タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by タイ在住わらしべ長者

【今日のつぶやき】2020/05/26/07:11 よーし!今日も朝から頑張るぜ~┗(`・∀・´)┛=3ムキムキ とりあえず目覚めのコーヒーから♪☕(#^.^#)

Sponsored Link

タイのバンコクからバリ島へ…入国手続き 編 in 2014

記事公開日:2014年12月19日
最終更新日:2018年12月17日


わらしべです。

 

どう言うワケか、前回の記事で俺っちがバリ島にいるのがバレたみたい(笑)

 

さて、バリ島での俺っちは毎朝、波の音で覚めるという超ぉ快眠生活を送っています。

 

で、せっかくバリ島にいるので、ここでの情報も日記がてらシェアしておきます。


Sponsored Link

 

RIMG0076_2014121820575678c.jpg

 

ちなみにTG(タイ航空)のバンコク - デンパサール(バリ島)直行便は、往路と復路とも1便しかありませんでした。

 

schedule1.png

往路 バンコク - デンパサール 08:50(出発) - 14:15(到着)

復路 デンパサール - バンコク 16:10(出発) - 19:25(到着)

 

さて、先月末バンコクからバリ島に来るにあたって、

 

BTSプロンポン駅前にある古本屋で『地球の歩き方08-09』を購入しました。

 

RIMG0431_20141218203541ae7.jpg

価格は中古で200バーツ。

 

なんで古い08-09版を購入したかって言うと、単にそれしか置いてなかっただけですw仕方なく古いバージョンを一応購入したワケですが、情報が古く

 

全くと言ってもいいほど役に立ちませんでした。

 

観光などの情報本はやっぱ最新のモノを購入するべきですね。

 

で、インドネシア入国に際してはビザが必要となるワケですがバリ島への入国手続き時にその情報の古さが仇となりました。

 

RIMG0018_201412182149150a4.jpg
Visa On Arrivalにて

 

バリ島グラライ空港で取得できるビザの料金が『地球の歩き方08~09』では7日以内の滞在で US$10
8~30日以内の滞在で US$25

 

と記載されていましたが現在(2014年12月)大幅に値上げされていた。

 

最新のビザ料金は滞在日数関係なしに一律 US$35 に改定。

 

RIMG0020a.jpg
ビザを取得後に入国審査

 

RIMG0025.jpg
その後、荷物の受取り(Baggage Claim)へ

 

RIMG0032.jpg
手荷物受取所のレーン番号は電光掲示板に搭乗してきたフライト便の横に表示

 

RIMG0030_20141218221337943.jpg
今回のバンコク - デンパサール便では6番レーンでした。荷物が出てくるのをしばらく待ちます。

 

RIMG0027_2014121822134194e.jpg
ちょうど荷物受取所の6番レーン隣りには無料で配布している観光ガイドのパンフレットなど置いてあります。必要な方はゲットしておきましょう!

 

RIMG0036_2014121822133998a.jpg
日本語で書かれている案内冊子もたくさんありました。

 

次に自分の荷物を取ったら税関審査へ向かいます。。。。

 

RIMG0041_201412182234165ce.jpg
ここで入国カードと一緒に機内で貰った税関申告書を提出

 

RIMG0043_2014121822341814b.jpg
最後に荷物検査をして無事に入国完了となります。

 

出口(Exit)までの途中に両替所と免税店があります。

 

RIMG0049_2014121822405640a.jpg
向こうに見えるのが両替所です。反対側にも別の両替所がありました。

 

RIMG0052_20141218224058fbf.jpg
こちらは免税店です。タバコや酒類などが置いてあります。

 

RIMG0054_20141218224058d68.jpg
免税店を通り抜けると後は出口です。外に出るとたくさんのタクシードライバーが待ち構えています。

 

ほとんどのタクシードライバーが、行き先も聞かずに基本ベース150,000ルピア(約1,500円)と声掛けしてきます。

 

とりあえず「No !」って断ると直ぐに100,000ルピア(約1,000円)まで値引き、出国ゲートから離れれば離れるほど値引き交渉が容易になりました。

 

最終的に70,000ルピアまで値引きしてくれたドライバーを確認した。(Kuta Beach付近まで)

 

『地球の歩き方08~09』で唯一、役に立ったのがインドネシア語のフレーズ集
Tolog pakai argo.(トロン パカイ アルゴ) メーターを使って下さい。

 

しかしながら、ほぼすべての空港ドライバーがメーターを使用を拒否します。

 

しかたなく空港の2階から外に出てしばらく待っていると白人の乗客を乗せたタクシーが空港へやって来ました。その運ちゃんにすかさずメーター利用を確認して、無事に交渉成立!

 

初日の宿泊先ホテル(Pullman Bali Legian Nirwana Hotel)まで58,000ルピア(約580円)で到着出来ました。

 

メーターを使わないドライバーの言い値と比べると1/2もしくは1/3まで値引き出来た感じです。

 

P.S.
バリ島デンパサール(グラライ)空港にはフリーWifiが完備されていました。
アクセスポイントは@Ngurah Rai Airportでパスワードは不要。※回線遅い

 

 

そうそう、せっかくなのでバリ島 出国手続き についても改定されていたのでシェアしておきます。

 

以前の出国税は150,000ルピアだったようですが、現在(2014/Dec)200,000ルピアになっていました。

 

RIMG0414_2014121912544768a.jpg
Payment serviceと書かれた空港税ブースで出国税200,000ルピアを支払います。

 

RIMG0416.jpg
出国時には、この空港税200,000ルピア(約2,000円)を忘れずに残しておきましょう。

 

RIMG0419a.jpg
空港税を支払うとBoading Pass(搭乗券)の裏側にシールを貼って貰えます。

 

出国手続きを終え、出発までの待合ホールでは両替所やレストラン、お土産屋などがたくさんあり、そこでもルピア通貨の使用が可能です。ルピアからタイバーツへの交換レートはあまり良くなかったので余ったルピアでお土産を買ってもイイかもれしませんね。

 

RIMG0422xy.jpg
450,000ルピア1,071バーツ(2014/Dec) 両替所レート in バリ空港

 

【Reminder
タイのスワンナプーム国際空港内にあるSIAM COMMERCIAL BANKでのバーツからルピアへの両替レートは最悪なので絶対にしない方がイイですよ。

 

RIMG0432xy.jpg
1,000バーツ200,000ルピア(2014/Dec)

 

タイからバリ島へ行かれる方は参考にして下さい。


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!

AdSense