タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【今日のつぶやき】2019/10/16/06:41 うぃっす!おやよー♪(^^)/今日は水曜日やし映画観に行きたいから午前の筋トレなしで作業に集中してマネタイズ頑張ろ(*´▽`*) 今日は早く切り上げてバンコクの映画館へ直行だ~(笑)猫カフェでもいいけどw(#^.^#)

Sponsored Link

タニヤスピリット隣の怪しい両替所を使ってみた!両替レートは?ニセ札大丈夫?in バンコク

記事公開日:2019年9月30日


さわっでぃーか!

 

今月9月でバンコク在住9年目になるわらしべです♪

 

なので最近タイでの目新しい経験も少なく、BLOGの更新も疎かになっちゃってますw(´∀`*)ウフフ

 

さて、毎年1年のうち約45日ほどは日本へ一時帰国する俺っちなんですが、つい先日も夏休みで日本へ帰国、そして9月上旬にタイへ戻って来ました。

 

そんな中、日本で使いそびれて余ったお金が財布の中に30万円ほどあったので、久々にバンコクの両替所「タニヤスピリット」でタイバーツへ交換して貰いに行った。 ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘


Sponsored Link

 

前から気になってたタニヤスピリット隣にある怪しい両替所

何やかんやでバンコクにある両替所タニヤスピリット前に到着。で、前からちょっと気になっていた事がある。それはタニヤスピリット隣にある小さな怪しげな両替所です。それがコチラ↓

 

 

右側の青い看板がお馴染みの両替所「タニヤスピリット」です。今回はその左隣にある小さな怪しい両替所についての情報をシェアしたいと思います。

 

見た目、いかにも怪しそうな両替所に見えません?(笑)

 

ちょっと入るのに抵抗あるよねw( *´艸`)

 

手元に日本円30万円あったのでとりあえず、半分の15万円をタニヤスピリットの方で日本へ両替して貰い、当日のレートを確認する事にした。

 

両替所タニヤスピリットの良いところは身分証明書の提出が要らない事です。パスポートを保持していなくてもサクッと気さくに両替する事が可能です。タニヤスピリット両替所の詳細については下記の記事をご参照下さい。

 

【過去記事】

 

さて、当日の日本円とタイバーツ間の両替レートがコチラ

2019年9月:両替レート

 

Buying

\10000=2840バーツ

 

当日の両替レートが上記のようになっているので日本円15万を両替すると42,600バーツを受け取ることができます。

 

15 × 2840バーツ = 42,600バーツ

 

 

はい、実際に15万円を両替して 42,600バーツを受け取りました♪

 

では残りの15万円を持ってお隣にある怪しげな両替所へ行ってみよう!(^^)/

 

 

マジで怪しい...( ̄▽ ̄;)

 

隣に良心的な両替所「タニヤスピリット」があるのにあえてコチラの怪しさMAXの両替所を使う人がいるんだろうか?

 

入口のドアにはハッキリと「Money Exchange」と明記されてある。しかもよくよく確認してみると「政府公認両替所」とも書かれてある。

 

マジかよ...偽札を掴まされないかな~ちょっと心配(汗)

 

ドキドキ(p′Д`;)(;′Д`q)ドキドキ

 

よし!入店 Ready Go!

 

頼もう~カラン(怪しげな両替所のドアを開けて中へ入る)

 

スマホで店内を撮影しようとすると正面に座っていたセキュリティーガードマンと思われる男にカメラ撮影は禁止だと告げられる

 

益々怪しさボルテージが上昇w

 

店内は畳(たたみ)約1畳ほどの広さだ。入ってすぐ右側が両替カウンターとなっている。

 

Can I check Exchange rate here?(ここの両替レートを確認出来ますか?)

 

カウンターの中にいた男は英語が通じたのか分からないが、無言でボタンを押すと...

 

その男の後部の壁に貼られていた黒い電光掲示板が点灯して交換レートが表示された。

 

そこのレートは予想に反して、お隣の両替所「タニヤスピリット」と同じ

 

\10000=2840バーツだった。

 

もっとボッタくり両替レートかと思っていたけど案外良心的みたい♪

 

でも、なんで両替レートの表示を非公開にしてるんだ?

 

ちょっと怪しいなー(-_-;)

 

カウンター中の男は一言も喋らずスマホをずっと触ってる。

 

正面1メートルほど前にいるセキュリティー男もジッとこちらを見てるが、ボッタくりバーのように威嚇して無理やり両替させようとする気はないようだ。

 

カウンター中の男のやる気の無さから客から騙して金を獲ったろうという感じはしない。

 

多少、心配はあったがこれも経験なので黙って両替カウンターに日本円の15万円を置いた。

 

するとカウンター中の男は無言でスマホを置き、俺っちがカウンターに置いたお金を数え始めた。

 

この時点でタニヤスピリッツと同じく、パスポートなどの身分証明書の提出は要求されなかった。

 

そしてポンと無造作に42,600バーツがカウンターに返って来た。

 

しかもレシートも何も出さない。

 

尋ねても英語が分からないのか無言のまま

 

なのでここで両替したことを証明するものがないワケで...

 

もしも受け取ったタイバーツがニセ札だった場合、100%泣き寝入りするしかなさそう。

 

そんな状況なので

 

その怪しげな両替所退出する前にしっかりとお札を数え、ニセ札っぽい紙幣がないかを入念にチェック。(;^_^A

 

一応、受け取った全てのタイバーツは問題なさそうです。(今のところは)

 

ただ無茶苦茶な両替レートってワケじゃないので場合によっちゃ利用してもイイかなと個人的に思います。

 

というのも、過去に遅い時間、タクシーでタニヤスピリットへ両替しに向かった時に閉店時間(22:30)に間に合わず、両替ができなかった事があったけど流石にその時は隣にあるこの怪しげな両替所を利用する勇気はなかったです(笑)

 

しかしタニヤスピリットが閉まってる時間帯でもコチラお隣の両替所はオープンしているので助かります。

 

なので今回の検証でここの両替レートがタニヤスピリットと同じだと分かった事で緊急時にはこちらの両替所を利用するのもアリかなっと思った次第です。

 

ただレシートがないと嫌な方にはおススメしません。

 

くれぐれも自己責任で!はな (^^)/


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


AdSense

タイ情報ブログ一覧
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!