ホーム » アンコールワットの旅 4/26~4/29 » カンボジアで運転ドライバー選び

pataya3

カンボジアで運転ドライバー選び

読了までの目安時間:約 4分

ホテルまでタクシーに乗るとドライバーから観光案内の売り込みが始まります・・・・

 

現地旅行代理店を利用しないフリー観光客を空港で拾い、滞在期間中チャーターしてもらえば、現地サラリーマン約1ヶ月分給与相当額の収入になります。

 

むろん料金は交渉制で金額はドライバーによりピンキリです。


Sponsored Link

 

過去の経験から相場や価格の知識はありましたが彼の正確な英会話を買って決めました、学校の教科書通りの英語でとても聞き取り易くわかり易いのです。

 

3日間チャーター190米ドル3泊4日滞在中のホテル~観光地、ホテル~繁華街、ホテル~空港、時間帯や所要時間を問わず全ての送迎が条件です。

 

27日 ホテル~アンコールワット観光~アンコールトム観光~ホテル~タ・プローム観光~ホテル

 

28日 ホテル~アキラ地雷博物館~バンテアイスイレイ観光~ホテル~ロリュオス観光~ベンメリア観光~ホテル

 

29日 ホテル~もう一度アンコールワット観光~ホテル~夕方・空港以上が190米ドル( 1ドル=約80円=15,200円 )

 

 

ツーリスト利用だと乗用車レベルのチャーター料金は1日80ドル×3日=240ドル+諸経費 が相場で日系代理店の手配料金はもっと高くなります。

 

旅行で時々感じますが 日系代理店は現地料金のだいたい3倍くらいの料金が多いです、例えば朝食がセットされていないホテルでの朝食クーポンはホテル朝食料金500円 + 現地代理店手数料500円 + 日系代理店手数料500円= 合計1500円で販売 というような構図が多いです。

 

ガイドや車両のチャーター料金、現地発ミニツアー料金等の場合でも同様です。

 

確かに日本語可で安心、豪華で綺麗な車両、行き届いたサービスと安全等の面は素晴らしいと思いますがその素晴らしい要素を割り引いても料金が高過ぎるような印象を感じます。

 

ドライバーの名前はキム君32歳子、供2人、奥さんは政府認定ツーリストガイドで英語・日本語・タイ語・韓国語 でガイドできるそうです。

 

彼は普段は奥さんが勤務する会社の請負ドライバーですが、仕事の無い時には空港で観光客相手に個人営業しているそうです。

 

この国では政府認定ガイドしかガイド業務は出来ません、彼等は認定IDカードを胸からぶら下げています、彼は運転だけして必要に応じてフリーの政府認定ガイドを雇うとのことでしたが我々は僕が無料ガイドをしました。

 

 

続く・・・

 


Sponsored Link

 

pataya4
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

旅のメニュー
メタ情報
AdSense

タイ情報ブログ一覧
◆バンコクでのタイ語留学奮闘記
Agodaホテル75%オフ