タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

SunShine Paradise @バンクルードの朝食付きバイキングってどうよ?

 


わらしべです。

 

当ブログからプラチュワップキーリーカン県にあるバンクルード(Ban Krut)にご興味も持って下さった方が増えたようで嬉しい限りです。

 

Agodaのオンライン予約サイトから

 

howsbreakfast.png
「SunShine Paradiseの朝食付きバイキングってどうよ?」と気になる方へ

 

朝食バイキングの様子を動画でご覧下さい。

サンシャイン・パラダイスの魅力 in バンクルート(Ban Krut)

ソンクラーン後はバンクルートにあるリゾートホテルでマッタリと♪

 


わらしべです。

 

先日タイ正月ソンクラーンの記事をアップして以来、しばらくぶりです。

 

というのもソンクラーン(水掛け祭り)後、その冷えきった身体を温めるため南でマッタリ休養していました。

タン・サイ寺院(Wat Tang Sai)最下層の隠れ部屋 in Ban Krud

 


わらしべです。

 

立て続けにバン・クルード情報のシェアです。

 

さて、今回は以前訪問したタン・サイ寺院(Wat Tang Sai)へ再度、訪れました。

 

と言うのも1年前は寺院に到着した時間が遅く寺院内へ入る事が出来なかった為、少しモヤモヤした気持ちのままでした。

 

って事で前回の記事の補足となります。

 

Thong Chai Mountainの美しいタン・サイ寺院 (2014/02/02)

 

約1年ぶりに向かったタン・サイ寺院(Wat Tang Sai)やはり美しい!

 

RIMG0553_20150102224409f5f.jpg
天気が良かった事もあり、以前より一層綺麗に感じました。

2014年の年末は再び『バンクルード・ビーチ』へ

 


サワッディーピーマイ!(新年あけましておめでとう!)

 

タイのわらしべです。

 

お年玉(応援)

 

 

さて、前回の記事でお気づきの人もいるかもしれませんが、年末から再びバンクルード・ビーチへ訪れまったりとしています。

 

20141230_085038.jpg

 

バンクルードってどこ?って方はコチラの記事を参照

Thong Chai Mountainの美しいタン・サイ寺院(Wat Tang Sai)

 


わらしべです。

 

本日はバンクルードにある

 

Thong Chai Mountain(トンチャイ山)頂上にある

 

タン・サイ寺院
(Wat Tang Sai)

 

を探索してきました。

 

場所がコチラ

 

wat_tang_sai2

※クリックすると2段階拡大します。

 

前回ご紹介したTang Sai Beachと前々回のBan Krut Beachのちょうど中間に位置します。

 

むしろこのThong Chai Mountain(トン・チャイ山)で2つのビーチが隔てられてる感じです。

タン サイ・ビーチ(Tang Sai Beach) in バンクルード

 


わらしべっす。

 

本日もバンクルード(Ban krut)からお届けします。

 

 

はぁぁん!?バンクルードって何やねん!

 

 

って、未だそんなショーもない事を言ってる方は、ここからお帰りを⇒ 出口

 

もしくはこちらを読んで出直してらっしゃい。

 

バンクルード(Ban Krut)の行き方と宿泊施設 by 国鉄列車

 

バンクルード・ビーチ(BanKrut Beach) 日中と夕方の様子

 

隠れスポット『Aow Bo Thong Lang Bay』の裏手 in バンクルード

 

 

さて、今回はTang Sai Beachをご紹介します。(タン サイ・ビーチ)

 

 

場所はって言うと・・・

 

tang_sai_beach_map_name1

※クリックすると2段階拡大します。

 

前回ご紹介したバンクルード・ビーチが駅の向かい側一面だったのに対して、

 

少し北(バンコク方面)へ向かいます。次回紹介するThong Cahi Mountainの裏手です。

 

では、さっそう向かいましょう。。。。。。。。。。。。。

隠れスポット『Aow Bo Thong Lang Bay』の裏手 in バンクルード

 


サワッディークラップ

 

バンコクのわらしべです。

 

ほな、本日もさっそく前回の続きを・・・

 

バンクルードのレストランで食事をしていてると

 

偶然、ここら近隣のマップがあった。

 

RIMG0235_1_2014013006302043e
※クリックすると2段階拡大

 

 

うん!? Ao Bo Thonglang ? ※黄色のライン

 

バンクルード・ビーチ(BanKrut Beach) 日中と夕方の様子

 


バンコクのわらしべっす?

 

前回の続いてバンクルード(Ban Krut)の情報をシェアします。

 

バンクルード(Ban Krut)の行き方と宿泊施設 by 国鉄列車(前記事)

 

さっそく今回は、ビーチ編という事でバンクルード・ビーチへ。

 

当日の到着が遅く既に夕方前、ほんで腹ごしらいしてたら、、、

 

あっという間に日が暮れてました。

 

夕方のビーチ紹介なんて要らねぇかなって思ったけど、

 

一応、臨場感を感じて貰う為に記しておきます。

 

その前に、こっちにも新たにエントリーしました。よろぴくココ

 

バンクルードのビーチは国鉄バンクルード駅から東側15分ほどで見える一体です。

 

ban_krut1_pics_beach
※クリックすると拡大します。

 

黄色の2重ライン引いている海岸沿いです。

バンクルード(Ban Krut)の行き方と宿泊施設 by 国鉄列車

 


サワッディークラップ、バンコクのわらしべです。

 

去年2013年のお正月はホアヒン(Hua Hin)で過ごしたワケですが、

 

今年2014年の正月はっと言いますと、日本人がほぼほぼ知らないと思われる

 

 

バンクルード・ビーチへ行ってきました。

 

 

英語表記では、Ban Krut (バンクルット)です。

 

しかしタイ語のスペルが บ้านกรูดなので、

 

稀にBan KrudBaan Kroodのスペルも見かけます。

 

このバンクルードの情報、ネットで検索してもほとんど見当たりません。

 

あまりメジャーな場所ではないからだと思います。

 

が、俺っちはそんなトコを好んだりもします♪

 

でも、英語で検索するとファラン(白人)のブログから

 

バンクルード(Ban Krut)の情報を収集する事ができます。

 

例えばコレ⇒ http://www.bangsaphanguide.com/ban-krut.htm

 

実際に行ってみた感想ですが、とっても静かでイイとこでした。

 

以前ご紹介したホアヒンのスアンソンビーチと同じ海岸沿いなので雰囲気も似ています。

 

しかし地元の人以外、アジア人観光客は全く見かけず白人しかいませんでした。

 

言語も英語じゃなかったので、ロシア系かもしれません。

 

 

ちゅーか、Ban Krut(バンクルット)ってどこよ?

 

こちらです。

ban_krut2_2big
※クリックすると拡大します。

 

ホアヒンから国鉄列車で1時間半ほど南に降りた所です。

タイ国鉄時刻表2014年版 for バンクルード(バンクルット)行き

 


 

タイの国鉄時刻表をシェアします。

 

 

「バンコク発」と「バンコク行き」です。

 

画像をクリックすると拡大します。

 

バンクルード(BanKrut)「行き」と「出発」に黄色枠してます。

 

知名度があるホアヒン(Hua Hin)にもアンダーラインをしています。

 

 

From Bangkok

【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト

AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
日々のボヤきTwitter
プロフィール

profile
世界を放浪するわらしべ長者です。
現在の滞在国は18ヶ国。


オーストラリア
フランス
韓国
サイパン
フィリピン
マレーシア
(キナバル山)
(ボルネオ島)
インドネシア
ブルネイ
シンガポール
タイ
ラオス
ミャンマー
ベトナム
カンボジア
香港
マカオ
UK
台湾

世界中のあらゆる場所に友人を作り、そこで気の合う仲間とちっちゃい会社でも興せれたらいいなぁって思っています。

わらしべプロフィール more
メタ情報
オーストラリア7028kmの旅
Agodaホテル75%オフ
【タイ】

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア】

【シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ