タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【パワースポット】石神さんへの行き方(バス時刻表)と参拝方法ガイド in 鳥羽

 


本日は三重県の鳥羽にあるパワースポットをご紹介します。

 

その場所は石神さん(神明神社)

 

まじパネェほどの強力なパワースポットです。。。が、男性の方は残念ですがそのご利益を成就しないかもしれません。というのも石神さんは女性の願い成就(じょうじゅ)として密かに有名な神社だからです。


Sponsored Link

そもそも石神さん(神明神社)とは?

相差(おうさつ)の閑静な森の中にひっそりたたずむ神明神社。その参道の途中に地元の人から“石神さん”と親しまれている女神さまの小さな社があり、海女たちの間では古くから「女性の願いならーつは叶えてくれると信仰されており、今では全国から参拝客が訪れる。⇒もっと詳しく

 

ちなみに「相差」は「おうさつ」と読みます。

神明神社の主祭神

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

伊勢の神宮と同じ御祭神でもっとも尊い神様です。

石神さんの神様

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

海の女神で、神武天皇の母でもある玉依姫命は、女性の願いをかなえてくれる美しい神様です。

神武天皇(じんむてんのう)

神日本磐余彦尊(かみやまといわれひこのみこと)

玉依姫命の子、神武天皇(神日本磐余彦尊)は初代天皇に即位され、現在の天皇陛下は第百二十五代になります。

 

石神さんへの行き方

では、さっそく公共交通機関を利用して鳥羽の石神さんへ向かいましょう!

●石神さんの住所:三重県鳥羽市相差町1237

鳥羽駅改札を出て陸橋を渡り駅から連結された建物へ移動します。

 

その建物に入って少し真っすぐ歩くとの右手に1階への階段があり、下りるとバスチケット売り場があります。

 

窓口でお得な『かもめバス周遊券』バスチケットを購入。

大人 1000円(以下の路線は、有効期間中何度でも自由に乗り降りできます。)

ご利用できる路線

小浜~安楽島

小浜~かんぽの宿鳥羽/小涌園線

小浜~鳥羽小学校線

鳥羽小学校~石鏡港線

鳥羽~国崎線

 

乗り場マップ

※クリックすると拡大(右下が石神さん前)

マップを見る限りでは通常だと鳥羽バスセンターから石神さん前(相差)のバス停まで片道で600円みたいなので往復1200円っぽいです。やはり乗り放題の1000円『かもめバス周遊券』を購入した方がお得です。(^_-)-☆

 

バス乗り場もチケット売り場正面にあり、迷う事なくスムーズにバスに乗り込めます。2番乗り場が相差行きのようです。

 

石神さんへのバス時刻表

※クリックで拡大(平日時刻表・土日祝日時刻表)

●公共交通機関でのアクセス:鳥羽バスセンターからかもめバスにて約40分相差(おうさつ)下車 徒歩7分

 

バスを下車する『石神さん前』のバス停の様子。

 

バスを下車した正面の家に【神明神社(石神さん)】への矢印が記されています。

 

●車でのアクセス:伊勢ICから約40分

●駐車場:あり

 

矢印に従って真っすぐ進みます。徒歩7分ほどです。

 

ゆるやかな坂になっています。

 

少しカーブになっています。途中に石神さん看板も確認できます。利用しませんでしたがトイレもあるようですね!

 

カーブを曲がると突き当りの白い商店が見えるのでそこを左折します。

 

先ほどより坂が急になります。

 

道中にはお土産屋さんやソフトクリームを売ってる休憩所などもあります。ここまでで疲れた方はひと休み🍦

 

一本道をそのまま突き進むと向こう側に鳥居が見えてきます。

 

ようやく神明神社(石神さん)へ到着!\(^_^)/

一礼して鳥居をくぐります。

 

ここに来るまでに4~5人の若い女性とすれ違いました。きっと石神さんに恋のお願いをしに来たんだと思います。(#^.^#)

 

※お参りはご本堂をお守りしてから石神さんへ

本殿はこの先にあります。

 

※クリックすると拡大(文字が読めます。)

左手に石神さん手づくりお守りストラップを販売している授与所についての看板があります。ご利益がありそうなので女性の方はご購入してみてはいかが?(^^)/

 

ピンクの用紙にお願いを記入する台が設置されています。鉛筆も完備されているので手ぶらでもOK♪

 

箱に入っているピンク色の用紙を取り出す。

 

こちらが石神さんへの祈願用紙です。名前とその祈願内容を書き込みます。

 

石神さん ご参拝方法

●お参りの前に手水舎で手を清めます。

①ピンクの志願小紙に願いを事を一つだけ書いて下さい。(ご自由にお取り下さい)

②鈴を鳴らします。

③祈願用紙を願い箱へ入れて下さい。

④二礼二拍手一礼。

⑤気持ちを込めてお願いして下さい。

 

※最初に神明神社本殿を参拝し、石神さんへお参り下さい。

 

こちらに慈母石神さまが祀られているようです。

 

が、まだ本殿をご参拝していない方、最初に神明神社本殿を参拝し、石神さんへお参り下さい。本殿参拝後にこちらの『願い箱』に先ほど祈願した用紙を二手に折って放り込みます。その右側にはお賽銭箱もあります。

 

石神さんを通り過ぎて突き進むと神明神社本殿への鳥居があります。

 

まだ新しい感じの神明神社の本殿です。

 

こちらにもお賽銭箱があったので気持ちお供えしておきました。(^_-)-☆

 

  • 参拝の作法ガイド

手水(ちょうずてみず)の作法

①柄杓(ひしゃく)を右手で取り、まず左手を濯ぎます。

②柄杓を左手に持ち換えて、次に右手を濯ぎます。

③柄杓を右手に持ち換えて、左掌に水を注ぎ、その水で口を濯ぎます。そしてもう一度左手を濯ぎます。

 

二拝二拍手一拝

①まず二回、深く頭を下げます(その深さは腰を九十度に曲げる程度が美しいといわれています)。

②二拝したあと、胸の前で両手を合わせ、右手を少し下にずらして二回手を打ちます。二拍手のあと、両手の指先を揃えて、祈りをこめます。

③最後にもう一回深く頭を下げます。

 

玉串(たまぐし・たまくし)の捧げ方

①神職から渡される玉串の根元を右手を上から持ち、中央に左手を下からそえます。

②玉串を胸の高さに捧げ持ち、案と呼ばれる机の前に進み一礼します。

③玉串を時計回りに九十度回し、縦に持ちます。

④左手を下げ両手で玉串の根元を持ち祈りをこめます。

⑤さらに玉串を時計回りに回して、根元を神前の方へ向けます。

⑥玉串をそのまま、案の上に供えます。※この後に二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

 

神明神社本殿のお隣にかなりふるそうな大木が祀られていました。

 

なんと!明治45年3月25日に撮影された写真も一緒に展示されていた。(゚Д゚;)かなり古くからある証明になります。

 

看板にこの柚の木について詳しく記されています。

 

その隣にも別の大木が祀られていたり瓦なども展示されていた。

 

ご参拝が終わったら長居するのもアレなんでぼちぼち帰りましょうか(^^♪

 

石神さんからの帰り方(バス時刻表)

鳥羽バスセンターへの帰りのバスは石神さんへ来る時に下車した場所の道路反対側に相差(石神さん前)のバス停があります。🚌

 

※クリックすると拡大

時刻表を見る限り平日・土日祝ともに1時間に1本はあるようです。※11時、13時、15時を除く

 

女性の願い成就 石神さん(神明神社)

 

信じるか信じないかはあなた次第❤( *´艸`)


Sponsored Link

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます(関連記事)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅