タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【今日のつぶやき】2018/12/12/12:12 今日のタイの風は気持ちイイよね♪(*´▽`*)昨夜の合同トレーニングで連日やった背中トレはキツかったわ~ᕙ(*´ω`*)ᕗムキッ

サムイ島の初日はマッタリと♪ ~今後の概要~

 


うぃっす!放浪わらしべ長者っす。

 

前回の続きです。

 

タオ島からサムイ島へ船で、約01時間45分かけてやって来ました。

 

到着した港の場所は、Na Phra Lan pierです。通称 Lomprayah pier とも呼ばれています。


Sponsored Link

 

RIMG1081.jpg

この港の場所については前回の記事を見られるか、この記事下部のマップを参照。

 

港に到着後には宿泊施設までの送迎オファーが直ぐにきます。

 

前回の記事で書いた通り、すでにタオ島で送迎サービスのチケットを購入していたのでそれ見せるとすぐに送迎用のVANまで案内してもらえました。

 

IMG_5808.jpg
港で送迎用のシャトルバスの価格表です。※行き先別

 

LOMPRAYAH SHUTTLE BUS TO......

 

◆MEANAM BEACH 100 BAHT
◆BOPHUT BEACH 100 BAHT
◆BANG RAK BEACH 150 BAHT
◆BIG BHUDDHA BEACH 150 BAHT
◆AIRPORT 150 BAHT
◆CHOENG MON BEACH 150 BAHT
◆CHAWENG BEACH 150 BAHT
◆LAMAI BEACH 200 BAHT

 

一応、ご参考までに書いておきました。

 

IMG_5810.jpg
今回の宿泊施設までの送迎に利用した乗合いVANがコチラです。

 

 

。。。。。。。。。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

乗客をそれぞれの宿泊所に順番に送り、約15分ほどで俺っちの宿泊所へ到着。

 

この日は、サムイ島へ到着したのが夕方だったので、水平線に沈む夕日を見ながら、部屋でまったり過ごしました。

 

IMG_5817.jpg

初日はプンプリーダ ビーチ リゾートというホテルに宿泊しました。

 

現在の価格チェック⇒ Punnpreeda Beach Resortの宿泊料

 

 

 

 

 

 

。。。。。。チュンチュン

 

 

 朝から暑っ!

 

さっそくサムイ島での活動開始です

 

えっ、活動?!何を?

 

前日のタオ島ビーチ探索では、世界の旅行者からの口コミをもとにした「トラベラーズチョイス(TM)」の情報を信じ、期待しすぎた分だけガッカリしました。

 

決してタオ島が悪いってワケじゃなく、これがアジアのビーチNO1かよ!って意味です。

 

詳しくはこの記事を参照 アジアのベストアイランド 2013

 

その反面、今回のサムイ島は「トラベラーズチョイス(TM)」曰く、アジア7位と中途半端な評価です。

 

■アジアのベストアイランド

1. タオ島/タイ
2. ヌサレンボガン/インドネシア
3. ランター島/タイ
4. ギリトワンガン島/インドネシア
5. ボラカイ島/フィリピン
6. プーケット/タイ
7. サムイ島/タイ
8. パラワン島/フィリピン
9. ランカウイ島/マレーシア
10. ハブロック島/インド

 

ってなわけで、あまり期待せず軽い気持ちで今回のサムイ島へ立ち寄りました。

 

今回の探索活動のスケジュールは、ざっとこんな感じです。

samui_whole_map3_bophut1

※クリックで2段階拡大

 

マップ上の黄色枠のビーチをこの曇りなき眼(まなこ)で見定めてきました。

 

マップの上段から名前の説明すると

 

Bo Phut
Chaweng
Coral Beach
Silver Beach
Lamai Beach

 

こんな感じで、これから数日間、サムイ島のビーチ情報を発信していきます。前回のタオ島 編のように書いてて途中ダレないよう、今回はスパって要点だけをご紹介していくつもりです。

 

紹介するのに値ないビーチはあえて省きました。正直今回は、急きょタオ島でサムイ島行きを決めた為、日程的にあまり余裕がありませんでした。

 

流石に台湾 → サメット島 → タオ島 → サムイ島 と立て続けにのんびりしすぎちゃうと社会復帰するのが大変そうなので 観光客で賑わうと言われる東側のメインビーチだけを主に探索してきました。

 

よって今回サムイ島の西側ビーチは全く確認していません。

 

西側の調査は次回の楽しみにおいておきます。

 

※サムイ島東側ビーチには全く興味ねぇよ!って方はここからさっさとお帰り下さい ? 出口

 

って事でご興味がある方だけ、今から2880分後にまたお会いしましょう!

 

さわっでぃークラップ

 

サムイ島の宿泊施設一覧↓ ↓ ↓
z_koh_samui.jpg


Sponsored Link

 

コメントは4件です

  1. とおる より:

    放浪わらしべ長者さんは、誰と旅行してるのでしょう?
    一人なら、自分の姿を多く写真に撮るのは不自然です。
    もしかして、もしかして、隠し相棒でもいるのでしょうか?

  2. 放浪わらしべ長者 より:

    >とおるさん、こんにちは
    コメントとポチ Thanks!
    >もしかして、もしかして、隠し相棒でもいるのでしょうか?
    隠し相棒って意味が分かんないねんけど(笑)w 
    よく貰う同じ質問やから前回の回答のコピペさせてもらいまっせ。
    うんうん、よく訊ねられます(笑)
    割合で言えば、基本一人旅85%っす♪ 残り15%くらい同伴ありかな。
    よって写真もタイマー自画撮りがほとんどっす。
    およそ友人7%、現地人5%、カメラ撮り黒子(現地調達)3%
    俺っちのバイクでのオーストラリア横断blogサイトや
    マレーシア全土陸路の旅動画サイトを知ってる人なら分かると思うけど
    「どうやって撮影したの?」って思うハンモック姿などもすべて自画撮りタイマーっす。
    詳細→ 俺っちのfacebook
    いかにナチュナルを装ってフレームに収めるか俺っち極めています(笑)
    ほんでもって、いつも気にしてくれてあんがとう
    わらしべ
    って事です。
    また最近ではスポンサーが同伴して撮影してくれたりする事もあったりして。
    ほな、ぼちぼち今日は寝ます。
    サワディークラップ

  3. ま~ちゃん より:

    男は 亜鉛が必要でしょう~? なんと言っても パクッと食べる生牡蠣が一番
    今回は 何回で何個くらい 食べるつもりなのかな~
    本当に羨ましい わが郷土のシーフードの店 こちらで呼ぶ 岩牡蠣 なのですが
    5~6個で約2000円ほどですよ~ 何を考えてそんな値段をつけているのだ~?
    生牡蠣 と マッサージ はタイが一番です~。
    友人の家で ステーキ用の鉄板を使いオースワン を作って見せたら 何を考えたのか
    ウスターソースをかけられてしまい う~ん 牡蠣のお好み焼きじゃないぞ~って・・・・

  4. 放浪わらしべ長者 より:

    まいどーま~ちゃんさん
    コメントありがとうございます。
    > 男は 亜鉛が必要でしょう~? なんと言っても パクッと食べる生牡蠣が一番
    回は 何回で何個くらい 食べるつもりなのかな~
    たくさん食べて精力回復しちゃいましょう!やっぱ男は亜鉛っすよ。
    > 本当に羨ましい わが郷土のシーフードの店 こちらで呼ぶ 岩牡蠣 なのですが
    5~6個で約2000円ほどですよ~ 何を考えてそんな値段をつけているのだ~?
    一個400円っすか?ハンパなく高ぇー!?
    > 生牡蠣 と マッサージ はタイが一番です~。
    タイは最高のコストパフォーマンスっす。
    > ウスターソースをかけられてしまい う~ん 牡蠣のお好み焼きじゃないぞ~って・・・・
    いや~それもそれでめっちゃ美味そうですがw食通のま~ちゃんさんが語るとイメージ出来ちゃってお腹空いてきちゃっよ(笑)
    PS.
    先日の頂いたタイ情報(旅日記)ですが、時間が出来たらま~ちゃん日記みたいなサイト作ろうかな~って考えてきます。お役立ち情報満載だしw また知らせますね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
◆楽天お買い物
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!

楽天トラベル
楽天市場