タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【寝台バス】フエからダナンへの行き方(シンツーリスト≒旧シンカフェ)バス停留所

 


今回は以前にシェアした【寝台バス】ダナンからフエへの行き方の逆バージョン、

 

【寝台バス】フエからダナンへ行き方をご紹介します。

 

まず、The Sinh Tourist(シンツーリスト)で寝台バスのフエからダナン行き、バスチケットを購入する為にフエのシンツーリスト(旧シンカフェ)オフィスへ向かいます。その住所は、37 Nguyen Thai Hoc St.,Phu Hoi Ward, Hue City です。Googleマップ↓


Sponsored Link

 

 

寝台バスでダナンからフエへ到着した時のバスターミナルからさほど離れていません。そちらについては【寝台バス】ダナンからフエへの行き方の記事をご参照下さい。

 

こちらがフエのシンツーリスト事務所です。

 

道路挟んだ向かい正面には大きなスタジアムがあります。こちらを目印にシンツーリストオフィスに向かわれるのもアリだと思います。

 


※クリックで拡大

マップでもお分かりのようにかなり大きなスタジアムです。寝台バスの発車場所はシンツーリストのオフィスから少し離れていますが集合場所がオフィス前なので乗合いバンでバスの発車場所まで無料で運んでくれます。

 


フエのシンツーリスト(旧シンカフェ)オフィス内のようす。この日は女性スタッフ2名がカウンターで対応していました。

 

待合席の壁にフエの市内観光ツアーなどが紹介されています。興味がある方はカウンター女性に尋ねると丁寧に教えてくれます。市内観光に限っては宿泊先のホテルまでピックアップしてくれるそうです。が、フエ市街地から30キロ離れた Vedana Lagoon Resort ホテル までは遠すぎるとの理由でお迎えはダメでした。基本フエ市内のホテルなら大丈夫のようです。

 

早速、フエからダナン行きへの寝台バスチケットを購入。

 

寝台バス(Sleeping Bus)の片道料金はフエからダナンまで119,000ベトナムドン(約600円)※2017年6月現在。ダナンからフエとの片道料金と同じです。ダナン行きの出発時間13:15、余裕を持って出発45分前の12:30までにオフィスでチェックインするようにとの事。

 

バスの出発時間や目的場所はコチラの記事をご参照下さい↓

◆シンツーリストのバス時刻表と運行経路【保存版】旧シンカフェ

シンツーリストのバス時刻表と運行経路【保存版】旧シンカフェ

 

出発まで少し時間があったので同じ並びの中華風のレストランでランチをする。

 

すぐに調理できるメニューを注文、これが案外美味しかった。シンツーリスト寄られるならおすすめのレストランです。店名は【GLENDA』どうやらバーもやっているようです。

 

食事を終えてフエのシンツーリストオフィス前に戻って来るとバス乗り場までの送迎乗合いバンが既に到着しており慌てて乗り込みました。が、1台のバンじゃ全てのバス乗客を運べないようでバスの出発地点まで何度か往復していました。

 

約5分ほどでバスの発車ターミナルへ到着、既にダナン行き13:15発のバスは待機中。※このバスターミナルの場所は記事上段のマップを参照

 

履いている靴を脱いで寝台バスへ乗り込みます。ダナンへの帰りも来た時と同じように真ん中の上段シートを選択。

 

185cmの俺っちでも何とか足を収納できました。(^^;

 

デフォのリクライニングの角度がこんな感じ。もう少し平行する事も可能。

 

寝台バスの窓際シート、シートベルトをしっかり締める事をお勧めします。一度走行中の急ブレーキで振り落とされそうになりましたw

 

窓際シートの下段、この角度から下の方がスマホいじっていたのが丸見えでした。プライバシーを気にするなら上段席をお勧めします。シートの場所はチケット購入時に希望を伝えると優先してくれます。⇒ 席の詳細図

 

これがリクライニングの調整レバー。力強く引っ張り上げシートを倒します。

 

寝台バス車内の通路はメッチャ狭いです。(^_^;)

 

寝台は予定通り定時の13:15にバスは出発。🚌

 

 

そして15:40にダナンへ到着、

 

所要時間2時間30分

 

ちょっと仮眠していたのであっという間の感じがしました。

 

ダナンのバス停留所はシンツーリストオフィスの前かと思っていましたがそのすぐ近くのガソリンスタンド前でした。

 

このガススタンドから歩いて2分ほどのトコへにダナンのシンツーリスト事務所があります。

 

 

コチラがダナンの『The Sinh Tourist』シンツーリスト(旧シンカフェ)オフィスの外観。

 

こちらの記事でダナン・シンツーリストの詳細を載せています。↓

【寝台バス】ダナンからフエへの行き方(シンツーリスト≒旧シンカフェ)バス停留所

 


Sponsored Link

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます(関連記事)

コメントは6件です

  1. スモール明 より:

    質問です。
    このバスは、2段ベッド式で初めて見ました。驚きました。なるほどねーです。
    乗客(座席数)は、32人までですか?トイレは付いていますか?
    個人的には、1度は体験したいバスですね。

    追伸
    6枚の写真の解説で、2016年6月現在は、➡2017年6月では?
    些細なことですが気になりまして。

    • 放浪わらしべ長者 より:

      スモール明さん こんにちは
      コメントありがとうございます。

      >乗客(座席数)は、32人までですか?
      俺っちが乗車したSleeper Busは41人乗りでした。

      >トイレは付いていますか?
      トイレはありませんが途中停車しての休憩ポイントがあります。

      >6枚の写真の解説で、2016年6月現在は、➡2017年6月では?
      ご指摘ありがとう御座いました。m(__)m 今しがた修正しました。
      教えて頂き助かります(‘ω’)ノ感謝

      こちらの記事の方が詳しく寝台バスについて解説しています。
      【動画あり】↓
      http://warashibe76.com/how-to-get-to-hue-from-danang-by-the-sleeper-bus-sinhtourist-equal-old-sinhcafe/

  2. 南北鉄道 より:

    初めまして。8月にVedana Lagoon Wellness Resort & Spaに滞在するので、情報を集めていた所こちらのブログに辿り着きました。知りたいことがかなり網羅されていて大変参考になります。一つ質問なのですが、チェックアウト後の ホテル→フエ の移動はどうなさいましたか?ホテルの送迎を使えばいいのですが少し高いな〜と思ったので質問させていただきました。

    • 放浪わらしべ長者 より:

      南北鉄道さん こんにちは
      コメントありがとうございます。

      >チェックアウト後の ホテル→フエ の移動はどうなさいましたか?

      ホテルからメータータクシーを呼んでもらいました。
      たしかホテル⇔フエ間のタクシー料金の記事をどこかに載せていたはず

      あったあった↓
      http://warashibe76.com/vedana-lagoon-wellness-resort-and-spa-in-hue/

      上記のページにあるようにメータータクシーで540,000VND※チップ20,000VND込み(約2700円)でした。
      ただフエのシンカフェの斡旋するタクシーはホテルまで800,000VND(約4000円)でしたので
      自分でタクシー捕まえてメーター使わせた方が安いです。
      チップを渡さず実際のVedana Lagoon Wellness Resort から
      シンカフェオフィス前までは520,000VND(2600円)です。

      では、よいベトナム旅行を!(‘ω’)ノ

  3. 南北鉄道 より:

    放浪わらしべ長者様

    返信ありがとうございます。
    ホテル→市内の移動はホテルでタクシーをお願いすることにしました。
    ほんと参考になりますありがたや〜。
    余談ですが、ビエンチャンの吉本興業そっくりさんの件ですが
    私も10年前に同じ経験をしました。ビエンチャンの空港に
    岡村隆史似の職員がいました。似すぎて二度見しましたが
    2回見ても似てた。。。。今度探偵ナイトスクープにでも相談してみましょうか。。。

    • 放浪わらしべ長者 より:

      南北鉄道さん こんばんは

      お役に立ててよかったです(^^)/

      その空港職員さんきになりますねw
      でも既に10年前のようだからかなり変わってるかもしれませんね

      せめて写真でもあれば探偵特派員が調べてくれるかもしれませんが
      あまりにも手がかりが「岡村似」ってだけじゃ厳しいかも(笑)

      世の中には探せば自分に似ている人も存在していたりしてw(´∀`*)ウフフ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧