タイ語 タイ留学

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

カシコン銀行トランザクション・アラート・サービスで毎月20バーツ!?

 


わらしべです。

 

先日、カシコン銀行口座が凍結され、ワークパーミット(労働許可者)なしで、なんとか新たに別アカウントの作成に成功した事をお伝えしました。

 

カシコン銀行口座が凍結!『観光ビザ』で新口座を開設したった♪(過去記事)

 

あれからちょうど1ヶ月が経過。

 

ほんで今日、突然カシコン銀行から1通のSMSが登録していたガラ携帯へ届きました。

 

それのメッセージ内容がコチラ


Sponsored Link

 

From : KBank
-----------------------
The service charge of 20 Baht will be deducted from account xxxx(自分の口座番号) for using Transaction Alert service from 19 May and will be deducted every month.

kasikornsms20bht2.png

 

うん!?

 

なんじゃこりゃ??
warashibe_yusaku2.jpg

 

アカウント開設から半年後に残高2000バーツ以下だった場合、毎月50バーツ引き落とされる事は行員さんから聞いていたが、何なのこのトランザクション・アラート・サービス(Transaction Alert service)で毎月20バーツって?

 

しかも引き落とし開始が19日からって、もうすぐじゃん!

 

たかが20バーツ、されど20バーツ。

意味の分からないモノに毎月引き落としされたくない。

 

ちょっと気になったのでネットで検索、カチャカチャ

 

で、タイの某掲示板スレッドタイの金融機関【銀行、クレジットカード等】にて
それらしき書き込み情報を発見。

 

#702 2012/02/11 22:06
以前、カシコン銀行から、SMSで毎月20バーツを引き落との通知を受けた、と書いた者だが。
月あたり20バーツというのは、SMSアラートサービスの料金だったと知った。
必要ないのでサービスの解約をしたので、今後その引き落としはない。

[匿名さん]

 

それっぽいトコを赤文字強調しておいた。

 

情報が2012年とちょっと古いですがこれ以外の情報が見当らない。

 

 

このトランザクション・アラート・サービス、要は銀行間で取引きがあれば登録している携帯の方へSMSで知らせてくれるサービスのようです。頻繁に出入金があって通帳記入が面倒だなって思う方には便利かもしれませんが、そうでない人に不要なサービスではないかと個人的には思います。だって全く利用しなくても毎月20バーツの課金ですからね。

 

 

さっそく明日にでもカシコン銀行へ行って、上のコメント主さんのようにサービスの解約手続きをしてみるか (・д・)チッ 面倒クセーなぁ~

 

 

上手く解約手続き出来ましたら追加情報としてアップします。

 

デフォルトで勝手に付けられているサービスのようなので、これから口座開設される方でSMSアラートサービスが不要であれば行員さんに伝える事をお忘れなく!

 

本日のシェアは以上です。

 

 

ではでは

 

【追加情報: 2015/05/18】
Transaction Alert Service』解約手続きの流れ @カシコン銀行

 

海外専用トラベルプリペイドカード


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
オーストラリア7028kmの旅
Agodaホテル75%オフ
【タイ】

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア】

【シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
おすすめアクセス解析
本気のブロガー設置すべき

※リンク先はレビュー記事へ
★ヒートマップが無料で利用
★ウザいスマホ広告が非表示
★生閲覧者のキーワード把握