タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by タイ在住わらしべ長者

【今日のつぶやき】2020/09/22/14:05 やべ!昨日もバズったけど今日はその倍もバズってるヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 連休でまったりしてるけどAdsが好調なのは実に気分がイイね~(´∀`*)ウフフ さて筋トレで背中を追い込みますか~┗(`・∀・´)┛=3ムキムキ 最近200kg以上の重量を扱うと直ぐに手の豆が潰れる。パワーグリップだけじゃなくテーピング買おうかな 2020/09/22/14:50 改めて思うけどだいぶ肩が成長したな~やっぱ継続は力なり~ってかぁ(*‘ω‘ *)

Sponsored Link

チャーン島(チャン島) ビーチ 編

記事公開日:2012年8月30日
最終更新日:2016年4月15日


では、さっそくチャーン島(チャン島)のビーチを紹介していきます。

whitebeach_20120830023608
※クリックすると別窓で2段階拡大します。
まず一番賑わっているホワイトサンドビーチです。地図でみると左上です。


Sponsored Link

 

RIMG1317.jpg
皆とからソンテウで来て最初に見えるビーチです。ちょうどソンテウの停車場所であるセブンイレブンの真横からビーチに行ける小道があります。

 

RIMG1308.jpg
この小道の向こうに海がみえます。なんかワクワクしました♪
ちなみに先日ブログに書いたスカシャツです♪

 

20120825150420a83
※画面をクリックすると別窓で、180°のパノラマ拡大します。

 

ここがホワイト・サンド・ビーチ(White Sand Beach)です。

 

わらしべの感想、う~ん、微妙。。。しかもホワイトサンド(白砂)じゃないし。。

 

次のビーチは、ホワイトサンドビーチからバイクで南に約10分ほどにある

 

CHAI CHET(チャイ・チェット)を見て来ました。

 

RIMG1264.jpg
ここです。

 

Chaichet
※画像をクリックすると拡大します!

 

まばらに人はいましたが、わらしべが全く興味が沸くようなビーチではありませんでした。

 

次は、KLONG PRAO(クロン・プラオ)のビーチです。

KlongPhrao
※クリックすると別窓で2段階拡大します。

 

RIMG1238.jpg
Mandalay Bar のある小道から入って行きました。

 

RIMG1250.jpg
ここもピークシーズンじゃないせいか、ひっそり静まり返って来ました。南側方面

 

RIMG1240.jpg
昨日の展望台から見えた小島が正面に見えます。

 

RIMG1241.jpg
ちょうどファラン(白人)がいたので、記念に写真をKLONG PRAO(クロン・プラオ)で撮って貰いました。

 

RIMG1257.jpg
ここのビーチが一番チャーン島では砂浜がいいかも。。砂利ってないから裸足で歩いても気持ち良かったです。

 

次は、Kai Bae(ガイ・ベイ)

 

RIMG1222.jpg
Kai Bae Hut Resortの看板があります。

 

RIMG1220.jpg
ここもしっとりしています。リゾートホテルの従業員が賑わってお喋りしているくらいです。

 

RIMG1223.jpg
レンタルバイクを停車させ、しばしここで休憩しました。

 

RIMG1221.jpg
ここからも違う角度で展望台からの小島が見えます。静かに過ごしたい人にはお勧めかも。。

 

ビーチ?リゾートにしては、期待しすぎたらガックリするでしょう。

 

そして、現在建設中で立ち入り禁止地区ホワイトサンドビーチの北側

 

Koh Chang Project Overviewにこっそり潜入してきました。

 

敷地内は、たくさんの職人さんが出入りして資材を搬入しながらリゾートハウスを建設していました。

 

警備員に「中にいる友人に用がある」と言って潜伏に成功しました。w

 

車ではゲートがあってまず入れません。

 

地図の右側四角の中ににズーム表示されています。
20120825184207622
※クリックすると別窓で、2段階拡大します。ビーチを赤丸で囲んであります。

 

RIMG1348.jpg
敷地内はだだっ広いです。ゴルフコースも建設中のようでした。

 

RIMG1346.jpg
向こう側の海が見える方には建売りの家がセール中でした。まだまだこれからたくさん建設されそうです。

 

RIMG1345.jpg
建設中の家を横目にChang Noi ビーチへ向かいました。

 

RIMG1340.jpg
だんだんリゾートっぽくなってきてます。完成したらきっとお高い場所でしょうね。

 

RIMG1341.jpg
ここがChang Nai Beachです。
まだ誰も見当たらず建設作業員だけでした。なかなか綺麗なビーチでした。。

 

RIMG1343.jpg
開発中Chang Noi ビーチの砂もなかなか綺麗です。
今度はChang Nai Beachの裏手にある
Halfmoon Beachを見て来ました。

 

koh_chang.jpg

 

RIMG1329.jpg
Halfmoon Beachの看板を見つけました。

 

RIMG1335.jpg
こちらも建設中とまだまだひっそりしています。

 

RIMG1337.jpg
このHalfmoon Beachからは、本土の島が見えます。フェリー乗り場がすぐ隣なので、フェリーの出入りも目撃しました。
では、最後にチャーン島の東海岸の海も、せっかくなので見ておく事にしました。
RIMG1318
※クリックすると2段階拡大します。

東海岸に行く山越えの途中に、なかなかの景色が見える場所を見つけ写真を撮りました。
ここから見えるのはホワイトサンドビーチです。

 

Amber Sands
Amber
赤丸で囲んだ所がAmber Sandsの場所です。

 

RIMG1382.jpg
フェリー乗り場からバイクで約15分の所にAmber Sandsの看板が見えてきます。

 

RIMG1381.jpg
ここが入口です。ネット上に日本語での情報が全くないので、多分、日本人の宿泊客は皆無なのではないでしょうか。

 

RIMG1384.jpg
さっそく宿泊客のフリしてどうどうとビーチに向かって行きます。向こう側に東海岸の海が見えています。

 

RIMG1386.jpg
おぉ!今までの西海岸のビーチと違って、砂が赤っぽい!でも砂利ってなくいい感じです。

 

RIMG1385.jpg
向こうの方でファラン達(白人)がベンチに寝そべってゆったり読書をしていました。
ここまで、お付き合いありがとうございました。

 

本当はあと数か所のビーチを見て回りましたが、アップするほどの事でもないビーチだったので、この辺で今回のチャーン島のビーチ探索は終わりにします。

 

正直、今回の旅は行く前からあまり乗り気ではありませんでした。っと言うのもチャーン島についてあまり良い評判がなかったからです。特にビーチについてです。すでに私わらしべは、このブログを通して何箇所かのタイにあるビーチを紹介してきました。

 

しかーしタイで2番目に大きいと言われる今回チャーン島の情報をネット上での書き込みや口コミだけを鵜呑みにしてチャーン島アカンわぁ~って言いたくなく、この曇りなき眼であらゆるビーチを見定めて来ました。

 

この秘島と言われたチャーン島も文明が入ったせいか。。。やはり予測通りの結果でした。

 

悪くはないが、バンコクからバスで約6時間かけて来るほど価値はなし!

 

わらしべから一言

 

近場でビーチに行きたきゃ
やっぱサメット島へ行きなさい!

 

これ、俺っちからの本気のアドバイスです。

 

 

◆チャーン島関連わらしべ記事
チャーン島(チャン島)への 行き方(バス編)(08/28)
チャーン島(チャン島) 宿泊所/ゲストハウス 編
チャーン島(チャン島)からの 帰り方 (08/30)

 

◆サメット島ブログ記事⇒ https://warashibe76.com/blog-category-23.html

 

チャーン島の宿泊施設一覧↓ ↓ ↓
z_koh_chang.jpg
(直接宿泊するよりコチラから予約した方がお得でしたよ。)


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!

AdSense