タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

初めての伊勢神宮ガイド。近鉄『伊勢神宮参拝きっぷ』がお得!

 


今回の日本一時帰国では三重県にある伊勢の神宮へ初めて行って来ました。実は前々からずっと行きたかった場所の1つがこの伊勢の神宮だった。

 

そのきっかけは明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏の番組から伊勢の神宮について色々と学んだからです。


Sponsored Link

 

例えば...お宮には

 

神宮 > 宮 > 社

 

と位が分かれており全国8万ある神社の中で特に重要なお宮は神宮号が与えられているそうです。そのいくつかある神宮の中でもさらに特別なお宮が伊勢の神宮だという。その証拠にその他の神宮の正式名称は明治神宮(めいじじんぐう)や白峯神宮(しらみねじんぐう)なのに対して、唯一『神宮(じんぐう)』が正式名称になっているのが伊勢の神宮だけです。まさに本家本元のど真ん中なゆえに『神宮』と言えば伊勢の神宮を指すわけです。⇒ もっと詳しく(竹田チャンネル)

 

ちなみに全国の神社の数は8万とコンビニの数の5万を上回っています。どんだけーΣ(・ω・ノ)ノ!

 

先日の伊勢志摩サミットの様子

 

さて大阪からの伊勢神宮までの距離間はこんな感じ

 

※クリックで拡大

 

今回は大阪難波から近鉄特急に乗って伊勢へ向かった。

 

その際に購入したのが『伊勢神宮参拝きっぷ』の往復乗車券です。フリー区間があり3日間近鉄特急とバスが乗り放題でお得!

 

近畿日本鉄道HP⇒ もっと詳しく(料金表)

 

関西発の伊勢神宮への行き方

当日、三重県の賢島(かしこじま)行き10:10特急の近鉄特急を待つ。

 

出発5分ほど前の10:05に近鉄特急が入って来た。ドリンクを自動販売機で購入して電車に乗り込む

 

近鉄電車の車内の様子。座席もわりとゆったりしてました。

 

到着までしばし缶コーヒーを飲みながらパンフレットに目を通して伊勢神宮参拝きっぷフリー区間情報を収集する。ふむふむ

 

車掌さんに伊勢神宮参拝するならどこが最寄り駅かを尋ねると

 

内宮前の「五十鈴川(うすずがわ)」だと教えて貰った。

 

五十鈴川に12:00到着

五十鈴側駅のホームへ降り立つとロータリーが見える。静かな街並みだ。

 

左が宇治山田方面、右が朝熊(あさま)方面の景色。

 

改札を出た近鉄の五十鈴川駅の様子。

 

待つ事もなく駅正面のロータリーへ1台のバスが入って来た。

バス停に参拝バス②とあるから間違いない!すぐさまバスへ乗り込む

 

バスの運転手さんに伊勢の神宮行きかを確認して安心。( ´Д`)=3 フゥ

 

伊勢神宮参拝きっぷはお得な三重交通バス伊勢バスエリア内フリー乗車券が付いているで無料乗車できた♪(3日間有効)

 

通常のバス運賃はこんな感じです↓

五十鈴川(いすずがわ)駅から内宮前まで230円みたいです。

 

内宮前に12:18到着

五十鈴川駅から11分ほどで内宮前の内宮バスのりばへ到着。

 

せっかくなので帰りのバス時刻表(土日祝)も載せておきます。

※クリックで拡大(行先:ニ見/夫婦岩 鳥羽方面、宇治山田駅、伊勢市駅、外宮前)

 

内宮バスのりば前の立て看板で現在地を確認する。(p_-)

 

※クリックでマップ拡大

 

現在地が内宮まですぐ近くだと分かり『おはらい町通り』で先に軽く食事をする事にした。🍚

 

日曜日だけあって『おはらい町通り』はたくさんの人で賑わっています。

 

『おはらい町通り』を少し歩いたコチラのお店で軽く食事をする事に。

 

初めての名物伊勢うどんを注文してみた。ミニ鶏めしセットで750円と良心的だ。

 

お腹も満たしいよいよ伊勢の神宮へ向かいます。『おはらい町通り』からすぐの宇治橋を渡ります。

 

せっかくなので宇治橋を渡る前に鳥居前にて記念写真。本日は快晴~(^^)/

 

たしか京都にも宇治川にに架かった宇治橋があったけどこちらは三重市の宇治橋、透明な五十鈴川に架けられています。川の向こう側には大きな国旗がパタパタとなびいていた。

 

橋を渡り砂利道を歩く。参拝者の長い行列について行く。

 

内宮までの道のりには風情を感じる日本庭園や手水舎(ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ)で身を浄めるための手水ポイントなどもあった。

 

また途中に宇治橋の下を流れる五十鈴川を間近に見る事が出来た。

 

この透明度マジぱねぇー(゚Д゚;) つかチャオプラヤー川がドブにさえ思えてくるわw

 

伊勢の自然を感じながら内宮までひたすら歩く。

 

鳥居くぐった向こう側に建物が見える、ようやく到着か!?と思ったが違った。

 

神楽殿の神札授与所ってトコだった。いわゆるお札やお守りが売られている場所だ。

 

で、ここで新たな発見!

 

なんと2017年の俺っち、本厄年だと知らされる。ガーン!( ノД`)シクシク…

 

つか2016年が前厄だったことすら知らなかったわい~(笑)

 

ま、せっかくなので厄除けにお守りを購入しておいた。

 

表側に『厄除御守』裏側には『内宮』と明記されている厄除けのお守り、たしか1000円だったような。

 

お守りを購入した神楽殿の神札授与所の建物横の砂利道を突き進み内宮まで目指す。

 

ひたすら大森林の中を突き進む。。。普段からジョギングしていたせいもありさほど疲れを感じなかったけど実際にはかなりの距離を歩いている。

 

ようやく内宮の鳥居前に到着!

 

俺っちの後ろに見える鳥居から向こう側は撮影禁止になっていた。お賽銭を入れて手を合わせてきた。

 

で、何をお願いしたかって?

 

そりゃ大切な人達の幸せに決まってるじゃん!

 

俺っちは小さい頃から神社で手を合わす時には絶対に自分のお願いはしないようにしてる。だって自分が神様だったら嫌じゃんwどこの馬の骨か分らん奴が突然訪れて来て「俺っちをお金持ちにして下さい」なんて言われても「知らんがな!」ってな感じでイイ迷惑やわいw(笑)

 

そもそも幸せっつーのは自分の手で手に入れるもんやしな!(^_-)-☆

 

※クリックすると拡大

 

宇治橋から伊勢神宮 内宮(皇大神宮)(いせじんぐう ないくう(こうたいじんぐう))御正宮(しょうぐう)までの歩いたルートです。※矢印

 

次に別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)へ寄ってみた。かなりの参拝者で行列が出来ていたのでお賽銭せずに先へ進んだ。その道中にとても大きな大木を発見!

 

何かをお願いするように参拝者たちが大木をスリスリしていた。

 

俺っちも皆にマネて大木をスリスリ...

 

帰りにはちょっと不気味な池があった。

 

よく見ると綺麗な鯉がたくさん泳いでいた。

 

つか、河童でもいるんじゃないかと思わせる雰囲気の池だった。(;´・ω・)

 

さて、一通りぐるっと回り最後の休憩所では無料でお茶が飲めるスペースも設置されていた。

 

その休憩所には以前に開催された伊勢志摩サミットの写真がいくつも展示されいる。安倍首相とオバマ前大統領が一緒に並んで歩いている写真がとても印象的でした。この両国が70年前に戦争をしていたというのが信じられないほど素敵な1枚だった。📷

 

オバマさんよ!広島にも足を運んでくれてありがとう('ω')ノ

 

 

伊勢神宮で参拝した後は『おはらい町通り』に戻り『すし久』の料亭でがっつり食事♪

 

それから少しばかり真珠の買い物をしてからバスを利用して近鉄の宇治山田駅へ移動🚌

 

浦田町のバス停から近鉄宇治山田駅までの所要時間は約10分ほどだった。

 

近鉄 宇治山田駅に16:00到着

さて、次は宇治山田駅から今夜の宿泊先である鳥羽へ向かうとするか~

 

To be continued...


Sponsored Link

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます(関連記事)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅