タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【今日のつぶやき】2019/04/24/10:00 朝起きる度に身体の筋肉痛と同時に肉体の成長を感じる。この先どうなっちゃうんだろ(笑)ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 2019/04/24/12:24 筋トレ終えて汗だくだくのまま24時間クーラーがんがんに効かせてる部屋に戻った時の幸せを分かち合いたい!(*´▽`*)タイ最高~❤ 2019/04/24/13:15 仮想通貨界隈がまたざわざわし始めた...マカフィー氏のサトシナカモト特定発言や孫正義氏のビットコインでの爆損ニュースなど目が離せない 2019/04/24/13:25 偶然見かけた西川史子の激やせ状態にドン引き Σ(・ω・ノ)ノ!別人化と...マジ大丈夫か?汗 2019/04/24/17:26 上半身全部が筋肉痛で鍛える部位がない、仕方ない下半身でもやるか~(^▽^;)

Sponsored Link

【動画】ダナン空港の国内線(第1ターミナル)⇔国際線(第2ターミナル)の距離を歩く

記事公開日:2017年6月27日
最終更新日:2018年12月26日


当記事はベトナムのダナン空港について備忘録となります。

 

実は今年2017年5月にダナン空港が新設され、新たな国際線の発着場として第2ターミナルがオープンしました!そんなワケで今までの第1ターミナルの方が国内線の専用空港となります。

 

さて、今回はそのダナン空港の国内線(第1ターミナル)から国際線(第2ターミナル)までの距離間がどの程度なのか初めてダナン空港に到着され、乗換えされる方はきっと気になると思ったのでその距離を動画を撮影しながら歩いてみました♪📹


Sponsored Link

※クリックで拡大

Googleマップ上で見るダナン空港の国内線(第1ターミナル)と国際線(第2ターミナル)の距離間はこんな感じです。左側が国内線の第1ターミナル、右側が新設されたばかりの国際線第2ターミナルです。

 

今回はタイのバンコクからダナン入りしたのでマップ右側の国際線第2ターミナルに到着しました。

 

今回でベトナム旅行は3回目となります。にもかかわらずベトナムへの入国審査で少し戸惑った。と言うのも普通であれば他国へ入国する際には入国カードを記入して、入国審査時にパスポートと一緒に提出するのですがその入国カードの提出が不要だった事。つか、もともとそういう仕様だっけなぁ~?

 

それとタイ、バンコクのドンムアン空港から出国する際のチェックイン時にカウンターで過去30日間以内にベトナム入国されたかを確認された。その理由は30日間以内での連続入国する場合は入国時にビザを取得する必要があるとの新しいルールの説明があった。俺っち自身前回のベトナム旅行は一昨年だったので問題なかったが、実際にダナン国際空港の入国審査前のカウンターでビザを取得している旅行客も結構見かけた。※2017年6月現在

 

そんなこんなでタイからダナンへ新しい国際線の第2ターミナルに到着。

 

第2ターミナルの施設内については別記事で詳しくご紹介します。

 

では、さっそく国内線の第1ターミナルへ向かいます。

 

ダナン空港の国際線(第2ターミナル)⇔国内線(第1ターミナル)の距離間とは?

ダナン空港国際線の第2ターミナル到着口から出て右手側に沿って国内線のある第1ターミナルまで歩く。

 

ちょうどダナン空港の真ん前がタクシーのパーキングエリアとなっているので歩いている途中に向かい側からタクシー運転手から乗車への声掛けが何度かありました。

 

すぐに国内線のダナン空港第1ターミナルの建物が見えてきました。

 

はい、ダナン空港第1ターミナル(国内線)に到着、約5.6分くらいですかね。こちら国内線1階にはATM機が設置されているので日本キャッシュカード(PLUS,VISA,マスター)で現地通貨を引き出す事が可能です。

 

ちょっと気になったのはダナン空港の国内線第1ターミナルの出発口である3階へ上ってみると。。。

 

こちらは既に国内線のみの第1ターミナルの建物にもかかわらず未だダナン・インターナショナル・エアポート(Da Nang International Airport)と明記されている。きっと第2ターミナルが完成する以前のまんまなんだと思う。※2017年6月現在

 

ダナン国内線3階の出発口正面はこんな感じ↓

 

 

団体客を乗せたバスやタクシーの到着場となっています。

 

タクシーに国内線(第1ターミナル)と告げたにもかかわらず、到着場所の建物に「インターナショナル」って書かれてあっても焦らないで下さい。きっと勘違いする人も結構いそう...(^_^;)

 

では、最後に先ほどと逆になりますが国内線から国際線までの距離を歩いた様子の動画をシェアしたいと思います。

 

【動画】

お暇な方だけどうぞ('ω')ノ

 


Sponsored Link

 

コメントは4件です

  1. タク より:

    私が初入国した2016年の1月には既に入国カードは無かったです。

    またベトナムも今年からeビザが採用されてますので
    わらしべさん位の英語力があれば簡単に取れると思います。

    ※ 30日まで有効なシングルのみ 費用25米ドル、カード決済
      16日以上滞在又は入国時点30日のインターバルが無い場合に必要

    参考ブログ
    http://kudotakuto.jugem.jp/?eid=110

    • 放浪わらしべ長者 より:

      タクさん おはようございます。

      そうですか!2016年1月時点で入国カードの記入なかったですね(・∀・)

      ベトナム、ダナンを観てきましたがコンビニをほとんどみませんでした。
      住むにはちょっと不便な気もしますがネット環境は思ったより良かったですね。

      Have a nice day!

  2. タク より:

    こんばんは!

    わらしべさんの現在の住環境をベトナムでも求めるなら
    大都市ホーチミン一択だと思います。
    現在のバンコクの10年とか数年前の物価とか環境だと思われます。
    例、マックは去年?セブンイレブンやネットの4Gも今年からベトナム入り

    私みたいに都会よりチョイ田舎が良いと思う者ならベトナム国内の選択肢が広がるかと
    例えばダナンで住むなら
    タイにもあるビッグC。徒歩以外の移動は市バスかタクシー或いはビッグCの無料送迎バス又は自前バイク
    夜中に出歩かない田舎者なら丁度いい街サイズ(^^)
    在ベトナムの日本人が国内旅行での一番人気がダナン(含む近郊)と聞いてますよ

    ところでビーチはどうでした? お聞ききたいのは設備と海の色ですけど

    • 放浪わらしべ長者 より:

      タクさん こんばんは!

      そうですよね~
      やっぱホーチミンが一番賑やかで栄えている感じがします。

      しばらくホーチミンには行ってませんが
      以前は韓国企業の進出がかなり目立った印象でした。

      あれからずいぶん経つので今では韓国色が強い街並みになっていないか心配です。
      時すでに遅しかもw(;^_^A

      そういう面でいうなら比較的静かなダナンは邦人に人気あるのも頷けます。
      タイにあるビッグCあるんですね~気づきませんでした。

      ま、しばらくはビザの心配がないのでこのままタイに居続けるかと思いますが
      正直ちょっとタイに飽きてきた感もあるので刺激欲しさに
      他の国と交互に滞在するのもありかな~っと思ってたりしてw(笑)

      PS
      近々ローカル人しか知らないフエとダナンの中間点あたりの
      隠れ家的なビーチ記事を公開するつもりです。(‘ω’)ノ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


AdSense

タイ情報ブログ一覧
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!