タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

マリファナ売人との接触 【その見分け方】

 


バンコクのわらしべです。

 

5日目ぶりかな? ちょっとブログ更新をさぼってました。

 

さて、本日はタイトルにあるように、先日俺っち、

 

 

マリファナの売人と接触しました。 パチパチ

 

 

その売人との初顔合わせは今から遡る事、約1ヶ月前。。。

 

ちょうどその頃から始めたジョギングの最中。。。

 

始めたばかりのジョギングで息を切らして途中から歩いてたトコ。。

 

俺っちの前方、約30メートル前を歩いてた1人の男が、そのもっと向こう側にある駅から降りて来たと思われる男女のカップルと遭遇。

 

俺っちの前方を歩いていた男は、向かいから来たカップルと接触し、一瞬何かを受け取ったような仕草をした後、すぐにUターンをして俺っちの方向へ歩いて来た。

 

そして、同じようにそのカップルも用事を終えたのか駅の方へ帰って行った。


Sponsored Link

 

そのやり取りを見てて、俺っちが感じた 違和感

 

何でオメーら ByeBye(バイバイ) しないの?

 

そのわずか数秒の間、色んなパターン(バイバイをしない)を想定してみた。

 

例えば、友人宅に「鍵」を忘れたカップル、それを持ってきてくれたその友人。

 

もしくは友人から借りた金を返しに来ただけのケース、

 

はたまた男性友人に女性を紹介して、その男性が女性を顔を見て気に入らなかったので受け入れを拒否したとか。

 

 

う~ん、どれもシックリくる答えが思い浮かばん

 

まぁ~考えられる事はお互いが知り合いじゃない可能性の方が高いなぁー

 

 

はっ!

 

 

まさか、麻薬の売人じゃねぇ?

 

 

って俺っちの脳裏を一瞬よぎった。

 

 

そして、その前から歩いて来る男は警戒したような様子で俺っちをガン見!

 

 

それに負けずに俺っちも ガン見! マー坊君ばりにw

 

 

gan.jpg
日本人代表ナメんなよ(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

 

一歩も引かない俺っち!ってか何をやねん!(笑)

 

 

そして俺っちの横をスーっと通り過ぎて行った。

 

 

事なきを経て、さぁ~てジョギングの再開でもすっかぁ~!

 

 

ちょっと気になって再度、後ろを振り向くと

 

 

その男は20メートル後方で俺っちをジーっと直視していた。

 

 

ぉっかしーなぁーっと思いつつも

 

その後、何事もなかったかのように汗を流して帰宅した。

 

 

 

 

それからジョギングを始めてこの1ヶ月間、

 

ある一定の時間帯にジョギングすると必ずその男は同じ場所にいた。

 

2回目の遭遇時は走ってて最初気付かなかったが、すれ違い際

 

誰かこっちを見てんなぁ~ってチラ見したらあの時の男だった。

 

 

ジョギングを始めた当初と比べ体力も付き、

 

以前のように歩いて休憩する事もなくなった頃、3度目の遭遇。

 

 

やはり同じ時間帯にその男は初回と同様に誰かと接触後、直ぐに別れて立ち去ったのを目撃した。

 

やっぱり、その時も別れ際にBye Bey(バイバイ)する事はなかった。

 

 

きっと奴も俺っちをよく見かける野郎だと思ったはず。

 

 

2、3回目は、別にガンたれる事もなく汗ビショですれ違っただけだった。

 

 

そして4回目の遭遇、つい数日前の出来事。。とうとう

 

 

その男に呼び止められた!

 

 

キターーーーー!(゚∀゚) ドキドキ

 

uraken2.jpg

 

って頭の中じゃこんな感じにいつでも裏拳をかませる準備はしていた。

 

 

売人「おめータイ語話せるか?」

 

 

俺っち「話せねぇーよ」

 

 

売人「じゃぁ中国語はどうよ?」

 

 

俺っち「ノー」

 

 

売人「じゃぁ、英語なら話せるだろ?」

 

 

俺っち「ノー」 とりあえず全否定した。

 

 

売人「・・・・・」 「じゃぁ、もう工ェわ・・・」

 

 

俺っちがタイ語で一言、「アライか?(What's that?)」

 

 

ちょっと喜んだ表情で売人が「〒●±★×□◆◎▽

 

 

タイ語で意味不明な言葉をまくし立てて来た。

 

 

どうやら何かをオファーしてるみたい。

 

 

先ほど英語が話せないと言いつつ、

 

 

その言葉の意味が気になったので「Speak English!」って言うと

 

 

「マリファナ好きか? あるよ へへへ」

 

 

やっぱり最初に遭遇した時の違和感が的中、

 

 

その男は 麻薬の売人 だった。

 

 

もちろん俺っちは即答で

 

 

「No,Thank you!」っと言いその場を立ち去った。

 

 

奴は俺っちが日本人だとは気付いてないず、犯罪者はいつも周囲の目を気にする。

 

 

だから何度も俺っちを見かける度にドキドキしてたはずだ。

 

そのドキドキから解放されたく、意を決して俺っちに話掛け、その素生を確かめたかったんだと思う。

 

基本そういう輩(やから)はパクられるリスクを警戒し、声を掛ける相手を選んでる

 

もちろん、その場で麻薬所持の現行犯にならないように別の場所にブツは保管してある。

 

 

客との値段に折り合いがつけばブツを取って指定の場所に戻ってくる。

 

 

その交換場所が毎回俺っちがその売人と遭遇する アノ場所。。

 

 

 

この記事を書くにあたって偶然、ヤフーの知恵袋で
「大麻を吸いにタイに行きたいのですが、密告制度はまだあるのでしょうか。」

 

ってなタイトルを発見した。

 

上記のようなアウトロー的な人もいるので、その場所と時間帯はあえて言及しないが、ウドムスック近辺とだけ言っておこう。 興味があれば自分で探せばイイ。

 

futekigousya.jpg
↑ ↑ ↑

 

ちゅーか、
麻薬とは全く縁の無さそぉ~な真面目な俺っちに何で声掛けて来るの?(笑)

 

ワロタ人w

 

 

ところでもし自分が麻薬の売人だったら場合、それを知られてしまった以上、密告されるリスクを考えて同じ場所での取引はしない。

 

もしくはその知りすぎた目撃者に消えて貰うかのどちらかだと思う。

 

 

万が一、俺っちのブログ更新が途絶えた場合、後者の可能性もあるかもw

 

 

 

長くなりましたので今日はこのへんで!

 

 

さぁ~て、今日も今から走り行くべ!

 

 

【今回の教訓】
ByeBye(バイバイ)しない奴らは麻薬売買(バイバイ)の可能性あり

 

 

本日は、こんなオチでいかがでしょうか

 

 

マリファナ事情に詳しい⇒ タイのブロガー


Sponsored Link

 

コメントは10件です

  1. コテカサイズLL より:

    わらしべさんのモヒヘッドを見たらプッシャーも一言かけたくなります。
    因みに死刑のあるマレーシアで見たヘロイン売りのオッサンは
    バイクで移動販売してました。
    一箇所に停まると次から次と買い手がバイクで来て5秒で受け渡し
    3分間で6回の取引が終わり、そのまま行ってしまった。

  2. 放浪わらしべ長者 より:

    >コテカサイズLLさん おはよごうざいます。
    >わらしべさんのモヒヘッドを見たらプッシャーも一言かけたくなります。
    そうなのかなw
    > 一箇所に停まると次から次と買い手がバイクで来て
    5秒で受け渡し3分間で6回の取引が終わり、そのまま行ってしまった。
    まるで入れ食い状態っすね。
    俺っちもマレーシアに2年弱ほど住んでたけど
    同じルームメイトの現地人(中華系)がマリファナパーティー(20人くらい)を始めてマジでビビった記憶があります。みんなイっちゃってて、ここに居座ったらいつか俺っちも巻き添い喰らってパクられると思い、即効引っ越しました。その時、建前では死刑でも実際の所は意外とゆるいのでは?もしくは死刑執行されずいくらかの罰金程度で済むのではと推測。奴らもそれほどアホじゃないし、まぁ金持ちのボンボン中華系どもでしたがw
    コメントありがとうございます。

  3. もんた より:

    いやー さすがにわらしべさん
    売人相手に一歩も引かない状況が手に取るようにわかりました
    しかしこの国は、職務質問とかないんですかね?
    まあ、タイ最大のマフィアがPと聞いていますから
    間違ってもないんだろうなぁ・・・

  4. 放浪わらしべ長者 より:

    >もんたさん まいどーまいどー
    > しかしこの国は、職務質問とかないんですかね?
    あんなのが街中ウロチョロしてるもんやから巻き添いに合う旅行者も多いのでは。
    多分、カオサンにはたくさんいそう。
    > まあ、タイ最大のマフィアがPと聞いていますから
    > 間違ってもないんだろうなぁ・・・
    今のタイ、警察だけは敵に回しとうないっすね。
    無実の罪で引っ張られたら重罪扱いにされそう。
    ま、金があれば無罪になるのも事実。。
    お互い用心しましょう。

  5. 幸ちゃん より:

    わらしべさんの度胸に感動です、
    映画やドラマではよくありがちな事ですが、実際に遭遇すると僕ならビビってしまう出来事です。
    しかも強気で言い返すなんて・・・アッパレです。
    コメントであるようにタイ(アジア系の国)はお金でなんでも解決するみたいですね、知り合いが以前タイに住んでいた時に付き合っていた彼女は免許切り替えを忘れていて無免許状態で警察に捕まった時もいくらかその場で支払ったら(賄賂を)無罪放免でその場で何もなかったかのようになり、さらにそのまま車で帰って行ったそうです。
    うそのようなホントの話です。
    日本では考えられないところがまたタイの魅力なんですかね~

  6. 放浪わらしべ長者 より:

    >幸ちゃんさん おはよー

    >映画やドラマではよくありがちな事ですが、実際に遭遇すると僕ならビビってしまう出来事です。しかも強気で言い返すなんて・・・アッパレです。

    俺っちも怖いもんばっかっすよw
    お化けとか、人口おっぱいとかw(笑)
    でも特にああいう輩にはビビったら負け、
    とことん弱いところに付け込んできますから
    玉砕覚悟で迎え撃つといつもひるむのはアッチ。

    >さらにそのまま車で帰って行ったそうです。

    普通にイメージできてワロタw
    このゆるい感じがタイのイイところっすね♪
    サワッディークラップ

  7. 海外暮らし より:

    思わず『ワロタ人w』クリック♪
    密告すると結構なお金もらえるそうですよね。
    昔、カオサンのゲストハウスの管理人で密告するタイ人がいました。
    奴はローンで家建てたので大変だったのかも。
    そんなカオサンでよく遊んでましたが、
    1度も売人から声かかることはなかったです。
    貧乏そうに見えたか?清純そうに見えたか?
    どっちでしょうね???

  8. 放浪わらしべ長者 より:

    おはよー海外暮らしさん
    > 思わず『ワロタ人w』クリック♪
    よっしゃーw
    > 密告すると結構なお金もらえるそうですよね。
    > 昔、カオサンのゲストハウスの管理人で密告するタイ人がいました。
    へぇー初耳、密告すれば賞金貰えるのかぁ~
    > 貧乏そうに見えたか?清純そうに見えたか?
    > どっちでしょうね???
    きっとピュアっぽく見えたのでわw 
    これってもう死語?(笑)
    コメントどーも

  9. タカシ より:

    はじめまして、ブログいつも読ませて頂いてます。
    ホント面白い文章と内容で楽しませて頂いてます。
    今日の話はかなり怖いですね!
    ウドムスック辺りは普通に庶民の街でしょ?
    普通の場所に普通に麻薬取引がおこなわれているのは
    かなり刺激的でした。
    変な事にならず良かったですね。
    管理人さんはファンキーに見えてもかなり慎重で観察力ある方ですから
    余程の事でもなければ巻き込まれないでしょうが、
    御身を大事になさってブログでまた楽しませてください。
    応援してますから。

  10. 放浪わらしべ長者 より:

    >タカシさん はじめまして
    コメントあざ~っす。
    > 御身を大事になさってブログでまた楽しませてください。
    > 応援してますから。
    いつも応援どーも、これからも頑張ってブログ更新していくよ
    Have a nice day!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!

↑  ↑  ↑
世界最大の口コミサイト


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
AdSense

タイ情報ブログ一覧

◆パタヤ関連
◆コラート関連
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
おすすめレビュー記事

手の平マッサージ
ペット飼ってる家に一台
128G格安ハイスペックUSB
背中の筋トレに重宝
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!