タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【今日のつぶやき】2019/07/24/09:00 今日は集中して午前中に3記事書き上げるぞ~なんとか200いきそう( *´艸`)ウフフ 2019/07/24/09:35 あ、久々にブログ村チェックしたら俺っちのブログが海外生活カテ 35,332サイト中 2位のアクセス数(PV)になってる~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ たまにはタイBLOGも更新しなきゃな(笑)

Sponsored Link

楽天銀行なら簡単にビザカード(VISA)が作れる。無職OK

記事公開日:2013年7月23日
最終更新日:2018年11月25日


サワッディークラップ(こんにちは)

 

放浪わらしべっす。

 

さて、本日はめっちゃ簡単にビザカード(VISA)を所有する方法をシェアします。

 

ご存知の通り、通常クレジットカードに付随する「ビザカード」や「マスターカード」には入念な審査があり、ちょっとアウトロー的な人には、かななか審査に通る事が難しいのが現実です。


Sponsored Link

 

しかしタイ在住の方であれば「カシコン銀行」でキャッシュカードを作れば自動的に※デビットカードになりますが「マスターカード」が付いてきます。
※残高内でのショッピングが可能

 

カシコン銀行(通称 Kバンク)の口座開設の詳細はコチラ

 

タイでの銀行口座開設 (KASIKORN BANK編)

 

しかし全く英語が出来ない方や、またタイバーツで預金したくない人には使い勝手がよくありません。

 

今や「通販」や「インターネット」で買い物する時には「ビザカード」か「マスターカード」が必須になってきた時代です。

 

しかし買い物するだけの場合、それらがクレジットカードである必要は全くありません。

 

お金はあるがクレジットカードを持っていない、ってか審査に落ちる。。。

 

例えばパチプロや裏稼業の人など、お金を持っているにもかかわらず。。

 

社会的不適合者とみられる人達は、何度やっても審査に落ちます。

 

ま、俺っちの古ぅ~い友人達の話なんですがw

 

で、先日どうしてもクレジットカードを所有したい友人が俺っちを訪ねてきました。

 

その彼はネットでの買い物をするのにいつも銀行振り込みしているようです。

 

運悪く注文日が週末だった場合、月曜日まで送金が反映されるのを待たなければなりません。

 

そのストレスから解放されたいのが今回の理由です。

 

ゆくゆく聞くと、どうやらクレジットカードを持ちたい理由がネットショッピングで「クレジット決済」したいだけだと分かりました。

 

で、あればデビットカードの「ビザカード」で彼の目的は果たされます。

 

で、俺っちが勧めたのがコレ

 

 

楽天銀行

 

 

そう、皆さんもご存じのようにあの楽天です。

 

なんとこの楽天銀行の口座を開設するとVISAカードが付いてきます。

 

しかも無職であろうといとも簡単に!

 

 

こちらから楽天銀行の口座が開設できます。⇒ https://www.rakuten-bank.co.jp/account/

 

楽天銀行の口座開設か至って簡単、上記のURLをクリックします。

 

rakuten1_1.jpg
※クリックで拡大

 

右手の黄緑のボタン(口座開設申込開始)をクリック
※楽天会員IDを持っていないと仮定して説明していきます。
moushikomi2.jpg
その後、口座開設申し込みフォームに個人情報を記入します。

 

ご安心して下さい。クレジットカードではないので、あなたの「年収」や「勤続年数」など記載する必要はありません。

 

honnin_kakunin1.jpg
※クリックで拡大

 

注意するトコは、本人確認方法の選択肢です。

 

「アプリを利用する」と「郵便を利用する」があります。

 

スマホでアプリで送信すると、郵送より早く口座開設できるようですが今回は「郵便を利用する」を選びました。

 

後ほどお申込み住所へ楽天銀行から返信用封筒が送られて来ます。そちらに下記のいずれかの本人確認書類を入れて返信するだけです。

 

syurui.jpg
※クリックで拡大

 

郵送での本人確認書類の種類一覧

 

①運転免許証
②健康保険
③パスポート
④住民票
⑤印鑑登録証明書(コピー不可)
⑥在留カード(コピー可)

 

今回そのアウトローな友人は身分証明書がパスポートしかありませんでした。

 

よって選択肢は③だけです。(笑)
passport.jpg
※クリックで拡大

 

こちらが楽天から送られてきた返信用封筒に入れて、送り返す本人確認にパスポートの解説です。顔写真ページと所持人記入欄ページを鮮明にコピーします。

 

楽天銀行口座開設申し込み後、ご登録したメールアドレスの方に

 

楽天銀行からのお知ら?せ[楽天銀行デビット?カードの申込を受け付?けました]

 

の件名でデビットカード(ビザカード)の申込みを受理したメールが届きます。

 

待つ事、数日後。。。。

 

楽天からこのような封筒がお申込み住所に届きます。

 


開封してみると。。。。

 


ジャジャーーーン!

 

彼の念願だったビザカード(VISA)です!

 


このようにアウトローで無職の友人でも、まったく問題なく

 

無事に楽天銀行のビザカードを手に入れる事ができました。

 

この楽天銀行のデビットカード(VISAカード)

 

実はとっても使い勝手がよく俺っちも頻繁に利用しています。

 

例えば、このカードで決済すれば楽天ポイントが加算されます。

 

俺っちはほとんどその楽天ポイントで母ちゃんや友人の誕生日プレゼントを購入しています。最近ではVISAデビットカードで分割が出来るサービスも増えてきています。

 

またアフィリエイトってちょっと怪しいそうな仕事をしている人(笑)にとっては、
楽天からその成果報酬を現金で受け取るのに必須な口座となります。

 

楽天アフィリエイトにチャレンジしてみようかなって方はお早めに口座開設しておいた方がイイかもね。

 

審査にビビらず、ビザカード(VISA)を手にしたい方はお試しあれ?

 

楽天銀行口座申込み(VISA)はコチラ>>

あっそうそう、この楽天銀行口座、海外送金にも優れてます。750円から

 

詳細はコチラ⇩



コチラのMasterCardも一緒に申し込んでおきましょう⇒【とことん便利なマネパカード】

 

無職でもビザとマスターカード両方を今のうちに所持しておきましょう!

 

ふぅ~今日の情報シェアはこんなモンです。

 

サワッディークラップ(さようなら)


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


AdSense

タイ情報ブログ一覧
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!