タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

プラカノン郵便局 in タイ(Phra Khanong)

 


先ほどオンヌット駅(On nut)から一番近い郵便局、プラカノン(Phra Khanong)までバイクTaxiで行ってきました。

 

プラカノン(Phra Khanong)駅のすぐ近くにありました。次回はBTSで来れそうです。

 

RIMG0634.jpg
タイの郵便局(Post Ofiice)を見慣れてない為、一瞬気づきませんでしたがバイクの運転手が教えてくれました。


Sponsored Link

 

RIMG0635.jpg
この赤いエントランスがタイのポストオフィスです。

 

今回は香港のHSBCへ送る書類だけでしたので国際郵便 Airmail(エアーメール)※29バーツ(約70円)でした。

 

窓口のオネーちゃんはあまり英語が喋れません。

 

RIMG0631.jpg
今回、受付で聞かれた事は『Register』ですか?

 

何だろ?

 

って詳しく聞いてみると日本のEMSのように番号が与えられ、受取人がきっちり郵便物を受け取ったとのサインが貰える安全なメール配達方法です。

 

インターネットで確認出来るようです。

 

値段を聞いてみると※95バーツ(約240円)でしたので止めて通常便にしました。

 

この値段を高く感じてしまう今日この頃です。(汗)

 

他にExpress(速達便)の場合は、追加で※25バーツ(約60円)必要になりようです。
※あくまでも書類のみです。

 

郵便局内はランチ時間前とあってか空いていました。

 

RIMG0632.jpg

 

RIMG0633.jpg
営業時間:月~金 8:30~17:30、土 9:00~12:00 日祝は休み

 

ちなみに郵便局をタイ語で「プライサニー」と言います。本日この単語をたくさん使ったので覚えました。

 

では、今から学校に行く準備します。

 

◆追加情報 May2/2012
EMSを使ってみました。B5サイズより若干小さめの封筒にいれて日本まで450バーツでした。

 

高いですが大事な書類でしたので、思いっきり奮発しました。

 

3~5日ほどで到着するそうです。ちなみに通常便が7日ほど要するそうです。


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅