発見 Σ(・ω・ノ)ノ!

【最新】ペナン島のタイ領事館で観光ビザ取得手続きの流れ(行き方・ビザ申請料)

 


バンコクからタイ国鉄の寝台列車を利用してペナンに来ているわらしべです。

 

リーペ島(リペ)行きを急きょ諦め、時間的に余裕が出来たのでペナン島にあるタイ領事館を見に行ってみた。

 

2016年タイ領事館の休館日と開館時間 in ペナン(マレーシア祝日)

 

個人的に今後しばらくは観光ビザを取得する必要がなくなったワケですが、これからペナンで観光ビザの取得をご検討されている読者さんもいるかと思い、せっかくペナン島に来ているのでタイ領事館での最新観光ビザ情報をお届けしたいと思います。

タイ国鉄パダンベサールでマレーシア電車KTMコミューターに乗り換えてペナン島への行き方②

 


はい、前回の続きです!

 

初のタイ国鉄でバンコクからペナン島へ向かっているわらしべです。

 

【最新】タイ国鉄の寝台列車でバンコクからマレーシアのペナンまでの行き方①(前記事)

 

パダンベサールでの乗換えにちょっと不安があったが寝台列車のベッドに横になり快適な一夜を過ごす事が出来ました。( *´艸`)

【最新】タイ国鉄の寝台列車でバンコクからマレーシアのペナンまでの行き方①

 


バンコクのわらしべです。

 

先日、タイ国鉄の寝台列車でペナン島へ行って来やした♪

 

その目的は当初マレーシアのペナン島⇒ランカウイ島⇒そしてタイのリーペ島(リペ島)から戻って来るつもりでしたが、なんとなんとペナン島に到着してランカウイ島からのタイへ入国する際、リーペ島のイミグレーションが10月からしかオープンしていないという情報を知った。(=゚ω゚)ノこんちくしょー

ペナン島のカプセルホテル(タイム・カプセル)はコスパが良くて快適♪安全で女性に大人気

 


マレーシア、ペナン島のフェリー乗り場から歩いて約15分ほどの場所にあるカプセルホテル

 

タイムカプセル・ホテル(Time Capsule Hotel)をご紹介します。

 

本当はホテルレビューするにあたって毎日別のホテルに宿泊する方が良いワケなんですが、如何せん、このカプセルホテルが居心地が良すぎてついつい長居しちゃいました。(´∀`*)ウフフ

 

というワケで、さっそく

ペナン島のホテルで徴収される「The Fee」とは宿泊税?滞在税?手数料?

 


マレーシアのペナン島に宿泊された事がある方は既にご存知だと思いますが、一応知らない人の為に当記事でシェアしておきます。

 

マレーシアのペナンでは州で定められた宿泊税?滞在税?とやらを半ば強引に徴収されるシステムがあります。

 

2016年タイ領事館の休館日と開館時間 in ペナン(マレーシア祝日)

 


マレーシアの祝日とペナンにあるタイ領事館の休館日を調べましたので当ブログに備忘録として記しておきます。KLにあるのがタイ大使館でペナンあるのはタイ領事館です。

 

近々マレーシア、ペナンのタイ領事館へ観光ビザ取得などをお考えの方はご参考にして下さい。

 

と言うことで、さっそく

2016年タイ大使館の休館日と開館時間 in ビエンチャン(ラオス祝日)

 


先ほど読者さんの方から

 

「現在2016年ですがブログには未だ2015年版のラオス祝日になっていますよ!」

 

とのご指摘を頂きました。

 

と言うことで、最新版2016年のラオス祝日をアップデートしておきます。ついでにタイ大使館の開館時間も記しておきます。

マルチのリエントリーパーミット(再入国許可)は観光ビザ(S)では許可されない?

 


タイ在住のわらしべです。

 

この度、以前にやり取りしたブログ読者さんからリエントリーに関する情報が寄せられたので皆さんともシェアしたいと思います。(一部伏字)

初めてVIPバスの1階席を利用してみた感想(サハパンツアー)

 


前回の記事からムクダハンへ到着した俺っち

 

帰り方のフルバージョンについては以前の記事を参考にして下さい。

 

サワンナケートからバンコクへの帰り方【バス時刻表】by サハパンツアー(過去記事)

 

さて、今回も前回の時と同じサハパンツアーのVIPバスを利用した。

 

普通に乗って普通にバンコクに帰っても何の経験値もアップしないと思い以前から密かに気になっていたVIPバスの1階席に座れるように受付のおばちゃんにお願いしてみた。

もしもラオス⇔タイ間の国際バスでイミグレが混んでてバスに乗り遅れたらどうなるの?

 


バンコクのわらしべです。

 

FC2からWPへのブログの移行作業でアップし忘れてたサワンナケート情報の追記です。

 

サワンナケート領事館の休館日(5月)、連休前後はビザ申請者でごった返し!(前記事)

 

2016年5月サワンナケートの領事館で無事に観光ビザを取得してラオスを出国、そしてタイへの入国時に実はドキドキする出来事がありました。それは連休明けだった事からかタイのイミグレーションがメッチャ混み合っていて入国手続きが完了した時には自分が乗って来たバスが既に発車していた事です。その時の様子を備忘録で残しておきます。

サワンナケートのスチーム(蒸気)サウナは超ゆるゆるな接客態度 in ラオス

 


以前facebook読者さんの方からサワンナケートに関する下記の情報を頂きました。

何も無いサワンナですがサバンバンハオ ホテル(Savanbanhao Hotel)の近くにサウナがあります。
場所はサバンバンハオ ホテルに行く途中の白いお釈迦様をさらに100-200m直進して右手に「Massage,Souna」の看板。18000kで貸しパンツ、貸しタオル2枚、熱々の薬草茶付き。薬草蒸気サウナで、いい香りで気持ち良かったです。サウナが好きな日本人も居るだろうから是非ブログに載せてください。 by N

 

というワケで、先日観光ビザの取得でサワンナケートに宿泊した際、その蒸気サウナを試してきました。

サワンナケート領事館の休館日(5月)、連休前後はビザ申請者でごった返し!

 


近々ラオスのサワンナケートで観光ビザを取得しに行かれる方はご存知だと思われますが、

 

一応、もしもの為にシェアしておきます。

 

5月20日(金)、

 

サワンナケート領事館は休館でーす!

 

お気をつけて下さい!

 

こちらが館内に貼られていたお知らせです。

ムクダハンからサワンナケートでラオス入国審査後の国際バス待ち不安解消!

 


 
前記事の『国営トランスポート社999(バス時刻表) ムクダハン経由でサワンナケート行き』の続きです。

 

以前と同じ窓口でラオスのサワンナケート行きの国境バスチケットを購入

 

チケット窓口の詳しい場所はコチラの記事を参照

 

バンコクからサワンナケートへの行き方【ムクダハン経由】by 長距離バス(2015/11)

 

当記事は上記の記事を補足した内容となります。
(ソンテウに乗り換えずにそのままサワンナケート・バスターミナルへ)

 

こちらが購入した国境越えの国際バスチケット

国営トランスポート社999(バス時刻表) ムクダハン経由でサワンナケート行き

 


以前にタイのムクダハン経由でラオスのサワンナケートへ向かった時は

 

ムクダハンツアーというバス会社を利用しましたが、

 

今回はあえて情報が少ない国営トランスポート社(999バス)を選択してみました。

ナコンチャイエアが北バスターミナルからムクダハンへの運行開始(時刻表)

 


先日、観光ビザ(S)を取得して無事にバンコクへ戻って来ました。うぇーい

 

で、再びラオスのサワンナケートへ行く際にムクダハン経由の長距離バスを利用した。

サワンナケートからバンコクへの帰り方【バス時刻表】by サハパンツアー

 


バンコクのわらしべです。

当記事はラオス、サワンナケートでの観光ビザ(W)取得情報となっています。

 

初めてサワンナケートでビザ取りを挑戦される方々が極力その一連の流れをイメージしやすいように画像を多用し解説しています。ゆえに長編記事になっておりますが最後までお付き合いのほど宜しくお願いします。

 

さて、今回はサワンナケート最終編、無事にダブルの観光ビザを取得した俺っち、

 

これ以上ラオスに滞在する理由もないのでさっさとタイのバンコクへ戻りましょうか

【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
日々のボヤきTwitter
プロフィール

profile
世界を放浪するわらしべ長者です。
現在の滞在国は18ヶ国。


オーストラリア
フランス
韓国
サイパン
フィリピン
マレーシア
(キナバル山)
(ボルネオ島)
インドネシア
ブルネイ
シンガポール
タイ
ラオス
ミャンマー
ベトナム
カンボジア
香港
マカオ
UK
台湾

世界中のあらゆる場所に友人を作り、そこで気の合う仲間とちっちゃい会社でも興せれたらいいなぁって思っています。

わらしべプロフィール more
メタ情報
オーストラリア7028kmの旅
Agodaホテル75%オフ
【タイ】

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア】

【シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ