タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

タイ通貨の2バーツ硬貨には金色だけじゃなく銀色も存在していた!?

 


バンコクのわらしべです。

 

俺っちがタイへ移住して来たのが2011年なのでかれこれ早6年目となります。そんなワケでタイの生活で目新しいモノに出くわす事もほとんどなく平凡な毎日を過ごしています。ま、ストレスフリーなので快適ですが(^^♪

 

そんな中、今朝方にちょっとした新たな発見があった!


Sponsored Link

 

既に当記事タイトルにあるように...

 

なんと!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

タイのお金、2バーツ硬貨にはゴールド(金色)だけじゃなくシルバー(銀色)コインも存在していた事を今更ながら知る。

 

うん!?みんな知ってた?まさか知らなかったの俺っちだけ…汗(;^_^A

 

俺っちは今まで2バーツって言えばコレ↓

 

このゴールド硬貨を思い浮かべる。つか、これしか知らねぇーよw

 

多分大半の人達も俺っちと同じくそう思っていると信じたい。。。

 

「とっくに知ってるわボケー(# ゚Д゚)!」

 

ってな感じのツッコミは要らんよw

 

 

で、そのシルバー(銀色)硬貨の存在を知ったきっかけは、今朝近くのロータスへ牛乳を買いに行った時の事、、、

 

51バーツの牛乳を購入してレジで100バーツ紙幣と1バーツ硬貨を差し出した。

 

普通なら50バーツ紙幣だけがお釣りとして戻って来るはずだったが、なぜかレシートに挟まって一緒に1バーツが返された。

 

うん?このレジ店員、バカじゃね?

 

ま、得したからイイか~

 

待てよ...

 

ひょっとしたら牛乳が51バーツじゃなくて50バーツだったんじゃ?( ˘ω˘ )

 

と、ちょっと気になり受け取っていたレシートを確認。

 

やはり牛乳は51バーツだった。が、なぜかレジで手渡した金額が101バーツなはずが102バーツとなっている。ゆえにレシートを確認する限り、102-51=51バーツとなるので計算は合っている。どうやら俺っちが102バーツ渡した事になっている。つか、このレシートが間違ってるな~

 

そう言い切れるのも俺っちは確実に100バーツ紙幣と銀色コインの1枚だけをレジに手渡したのは断言できるからだ!※後にそれが2バーツ硬貨と知る(爆)

 

と言うのも前日、BTSオンヌットからアソークまで(運賃31B)行く際、急いでいたにもかかわらず何度やっても乗車券のマシンが1バーツ硬貨を読み取ってくれずイライラさせられたのを覚えている。

 

その時の1バーツコインには青のマジックペンで落書きされていた。まぁタイではよくある事なのでさほど気にも留めなかった。その落書きが原因で乗車券のマシンがコインを読み込まなかったんだなーって軽く納得した位だ。

 

で、何でこんな話をしたかってーっと、

 

その出来事を覚えていた俺っちはここぞとばかりにその役に立たない不便な(ブルーで落書きされた)1バーツ硬貨をさっさと手放したかったので今朝の牛乳の支払い時にそれを使った。内心レジのおばはんにババ抜きのババを引かした感じだったw

 

そんなワケで俺っちは間違って金色の2バーツ硬貨を渡して102バーツ支払ったって事はまずないと言い切れる。

 

※ここまではまだ強気だった俺っち。むしろ1バーツ得して上機嫌だったくらいだwww(´∀`*)ウフフ

 

 

その帰りちょっと小腹が空いたので屋台でジョーク(お粥)食べながらスマホをイジっていた。

 

まさかと思ったが何気にタイの2バーツ硬貨について調べてみると。。。

 

ビックリ。。。Σ( ̄□ ̄|||)

 

シルバー(銀色)の2バーツ硬貨の存在を初めて知る。汗

 

 

こちらが実際に今もなお市場で流通している銀色の2バーツ硬貨、

 

確かにデザインもサイズもゴールドの2バーツと同じ!!

 

しかも1バーツ硬貨ともソックリ!!!\(◎o◎)/!

 

どうやら2005年からタイで流通しているこの銀色の2バーツ硬貨、分りづらいのが理由で2008年から金色の2バーツ硬貨になったみたい。

 

 

そこで1つ気になる疑問が湧く。

 

「なぜレジのおばはんは一瞬であれが2バーツ硬貨だと分かったんだ?」

 

ちょっと調べるとその謎も解けた。

 

2バーツ硬貨は分かりづらいのでマジックペンで「2」と書いてしまってる(外部リンク)

 

ハイパーリンクさん、こんなニッチな情報までロングテールしているとは中々やるな~w(笑)(´∀`*)ウフフ

 

要は俺っちがブルーで落書きされていたと思っていたモノが実は数字の「2」だったみたい。どうやっても俺っちには数字の「2」には読めなかったけどw(笑)

 

だけどタイ人からすれば銀色コインで青色のインクが着いてりゃ直ぐに2バーツと分かったんだねー

 

あースッキリ♪

 

タイ在住6年目ですがそれが何か?( *´艸`)

 

【追記:2017/04】



Sponsored Link

 

コメントは2件です

  1. スモール明 より:

    私は、知っていましたよ。
    1バーツと2バーツは、間違えてしまうので、青のマジックで「2」と書いてあるものを、ときどき、見かけます。
    タイでは、お札にも平気で、メモ書きしてますからね。最初、驚きました。
    2バーツが、金色に変更さえたのは、いいことだと思います。
    色で識別。金色は、何となく高価なものに思えますから。硬貨だけに。

    • 放浪わらしべ長者 より:

      スモール明さん おはようございます。

      おぉ~明さんはご存知でしたか~(゚∇゚ノノ”☆パチパチパチ

      知らなかったの俺っちだけかもしれないですね(笑)

      いかんせんお金に執着なく無頓着なニートなんでw

      (๑´ڡ`๑)てへぺろ

      Have a nice weekend~

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅