タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by 放浪わらしべ長者

【今日のつぶやき】2019/11/18/06:20 今日も早朝ジョギングから汗流して頑張るぞ~ ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘ ほんで軽く筋トレ♪キミも頑張れ!(^_-)-☆

Sponsored Link

【03話/全14話】あの強制送還の真実 ~恋・涙・笑~

記事公開日:2014年8月7日
最終更新日:2016年6月9日


【3話】韓国人女性の男気

 

 

前回、吊り橋の法則の話をした。そして

 

それが韓国人彼女を好きになった要因の1つじゃないかと書いた。
が。。。

 

記事投稿後、だんだんと当時の事を思い出して来た。

 

やっぱり1番の決定的な出来事は、2005年の年末だっけなぁ~

 

俺っちは食中毒からかお腹に激痛が襲ってきた事があった。

 

既にその時は、留学先のドミトリー(寮)を出て、個人でアパートをレンタルし2人で同棲生活を開始していた。

 

そこから留学先の学校へ通っていた形だった。

 

ただ、その腹痛が起こった時は既に年末って事もあり、語学スクールは休校中。

 

2日間ほどアブラ汗をかきながらジッと様子をみていたが一向に状況は改善しない。もちろん韓国人の彼女は側で心配してくれていた。

 

韓国から持ってきた怪しそうな薬も勧められたが、不安だったので服用しなかった。(汗)

 

そして、熱もいよいよ約40℃近くになり、本気でヤバいなーって思い意識がモウロウとする中、俺っちは彼女に担がれ、タクシーに放り込まれた。そして、夜中の緊急病院に運ばれていた。

 

目が覚めると、点滴されながらベッドで横になってる俺っちの真横でその韓国人彼女が心配した表情でずっとこっちを見つめていた。

 

「あぁ、この子やな。。。将来、自分の嫁になるのは・・・」

 

って、初めて思った瞬間だった。

 

そんな男気のある彼女、実際は小さな背中だったにもかかわらず、なぜか担がれている時、それは頼もしく、とても大きな背中のように感じた。。。

 

 

To be continued...

 

button_a.jpg
<<前の記事

<<最初から読む


Sponsored Link

 

コメントは2件です

  1. もんた より:

    次の展開に引き込まれております

  2. 放浪わらしべ長者 より:

    まいどーもんたさん こんちゃ
    > 次の展開に引き込まれております
    序盤は人物紹介だから後半もっと面白い展開になってきますよー
    本人にとっては最悪な当時の思い出ですがw 今なら笑って話せる
    ほな、引き続きお楽しみ下さい。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


AdSense

タイ情報ブログ一覧
Agodaホテル75%オフ
◆地方別タイのホテル相場◆

【ラオス】

【カンボジア】

【香港】

【インドネシア・シンガポール】

【フィリピン】

【台湾】

【マレーシア】

【ベトナム】

【ミャンマー】
オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!