タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

HSBC香港ATMカード3度目のロック!その復活までの流れ【2017年版】

 


先日、久々にHSBC香港のATMカードを使うとスクリーンにエラーが表示されて最終的に現金を引き出しする事が出来なかったと言う記事をアップしました。

 

その問題が昨日解決したので、その一連の流れを備忘録として残しておきます。


Sponsored Link

 

前回アップした記事がコチラ↓

 

HSBC香港のATMカードを1年利用せずロックされた時のATM画面 in CitiBank

 

最終引き出し日から1年経過したからまたも3度目となる自動ロックだと推測した。

 

が、今回ちょっと様子が違う。上記の記事にも書いたが普段通りパスワード入力してから引き出し金額まで設定する事ができる。ですが、なぜか最後の最後でATMの画面にこんなエラー表示。

 

 

I'm sorry. I can't do that right now.

 

For assistance, please call your financial institution.

 

Please give this number: ※※※※※(5桁の数字)

 

この5桁の数字が個人を特定するものなのか分からないので一応公開は控えておきます。※今のところ同じ数字が表示された方はネット上にいない。

 

 

そんなワケで、さっそくHSBC香港へスカイプを使ってタイから国際電話してみた。

 

(参照記事)

【裏技】Skype通話の世界中どこでもプラン(1ヶ月無料)の賢い利用方法

 

上記の無制限1ヶ月無料プランでは香港の固定電話と携帯電話への両方の通話が可能だ。

 

【HSBCコールセンター】

TEL: 852-2233-3000

 

📞「プルルルル......」

 

スマホから問題なく通じた。

 

いつものように中国語と英語での音声案内ガイダンスが流れる。

 

で、ここでちょっとしたトラブル発生。

 

Skype通話で音声案内のプッシュボタン(ピポパ音、トーン信号)が押せず、指示に従って先へ進むことが出来ない。

 

何やかんやで問題解決!( ´ー`)フゥー...

 

(参照記事)

スカイプ通話中で音声案内のプッシュボタン(ピポパ音、トーン信号)が機能しない方は必見!

 

HSBC自動音声案内(ガイダンス)の流れ

公式HP(PDF

 

1)言語選択

中国語が出来る人以外はまず【2】英語を選択。

 

2)お問い合わせ内容を選択

「Internet Banking, Mobile Banking, Phonebanking, ATM Service Enquiries & Branch Locator」と明記された【5】を選択。

 

3)ここでアカウント情報を要求される。

a)HSBC香港のカードに記載された12桁の口座番号を入力。

xxx-xxxxxx-xxx #

※最後にシャープ(#)の入力を忘れない!

b)6桁のテレフォンバンキングの暗証番号を入力。

ここで注意するのはカードの暗証番号じゃなく、テレフォンバンキング用(Phone Banking)に設定した6桁の暗証番号を入力。

※カードの暗証番号とテレフォンバンキング用の暗証番号を同じにしている人もいるかもしれない。

 

4)お問い合わせ内容を選択

a)「Other Internet banking & Mobile Banking, phonebanking, ATM & branch enquiries through customer service officer」と明記された【0】を選択。

b)再度「Other Internet banking & Mobile Banking, phonebanking, ATM & branch enquiries through customer service officer」と明記された【0】を選択。

 

参照ツリー箇所↓

 

 

📞「プルルルル......」

 

ようやく男性オペレーターに繋がる。

 

フィリピンなまりの英語だ。すぐさま要件であるATMカードが使えない事とATM画面に表示された5桁の数字をオペレーターの彼に伝える。

 

が、自分じゃ分からないから別の担当者へ繋ぐと言われる。

 

「お前、オペレーター失格じゃね?マジ使えんなー。」(# ゚Д゚)

 

それから待つ事、約20分。🕔

 

ようやく繋がると思うと先ほどのフィリピーノの男性が出る。

 

「今日は遅いから明日コチラから掛け直します」との事。

 

「。。。」

 

(#゚Д゚) ゴルァ!!

 

つか、20分以上待たせてそれかよ!

 

ま、時計を見るともうすぐ平日の5時半、

 

【HSBC香港オペレーター対応時間】※現地時間

09:00~17:30(月曜 - 金曜日)

09:00~16:30(土曜日)

 

(・д・)チッ しゃーないな。

 

「じゃあ明日の何時にその担当者がコールして来るねん?」

 

「何時でもOKです。」

 

「ほな、香港時間13:00(タイ時間12:00)に掛け直して来い!その時間空けとくから絶対に時間厳守やぞ!」

 

「Yes, Sir」

 

 

ガチャ📞

 

 

その翌日。

 

「プルルルル......」

 

うっせーなー。(´ぅω・`)ネムイ

 

誰やこんな朝早くに...まだ午前10:00やぞ~

 

 

ガチャ📞

 

「HSBCです。」

 

(#゚Д゚) ゴルァ!!

 

「つか、まだ午前10時やぞーー!!」(タイ時間)

 

繋がると同時に即ギレw(笑)

 

今度はキツい独特なマングリッシュを話す女性オペレーターからだった。

 

「いや~お客様にとって少しでも早い方がいいかと思いまして...ご都合が悪ければ当初の予定通り2時間後の12:00(タイ時間)にお掛け直します。」

 

それ、完全にそっちの都合だろ...(-_-;)

 

「まぁエエわ、ほな顔洗って準備するからパソコン立ち上げるまでの5分間ほどちょっと待ってろ。」

 

その後、そのマングリッシュ英語を話す女性オペレーターからいくつか質問された。

 

が、もしも俺っちがマレーシアのKLに2年弱ほど住んだ経験がなけりゃ聞き取るのが難しい彼女の英語アクセントだった。(;´∀`)

 

質問された内容

最初は本人確認の質問
①生年月日
②登録email
③現住所(登録)住所

 

次にHSBC口座の用途について
④HSBCをどう利用されますか?investment or savings
④どのようにHSBCカードにお金を預けましたか?キャッシュか送金か?
⑤キャッシュチェック小切手を利用しますか?
⑥この年いくら現金を引き出す予定ですか?
⑦Wire Transferを利用しますか?
⑧この年ATMで何回ほど引き出しますか?

 

質問の順番はうろ覚えだが質問内容はほぼほぼこんな感じだった。

 

で、カードのロックが解除されて使えるようになるのはいつだと尋ねると、

 

「3営業日までにはカードが使えるようになるはずです。翌火曜日にご確認下さい。(当日が金曜日だった為)何か問題があればまたこちらからご連絡致します。」

 

( ´ー`)フゥー...

 

やっと終わったわ~ひと安心

 

念の為、火曜日の翌日水曜日にタイ、アソークのCitiバンクへ立ち寄りHSBCカードが復活しているか試してみた。

 

その結果、

 


と、残念な結果だった。( ノД`)シクシク…

 

しかもATM画面には同じ6桁のエラー数字が。。。

 

 

も~嫌っ!ヽ(`Д´)ノプンプン

 

 

翌日、再度HSBC香港へコールする前にインターネットバンキングにログインすると個人情報の書き換えに要する時間は約1週間ほど掛かると明記されているのを発見(Records will be updated within 7 working days)

 

マングリッシュのネェちゃんの勘違いで3営業日じゃなく1週間かもしれんな。

 

とりあえず奴らを信じて1週間は待ってみるか。

 

 

翌週の月曜日、

 

引き出しする前にHSBCのATMカードについてネットで調べるとちょっと興味深い書き込みを発見。

 

ICチップのところアルコールか何かで綺麗に拭いてもう一度試してみたら?ということでアルコールはなかったのですが、布で綺麗にふき、ATMで使ってみるとなんと無事使えました!
引用元⇒ 外部リンク

 

そんなワケでアソークのCitiバンクへ行く前にATMカードのICチップの部分を入念にふきふきして現金引き出しに挑んだ。

 

その結果ついに

 

 

やったー\(^_^)/

 

無事に現金の引き出しに成功!

 

ひょっとしたら前回水曜日の時点で既にカードは復活してて単にカードのICチップ部分が汚れていただけかもしれません。またはカードのICチップの汚れは全く関係なしにカードが使えるようになる手続きに1週間掛っただけかもしれません。

 

で、もっと怖いこと言えば最初からICチップが汚れていただけカードを綺麗に拭き拭きさえすれば普通に現金が引き出せていてHSBCのコールセンターに電話する事さえなかったかもしれません。(笑)

 

ま、何はともあれHSBCのATMカードが使えるようになって良かった良かった♪(´∀`*)

 

つか、HSBCカードでも引き出し手数料200Bが徴収されるようになったの?

 

 

タイのATMで180Bの手数料を搾取されない方法と引出し限度額3万バーツに


Sponsored Link

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます(関連記事)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
カテゴリ一覧