タイ語 タイ留学

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【SIM2Fly】日本一時帰国でインターネット利用するならタイの格安SIMカードがおすすめ!

 


現在、日本一時帰国しているタイ在住のわらしべです。

 

今までの一時帰国中でインターネットを利用する際には【イモトのWiFi】や【サムライWiFi】などのポケットWiFiを利用していました。

 

が、今回初めてタイのSIMカード【SIM2Fly】を試してみる事にした。

 

その理由は最近ちまたでその評判をちょくちょく耳にするからだ。

 

そんなワケで今回はそのタイのSIMカード【SIM2Fly】を実際に使ってみた感想とその設定方法・購入場所についてシェアします。


Sponsored Link

そもそもタイのSIMカード【SIM2Fly】とは?

 

 

こちらが今回購入したAISのSIMカード【SIM2Fly(シムトゥーフライ)】です。きっと「Sim to Fly」からのネーミングでしょうw

 

この【SIM2Fly】を利用することで制限はありますが日本でもインターネットを利用することが可能です。

 

【SIM2Fly】の価格は399バーツ、そして8日間で利用可能な容量が3GB(ギガ)となっています。

 

今回はタイから日本の一時帰国の際に利用しましたが、その他にも香港、シンガポール、マレーシア、ラオス、韓国、インディア、台湾で利用可能なようです。

 

近々台湾旅行も計画中なのでその時にでも【SIM2Fly】を試してみようと思います。(^◇^)

 

 

【SIM2Fly】バンコクでの購入場所と購入時に必要なモノ

さて、さっそく日本で利用可能なSIMカード【SIM2Fly】を購入する為に家から近いエカマイのゲートウェイのAISショップへ足を運んでみました。

 

が、AISのショップは見つけましたがゲートウェイのショップには【SIM2Fly】のSIMカードは扱っていないとの事(※2016年12月現在)

 

ゲートウェイのAIS女性スタッフに【SIM2Fly】を売っているショップを伺うとアソークのターミナル21内にあるAISショップには確実に販売しているとの事。

 

そんなワケでさっそくBTSに乗りアソークへ向かった。

 

ターミナル21の6階にAISのショップを発見!映画館がある同じフロアの反対側にあった。以前に『TuneNet(※)』のSIMカードを購入した側だ。※現在販売停止

 

到着したのが夕方の5時頃ですが結構なお客さんが並んでいました。

 

入り口付近にいた女性スタッフに【SIM2Fly】を購入したい旨を伝えると

 

「パスポートを所持していますか?」と尋ねられた。

 

持っていると伝えると順番待ちの番号を手渡された。(63番)

 

約10分ほどの待ち時間だと言う。ブラブラと6階のフロアで時間を潰し、約10分後にAISショップのカウンターへ戻って来た。

 

そして英語が苦手な男性スタッフが担当した。(^_^;)

 

 

まずは新規のSIMカード購入にあたり登録が必要だと説明され、パスポートを提示した。

 

8月からタイ携帯電話番号(SIMカード)登録の義務化に関する情報(過去記事)

 

以前に上記の記事をアップしていたのでSIM購入時の登録義務については既に知っていた。

 

片言の英語でAIS男性スタッフが一生懸命アドバイスしてくれた。

 

まずは今回の一時帰国が約20日間の休暇予定なので滞在中ずっとインターネットを利用するには3枚のSIMカード【SIM2Fly】購入が必要になる。

 

【SIM2Fly】8日間分(3G) × 3枚 = 24日間利用可能

 

正直、2枚のSIMカードで日本到着時から8日間と日本出発時から遡って8日間が利用出来ればあとは部屋のWiFiを利用しようと考えていた。しかしAISの男性スタッフ曰く【SIM2Fly】の連続使用は可能だが1枚目のSIM利用後に数日間使わず、日にちを空けてまた利用する事は不可だと言われた。多少疑わしい説明だったが素直に3枚のSIMカードを購入する事にした。

 

幸いにも1枚目は399バーツだったが2枚目と3枚目は349バーツとそれぞれ50バーツ値引きされるようだった。

 

最初その頼んない男性スタッフが提案したのはこちらの窓口で1枚だけSIMカード【SIM2Fly】を購入してから出発直前の空港で残りのSIM2枚目と3枚目を追加購入し、そこでトップアップ(Topup)するようにと言われた。

 

※クリックすると拡大

 

実際の出発時にドンムアン空港にあるAISショップの場所も確認しておきました。到着ゲートの並び(6番出口の正面)にあった。

 

しかし出発当日、もしもギリギリで空港に到着した場合、AISショップで手続き出来ない可能性も考え、事前にターミナル21のAIS男性スタッフにSIMのアクティベートとトップアップ(Top)をして24日間連続使用出来るように設定して貰った。

 

【SIM2Fly】399B+349B+349B=1097Bって事で1100バーツを支払う。

 

こちらが追加トップアップ(Topup)分のレシートです。

 

それぞれ50バーツ分が値引きされ349B+349B=698Bの合計となるはずですがシステム上700B(350B+350B)表記となるようです。

 

で、話を戻すと【SIM2Fly】のSIMカードはインターネットだけで通話は出来ないと男性スタッフは言っていましたがLINE通話やSkype通話を利用する事は問題なく可能です。既に検証済

 

【SIM2Fly】の利用方法

まずは【SIM2Fly】のSIMカードをスマホに挿入してアクティベートする必要があります。APN名が【internet】となっているかを確認する。

 


(Android)①設定⇒②無線とネットワーク⇒③その他⇒④モバイルネットワーク⇒⑤アクセスポイント名⇒⑥APN(internet)

 

SIMカード挿入後にAISから下記のテキストメールが自動受信される。※タイ語表記は省略

 

「次へ」をクリックしてすべてのメッセージを既読にさせる。

 

最初の8日間SIM利用期限が表示されている。

 

なぜか残高不足だと表示?(´・ω・`)はて?

 

2枚目トップアップSIMの8日間有効期限が表示されている。しかしその後3つ目のSIM分の8日目のメッセージは届かなかった。これでは日本出国前に利用不可能になるかもしれない。もしくは2枚目のSIM期限が近づいたら自動的に3枚目のトップアップが補充されるのかもしれない。とりあえず今のところ自動的に引き継がれ2枚目のSIMを利用中。このまま様子を見てみます。

 

現地日本で利用する時の設定

(Android)

①モバイルデータ通信をオンにする。

②データローミングをオンにする。

 

上記の設定で今のところ問題なく日本でインターネットに接続出来ています。

 

まとめ


【SIM2Fly】利用した感想

 

※タイ帰国際に追記予定。

 

PS.

【SIM2Fly】は8日間で3GBの容量なので外出中のメールやLineメッセージのやり取りだけであれば十分な使い勝手の良いSIMカードだと個人的に思いました。また外出時以外ではWiFiに切り替えて利用される事をお勧めします。もしもyoutubeなどの動画を頻繁に見られるような方であれば【SIM2Fly】は向いていないかもしれません。その理由に8日間以内で3GBの容量を超えると128kbpsまで速度制限されるからです。

 

そのような方にはこちらのポケットWiFiをお勧めします。⇒【イモトのWiFi】

 




Sponsored Link

◆地方別タイのホテル相場◆

 

コメントは4件です

  1. kame より:

    わらしべさん、新年明けましておめでとうございます。

    私も12月初旬の一時帰国時(約一週間)に初めて利用しました。(シムは同じくターミナル21のAISで購入)
    ネット(LINE、FB、インターネット)利用では何も問題なく利用でき日本滞在時は大変重宝しました。

    バンコクに戻ってから有効期限を一年先まで延長(20バーツを繰り返しTop Up)し、今月(1月)の再帰国に
    備え400バーツ程度までTopUpする予定です。
    シムの有効期限内で349バーツ(税込)以上の残高があれば「*111*354#コール」で再設定(延長)が可能な
    ようです。

    参考↓
    http://www.ais.co.th/roaming/sim2fly/en/

    後日あらためて再設定した結果をご報告します。

    • 放浪わらしべ長者 より:

      kameさん、新年明けましておめでとうございます!

      kameさんもSIM2flyのSIMを利用しましたか(^_-)-☆

      今のところ順調に使えています。有効期限を一年先まで延長できるというのは興味深い情報ですね。

      俺っちは使い終わったらこのSIMを使い捨てるつもりでしたが同SIMを保持し続けるメリットがあれば試してみたいですね。

      では改めて再設定の結果を知らせて頂けると幸いです。(‘ω’)ノ

      • kame より:

        追加報告です。
        再設定(延長)できました。

        手順
        1.タイ国内で20バーツのTop UPを繰返し、simの有効期限を次回
         の日本帰国まで延長(最長1年間)する。(1回のTop Upで30
         日間延長されます。)
        2.日本帰国までに残高が349バーツ(税込)以上になるようTop
         UPする。
        3.日本到着後スマホの電源をON、アンテナが立っていることを確
         認し*111*354#にコールする。まもなく「SIM2FLY Non-Stop
        DataRoam Max Speed 3GB 8Day starting from …..」と言う
         SMSが届き利用可能になります。

        日本に9日間以上滞在予定の方やsim2fly利用可能国(日本を含む
        アジア12ケ国)の複数国を周遊される方に便利かと思います。

        • 放浪わらしべ長者 より:

          kameさん 明けましておめでとうございます!

          無事にバンコクへ戻ってきました。

          SIM2FLYの追加情報シェアありがとうございます。

          日本滞在期間中3枚分購入したSIM2Flyですがなぜか2枚目から3枚目の引継ぎが自動的に行われず急に使えなくなりました。

          ほとんどWifi利用が可能な場所でスマホをイジっていたのでさほど問題ではなかったのですが
          滞在最終日に上記の(*111*354#)を試してみましたがどうも上手くいきませんでした。

          試しにバランスチェック(*121#)するとしっかりと残高349バーツ使われずに残っていました。
          今度時間がある時にでも英語が伝わるAISスタッフがいる新エンポリへ出向き原因を確かめてみます。

          とりあえず未使用の残高はKameさんがおっしゃる通り次回利用時に持ち越しできるのかな?(´・ω・`)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

AdSense

カテゴリ一覧
タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
オーストラリア7028kmの旅
おすすめレビュー記事

背中の筋トレに重宝
おすすめアクセス解析
本気のブロガー設置すべき

※リンク先はレビュー記事へ
★ヒートマップが無料で利用
★ウザいスマホ広告が非表示
★生閲覧者のキーワード把握