タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

チャーン島(チャン島) 宿泊所/ゲストハウス 編

 


RIMG1176_20120824044958.jpg
前回の続きです。
チャーン島に到着すると港のすぐ目の前にソンテウ(乗り合いジープ)がフェリーからの乗客を待っていました。


Sponsored Link

 

RIMG1397.jpg
皆、次々に乗って行きました。ソンテウの料金は一律場所によって決まっているらしくボッタクられる心配はなさそうです。運転手が行先の場所を聞いてきます。ビーチの名前や既にホテルやゲストハウスが決まっていたらその近辺まで連れて行ってくれるはずです。ホワイト・サンド・ビーチ(White Sand Beach)まで50Bです。

 

RIMG1180_20120824053059.jpg
俺っちの過去の経験上、早めにモーターバイクをレンタルする方がお得だと知っていたのでレンタルバイク屋をさがしました。しかし港にはレンタルバイク屋がなかったので、渋々ソンテウに飛び乗り込みました。

 

RIMG1188.jpg
15分ほどの険しい山道を超えてチャーン島で一番綺麗なビーチと言われるホワイト・サンド・ビーチ(White Sand Beach)に到着しました。ほとんどの方がこのホワイト・サンド・ビーチのセブンイレブン前で下車してました。俺っともここで下りてレンタルバイク屋を探しました。

 

RIMG1186.jpg
下車したセブンイレブンの真横にありました。。。が、一発で決めてもボッタクられるだけなので値段を聞いて、他のレンタルバイクの比べる必要がある。これバックパッカーの常識だね。
バイクのエンジンの排気量によってレンタル価格が違っているようだ。

 

レンタル料金1日あたり(24時間)

 

115cc-150バーツ
125cc-200バーツ
135cc-250バーツ

 

RIMG1193.jpg
やはりホワイト・サンド・ビーチの界隈は、同じ価格で統一されていました。が、ピーク時ではないこの時期強気の交渉で135㏄-250バーツを150バーツでゲッチュ♪
そりゃ~そうだよね。。借りられなきゃ0円だし、ただバイクを寝かすだけなら150バーツでも貰って好きなバイク持って行け!って感じだよね。ってことで、この写真に写ってるバイク屋でレンタルしました。

 

RIMG1194_20120824064302.jpg
さっそくレンタルする為の手続き方法です。レンタルする時は、かならずパスポートもしくは、タイの運転免許証をバイク屋に預ける必要があります。バイクの返却時にパスポートもしくは免許証が戻って来ます。実際には、運転免許証を提出するのは身分証明書って意味で、バイクの免許証がなくてもレンタルできます。書類にレンタル期間を口頭で伝えるとすべて書き込んでくれます。後は自分のサインをするだけで完了です。レンタル時はガソリンが満タンです。しかし返却時には自分が使用した分のガソリンを補充する必要があります。

 

RIMG1196.jpg
さて、さっそくチャーン島をバイクで探索します。良い場所見つけたら、そこで宿泊する行き当たりばったりの俺っちわらしべスタイルです。

 

KOHchangmaplogo
※クリックすると2段階拡大します!

島の全体像がイメージしやすいようにマップをアップロードしておきます。

 

RIMG1197.jpg
WhiteSandBeachSouth へ方面の町並み

 

RIMG1199.jpg
CHAI CHET辺りにテスコLotusもあります。

 

RIMG1200.jpg
TescoLotusの隣には、Coconut Plazaがあります。ちょっとしたモールです。

 

RIMG1201.jpg
Klong Praoを抜けてKaiBae(ガイペイ)へ向かって行くと、町並みが少なくなりひっそりしてきます。

 

RIMG1202.jpg
KAI BAE(ガイベイ)の終わりくらいにView Pointと地図に書かれた所を見つけました。
バイクを停車して見学。もちろん無料です。

 

chan_viewpoint
赤丸で囲んだ所にこのView Pointがあります。画像をクリックすると2段階拡大可能!

 

RIMG1209.jpg
バイクを停車させ、すぐ向こうに見える高台に登ってみました。
登る階段の両側には、綺麗な花が咲います。

 

RIMG1216.jpg
ここが展望台です。誰もいませんでした。なかなかのビューです。
しばし旅の疲れが、ここで癒されました。タイマーで記念写真!

 

viewpoint
ViewPointから見えるパノラマです。夕日がとても綺麗でした。

 

RIMG1228.jpg
そうこうしていくと夕方になって来たので、慌てて今夜の宿泊所探しを始めました。何件かは目星をつけてたので値段とホットシャワーそしてネット環境(Free Wifi)があるかもチェックして回りました。

 

結果、こちらのマイペンライゲストハウストに決定!

 

RIMG1226.jpg
マイペンライゲストハウスの場所は、ちょうどKlongPraoとKaiBaeの間にあります。
海側ですが海は見えません。外観はこんな感じです。
黄色い建物なのですぐ見つかると思います。

 

RIMG1227.jpg
そのゲストハウスの横に受付があり、おばちゃんが常駐しています。まったく英語は通じません。愛嬌のあるおばさんでいい人でした♪受付の裏側にある部屋で生活しているので、オーナーの家族かもしれません。で、1泊の宿泊料金は400バーツです。(※2012年現在)
トイレもホットシャワーも共有でなく部屋の中にあります。またフリーwifiもあり、クーラー冷蔵庫も完備されています。わらしべには十分な環境でした。もちろんバスタオルも付いてます。チェックアウトは、翌日の12:00正午です。またレンタルバイクも受付前に駐車しても問題ありません。
現在の宿泊料を確認[emoji:v-157] マイペンライゲストハウストの宿泊料

 

RIMG1232.jpg
マイペンライゲストハウスのルーム内は、こんな感じです。

 

RIMG1233.jpg
窓側から見たルーム内です。クーラー、冷蔵庫、TVも完備されています。

 

RIMG1234.jpg
3階の窓からの眺めです。小さいバルコニーもあります。しかし3階からだと正直、Wifiのシグナルを拾いにくくかったです。全くではないですが、文句を言いに行こうと階段を下りていくと2階辺りで、俺っちのiphoneがシグナルをマックスで拾いました。2階が空いてたらそっちをお勧めします。

 

RIMG1229.jpg
シャワーと洗面所です。まぁまぁかな。

 

RIMG1231.jpg
もちろんホットシャワーは出ますので、日本人の方は安心♪
ただシャワーの勢いがもうちっと欲しかったなぁ~残念。マイペンライ!

 

RIMG1286kearu.jpg
後、しいて言うならドデカいカエルと一緒に夜を過ごす事になるかもしれません(笑)

 

RIMG1283.jpg
最初、オブジェか何かと思ったら生きていました。ちょっぴりビビったわらしべです。

 

RIMG1273.jpg
俺っちの大好物ドリアンです!なんと50バーツ!安っ!上のカエルに似てますが違いますよ(笑)
バンコクのLotusで買う市場価格の約半額です。味?う~ん正直、イマイチでした

 

RIMG1275.jpg
パイナップルとココナッツのシェイクです。60バーツ。なかなかのお味でした。

 

RIMG1276.jpg
これがチャーン島初日のメインディッシュであるマッサマンカレー!
マッサマンカレー  120バーツ
ライス  15バーツ
パイナップルとココナッツシェイク 60バーツ
ドリアン  50バーツ
Total  245バーツ
でお腹いっぱいになっちゃいました。
せっかくなので、翌日見つけた安ゲストハウスも紹介しておきます。
場所は、ホワイト・サンド・ビーチにあるチェスターグリル(Chester's Grill)すぐ左側の
ゴールド ビーチ ゲストハウス(Gold Beach Guest House)です。

 

RIMG1313.jpg
看板が上がっています。
ピークシーズンは事前に予約した方がイイかもね。

 

RIMG1314.jpg
FAN(扇風機)の部屋がなんとホワイト・サンド・ビーチの前のゲストハウスでは格安350バーツです。(※2012年現在)

エアコン付きの部屋でも699バーツです。もちろんフリーWifiもテレビもありました。

 

RIMG1312.jpg

エアコンの部屋は2階にあり、結構広々してました。それからファンの部屋は3階になります。

 

RIMG1309.jpg
ここが、350バーツの部屋です。2人でシェアすれば、175バーツと超お得です。

 

RIMG1311.jpg
しかーし、昨夜宿泊したマイペンライゲストハウスと違い、トイレやシャワーなどの洗面所は外の共有スペースにありました。でも、洗面所は3部屋ほどあったので、多分シャワーを待つこともそんなになさそうです。

 

RIMG1310.jpg
そうそう、きっちりホットシャワーは完備されています。
では、興味がある方は、宿泊してみてください。
現在の宿泊料を確認[emoji:v-157] ゴールド ビーチ ゲストハウスの宿泊料

 

PS.
ここはバイクのレンタルもしてて俺っちわらしべが前日135ccのバイクを250バーツを交渉して150バーツでレンタルした同価格で貸出オファーしてきました。もし2日連続でレンタルするなら1日あたり140バーツまで値切れました。※多分、ピークシーズンを除く

 

 

◆チャーン島関連わらしべ記事
チャーン島(チャン島)への 行き方(バス編)(08/28)
チャーン島(チャン島) ビーチ 編 (08/30)
チャーン島(チャン島)からの 帰り方 (08/30)

 

 

チャーン島その他の宿泊施設一覧↓ ↓ ↓
z_koh_chang.jpg
(直接宿泊するよりコチラから予約した方がお得でしたよ。)


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧