タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by タイ在住わらしべ長者

【今日のつぶやき】2020/09/21/16:52 日本の連休に合わせてタイでもまったりと♪(*´ω`) 今日もバズってAds あざーっす!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

Sponsored Link

もしも航空券の名前を間違えたら・・・【検証結果2/2】

記事公開日:2013年7月11日
最終更新日:2018年11月25日


タイ在住わらしべ長者っす。

 

今回は挨拶抜きで行かせて貰います。

 

意味分かんねぇーって方、

 

先にコチラを参照

 


ほな、さっそく

 

名前を間違った航空券チケット(56,000円)の購入後、すぐにDeNAトラベル(旧スカイゲート)へ電話してみた。


Sponsored Link

 

ぷるるる・・・ぷるるる・・・ ぷるるる・・・

 

「ガチャッ」

 

「スカイゲートさん? 俺っち今さっき航空券を購入したもんだけど」

 

「お名前とご予約番号をお知らせ下さいませ。ご用件の方は?」

 

「それがさぁ~今スカイゲートさんからの確認メール見たらさぁ~」

 

「名前のアルファベットが1文字間違えてるんだけど、大丈夫だよね。後のパスポート番号やら他は全く問題ねぇーし、これで飛行機に搭乗出来ねぇ事ぁないと思うが念の為、ご連絡させて貰いました。」

 

※この時にすでに「航空券の規約」の内容は熟知していたがトボケてみた。

 

「お客様、すみません。弊社の規約に記載しておりますが、例え勘違いからで1文字でも名前を間違った場合、ご搭乗できません。」

 

「えぇぇ!ウソやーーん!!」

 

※知ってたけど、知らないフリして大げさに驚いてみせた。

 

「ちょっちょっ、予約したの俺っちで全て証明できるよ。なんで搭乗出来ないの?おかしいやん!その席抑えて名前が1文字違っただけで飛行機乗せてくれないの?ありえへん!ってかその席、空席で飛ばすんかい?お金を払った上に乗りたい人間がいるのにもかかわらず、名前のスペルが1文字違うだけで搭乗させないのかよ?ぜってーおかしすぎ!」

 

「これ自分でたった今、購入したチケットだよ?他の人から完全別名のチケットを譲りうけて搭乗させてくれって言ってるワケちゃうやん!」

 

「お客様、申し訳御座いません。当社の規約でそうなっておりまして、お一人様だけ特別にご搭乗させる事は出来かねます。」

 

「なんの理由で?購入者は俺よ、お金払ったのも俺よ、まぁ予約の記入欄に名前間違えたのも俺だけど・・・」

 

「何度も言いますが規約なのでこのままではご搭乗できません。キッパリ!」

 

まだっ言うかっ! だ~か~ら~ 搭乗させない理由が意味不明!それを納得いく説明せんかいっ!」

 

「当社は搭乗された方の名前が航空券と違った場合、搭乗者様に何かあった場合、保証の対象外となり責任を追いかねます・・・また問題があった場合、航空会社への賠償などにも関わってくる為・・・あーだ、こーだ・・・」

 

※100%完全には会話の内容は覚えていないがこのような内容の事を言っていた。

 

「ってか全部、自分事やん。ユーザーの事なんも考えてないやん。俺っちが飛行機に乗ってハイジャックでもする可能性はどんだけの確率やねん?それを懸念してるの?あんだけ厳重に持ち物検査してるのに、わしゃゴルゴ13かジェームス・ボンドかっ!」ってな感じの軽ぅ~い小ボケも入れつつ

 

「ほな、建設的に話まひょかっ!じゃぁこの状態からまず一番にする事って何でっか?」

 

「とりあえず、このままではご搭乗出来ないので一旦現在の航空券をキャンセル手続き再度、あらためてご予約してして貰う必要があります。」

 

「やっぱ、キャンセル料とか費用が掛んの?」

 

「キャンセルして払い戻し手数料とあらためて航空券を取り直すので、30,100円が掛って来ます。」

 

「はぁん!?さ・・3万と100円!?3,100円じゃなく???」

 

 

「ぜってー、ありえへん!

 

 

「あってたまるかっ!ボケっ

 

「名前を1文字HAAKO を HAAKOって打ち間違いしただけで、3万100円も取るのかよ!!ゴルァ!」

 

「こんなんPCに不慣れなお爺ちゃんお婆ちゃん可哀そうやんけ!」

 

「老眼からのタイピングミスの可能性をもっと考慮したらんかいっ!」

 

「当社の規定で決まってますのでご理解下さいませ!」

 

「オメー、さっきからそればっかりやんけ!」

 

「ほな、よし話を変えよう!今回たまたま事前に気づいて、こうやって電話掛けてるんやけど、もし本人が名前の間違いに空港のチェックインカウンターで気づいた場合でも、飛行機に乗せないって事っすか?」

 

※このケースは昨日の記事にした「ギャル2人: 空港 編」をご参照ください。

 

「はい、何度も言いますが名前が違う場合、ご搭乗できません。」

 

「いやいや、それ建前でしょう?分かってるよそんな事。で、実際は搭乗させるんでしょう?」

 

「名前が違う場合、ご搭乗できません。」

 

「このアマ!まだ言うかっ!

 

「じゃぁ、スカイゲートの○○さんじゃなく、いち人間として回答してよ、旅行代理店と立場とか関係なしに・・・そんなコールセンターで長く働いてると、さっきのような空港カウンターで気づいて慌てて電話してくれるお客さんいるでしょう?彼らは結果的には搭乗できたんでしょう?ちゅーかフツー搭乗させるでしょう。スーツケース持って今から旅立とうとしてる人間に対して、搭乗させず家に帰らすってどーしても俺っちには考えられへん!」

 

「・・・・・・・・・」

 

「ねぇ 彼ら搭乗できたんでしょう? 最終的には・・・ねぇ?・・ねぇ?」

 

「お答えできません。。」

 

「何、その答え?自分でご搭乗出来ますって言ってるようなもんだよ。それって。」

 

「ははあ~ん、分かったぞ。 この会話のやりとり録音とかされてて上司に聞かれたらマズいんでしょう」

 

「カッポム!カッポム!(了解)って事で名前間違えてもご搭乗出来るって事で決まりね!」

 

「いぇ、ご搭乗できません!確かにご搭乗出来たケースも稀にあるかもしれませんが、それは特別なケースでございまして、こちら旅行会社からは、ご搭乗できないと申し上げる他ありません。あとは航空会社の判断になる為、こちらはお約束は出来かねます。」

 

「はぁ~まだ言うか!ほな、俺っちが56,000円でやっと見つけた格安航空券にもかかわらず、そこから1文字間違えただけで30,100円、俺から搾取しようってのか?よーし!俺はまだいい。これがヨボヨボの90歳手前のお爺ちゃんとお婆ちゃんの人生初の海外旅行、しかも年金暮らし!どや?これでも30,100円むしり取る気かい!

 

「確かに名前を間違えた事は非を認めて旅行代理店さんには迷惑掛けたと思うよ。でも悪気があったわけじゃないんやし。。。」「ちゅーか俺、30,100円払わんぞ!ってか払えんぞ!もっと言えばもう金なんてない!」

 

超ぉー貧乏を装ってみた。

 

「それでもご搭乗させてくれないって言うんだったら、追加の30,100円払えんわけやし、ないものはない!って事で、このままシラ~と受付カウンター行って、あたかも当日に名前間違えに気付いたフリして空港で騒わいだるねん!だって払われへんもーん!これしか道ないやん! 年金だけのお爺ちゃんお婆ちゃんは他の収入源、ないっちゅーねん!だったら最後のチャンスに賭けて、このままご搭乗できるか空港直接行って試したるわ!!」

 

「お客様、少々お待ち下さい・・・上司と相談します。」

 

「ははぁ~ん、来たか、 ここが秘密の交渉のフェーズ(段階)か?検証した甲斐があったぜ!ニヤ」待つ事3分ほど。

 

「では、お客様のケースを考慮して、今回だけ「8,800円」でご対応させて貰います。」

 

「えぇ!まだ金取るの?

 

内心、値引き出来た事に「オッシャー!」だったけど、その素振りは一切見せず、あたかもまだ不満があるように返答した。

 

 

実際のキャンセルしてからのチケット取り直し料金30,100円から8,800円を差しい引くと21,300円の値引きにこの時点で成功!

 

「で、その8,800円はどういう内訳よ?」

 

「6,300円は当社が航空会社に支払う払い戻し手数料となり2,500円が万が一、現在のチケットのキャンセル後、それを確保できなかった場合に次に安い航空券の価格との差額となります。」

 

上手く収まりそうだったけど、もう少しだけゴリゴリ行ってみた。

 

「なにその差額の2,500円って?自分が抑えた席をキャンセルしてもう一度その席を取り直すだけなのに、なぜ他の2,500円高い航空券に変わらなアカンねん。」

 

「お客様が先ほどご購入された種類のチケットは既に完売されてまして、他のチケットとなります。旅行代理店のシステム上、先ほどのキャンセル後、それがこちらのシステムに表示されるか保証が出来ない為、この2,500円は他の代替チケットを抑える為にご了承下さいませ。」

 

まぁキャンセルした時点でその瞬間キャンセル待ちの人間に俺っちの席(シート)が流れる事も考慮し、すべてを承諾し決着をつけた。

 

やはり同じチケットを抑える事ができず、結果追加で+8,800円を支払う事になった。

 

 

皆さん長くなりましたが、ここまでご精読ありがとうございました。

 

 

では、シメさせて頂きます。どーーーん!

 

【検証結果】

「もしも 航空券の名前を間違えたら・・・」追加でキャンセル料30,100円が徴収される。が、交渉次第で8,800円まで旅行代理店と交渉可能!

※あくまでも今回の旅行代理店スカイゲート(現DeNA)のケース。

 

◆わらしべ1ポイントアドバイス

個人的に感じた事、旅行代理店は名前の間違った航空券チケットでチェックインされる事をひじょうに嫌がった感じがありました。
航空会社と代理店の間で何らかの評価査定があるのではと推測します。

 

最終的に「お金ないからこのまま空港へ行くわ!」
これが交渉の決め手となったような気がします。

 

※旅行代理店に「ご勝手にして下さい。」と言われ空港へ行って「ご搭乗出来ません」って言われても俺っち一切責任を負いかねます。あくまでも俺っちのケースを完全シェアさせて貰いました。

 

 

予約時に航空券の名前を間違った方にとって今回の情報が永続的にお役に立てれば幸いです。

 

 

by タイ在住わらしべ長者

 

【余談1】
交渉時はホンマに名前を間違ったままのチケットで空港に行く覚悟でした。その時は空港の受付カウンターで「電話で予約した旅行代理店がHANAKOを聞き間違えてHAMAKOって記入したんやっ!」って感じで完全旅行代理店のせいにして搭乗してやろうという企みでした。責任はおいませんが機会があれば試してみて下さい。多分出発直前で航空会社が旅行代理店に確認しないと思います。
【余談2】
翌日旅行会社のスカイゲートでなく、搭乗する予定だったマカオ航空にも同じように電話してみた。まだやるかっ!って言われそうですがw やはり強気の姿勢で名前の変更が出来ないと言っていましたが、チェックイン直前で気付いた場合を突っ込むと。。実際のそのケースになれば何やら対応してくれるようですが、今は回答出来ないとの事でした。多分ですがご搭乗できるでしょう。手数料がかかるかは不明。チャンスがあればいつか検証予定。

 

航空会社(マカオ)との会話で記憶に残ったのは頻繁に「代理店に相談して下さい」と言ってきます。やはり代理店と航空会社のと間に何らかの規約(条約)を設けているようです。ただし航空券を代理店を通さず購入した場合、別の対応がありそうです。それは電話越しでは教えくれません。

 

【参考までに】
航空会社ANAでチケット予約し代理店を通してない場合、発券したeチケットの変更(名前間違い)はできませんが、ANAのシステム上で名前の変更してくれ問題なしに搭乗できるとの書き込みを見かけました。多分、マカオ航空でも航空チケットを代理店を通さず直接購入していた場合はANAと同じ対応して貰えるのではと推測します。上記で電話の担当者がほのめかしたのは、きっとこれではないでしょうか。

 

ふぅ~ わしゃ疲れたわ。。。

 

【楽】売れ筋ランキング

 

PS.
この記事のコメント欄にはたくさんの情報が書き込まれています。
名前を間違えた方にとって有益な情報が豊富ですのでぜひ目を通して下さい。


Sponsored Link

 

コメントは30件です

  1. とおる より:

    > 追加でキャンセル料30100円が徴収される。
    > が、交渉次第で8800円まで旅行代理店と交渉可能!
    キャンセルした時に、旅行会社の利益は、30100円-8800円?

  2. nyi-nyi- より:

    このようなケースでコールセンター担当者と話していたら
    私は確実に切れてます
    コールセンターは基本マニュアルみたいなので返答しているので
    こちらとしては非常に感じが悪くなります
    コールセンター担当者のスキルでいい感じにもなるし、悪い感じにもなりますね
    私の場合日本のカンポで保険入っていたのですが
    手術することになって前もって何がいるのか聞こうと電話したら
    「まず証書の番号をお願いします」
    「番号がわからないと なーーーーーん もお答えできません」と答えた
    相手の立場に立って話をすれば↑のような返事は出てこないですよね
    もし名前を間違えても当日チェックインカウンターで冷静にねばればいけそうですね

  3. 放浪わらしべ長者 より:

    >とおるさん
    コメントありがとうございます。
    > キャンセルした時に、旅行会社の利益は、30100円-8800円?
    どうなんだろね。キャンセル料で利益が発生するかは謎。こればっかりは代理店のみ知るって奴ですね。
    多分、従業員みな、秘密保持契約とかしてるから表に出てくる情報じゃないと思うけど。
    56000円の航空券が、結果64800円になっちゃったよ。
    サワッディークラップ

  4. 放浪わらしべ長者 より:

    >nyi-nyiさん、こんにちわ
    コメントありがとうございます。
    >コールセンターは基本マニュアルみたいなので返答しているのでこちらとしては非常に感じが悪くなります
    俺っちも感じ悪くなってましたよ(笑)
    >コールセンター担当者のスキルでいい感じにもなるし、悪い感じにもなりますね
    保険の件、空気を読まない対応にガッカリしますね。
    > もし名前を間違えても当日チェックインカウンターで冷静にねばればいけそうですね
    まぁ確約はできませんが、多分そのような気がします。
    チャンスがあれば試してみたいです。
    nyi-nyiさんいつもあざ~す。
    Have a nice day

  5. JIMMY より:

    おつかれさまです。
    ワタシは旅行代理店というのは通さない方なので、こんな苦労があるとは知らなかったです。ANAはマイレージ番号を入れるとスペルなどは登録保存されているので間違えようもないのですが。
    ところで、今気付いたのですが、ANAだとキャンセル料は1万円です。エコ割5という一番キャンセル料が高い券でも2万円でキャンセル可能ですが、3万100円とは何でしょう?
    代理店が航空会社に支払うキャンセル料が6300円なら、差額の23800円は代理店が取ることになりそうですが。

  6. 放浪わらしべ長者 より:

    >JIMMYさん、こんちには
    コメントありがとうございます。
    > ところで、今気付いたのですが、ANAだとキャンセル料は1万円です。エコ割5という一番キャンセル料が高い券でも2万円でキャンセル可能ですが、3万100円とは何でしょう?
    > 代理店が航空会社に支払うキャンセル料が6300円なら、差額の23800円は代理店が取ることになりそうですが。
    >eチケット確認メールの内容にこんな注意書きがありました。
    ■■ご注意■■
    ご入金後のキャンセルの際は「当社条件書ならびに航空会社の定めによる取消料」と「当社取消事務手数料
    (6,300円/お一人様あたり)」と「取扱手数料」がかかります。
    これを見てちょっと疑問に思ったのは、ブログ記事にも書いたように担当オペレーターが6300円については、確かに航空会社への払い戻しに掛る費用だと言ってたのですがどうやら「代理店の取消事務手数料」のようですね。やり取りの電話中に後で記事にする予定だった為、2度確かめたのですが担当者はこちら「当社条件書ならびに航空会社の定めによる取消料」の説明してました。まぁ上の記載の仕方じゃ細かい航空会社の定めの記載はないのでわかりませんが・・・
    何かの参考にして下さい。
    サワッディークラップ

  7. もんた より:

    海外のエクスペディアで予約したときのことですが、変更事項の相談は直接航空会社にと言われました。
    航空会社に連絡したところ、代理人にやってもらったのに、名前変更と搭乗日変更も無料でできました。
    ただし、日本のエクスペディアサイトで予約の場合、日本のカスタマーセンターですべてやってくれました。
    この場合は確か変更手数料を取られた記憶があります。
    多分、代理店契約が違うのかなと。代理店でやってくれる場合は手数料がかかる。
    航空会社に言ってくれと言う場合は、航空会社次第なのかもですね。

  8. 放浪わらしべ長者 より:

    もんたさん、こんにちは
    コメントありがとうございます。
    貴重な生の情報ありがとうございます。
    > 多分、代理店契約が違うのかなと。代理店でやってくれる場合は手数料がかかる。航空会社に言ってくれと言う場合は、航空会社次第なのかもですね。
    俺っちもそう思います。仲介が入ってる分チャージされるのでは。。
    ユーザーサイドに立った航空会社が増える事を願っています。
    ってか、もんたさん経験値抱負なのは、
    名前そんなに頻繁に間違ってるの(笑)ワロたw
    今後ともよろしく

  9. マイペンライ より:

    普通によくあり、航空会社もすんなり空港のカウンターで無料でそのまま飛行機に乗せてくれるものだと思ってました。
    私は今年の3月にTGでBKK~大阪まで乗った時にパスポートの名前よりスペルが一文字多い予約券でしたがバンコクのカウンターでは何事もなかったようにすんなり発行してくれました。
    帰りの関空では指摘されましたが、行きのバンコクでは何も言われなかったよと言うと本来はダメなんですよと言いながらもチケット発行してくれました。

  10. 放浪わらしべ長者 より:

    こんにちは マイペンライさん
    コメントと情報シェア感謝します。
    >私は今年の3月にTGでBKK~大阪まで乗った時にパスポートの名前よりスペルが一文字多い予約券でしたがバンコクのカウンターでは何事もなかったようにすんなり発行してくれました。
    俺っちもそんな気がしてたんだよなぁ~だって旅行会社の代理店が間違った名前でそのまま空港へ行くって言うと嫌がったからなんとかなるのでは。。[絵文字:v-389]まぁ確証がないから人には軽はずみで直接空港へ行ったらイイよって言えないけどね。
    > 帰りの関空では指摘されましたが、行きのバンコクでは何も言われなかったよと言うと本来はダメなんですよと言いながらもチケット発行してくれました。
    やっぱ日本は一応チェックするようですね。でも最後は乗せてくれる。
    たった一文字名前間違えただけで、数万円支払ってキャンセル手続きさせられた方々がなんか気の毒っすわ。。
    嫌だねそんな旅行会社。。
    もし差支えなければ、その間違えで乗れたBKK-日本行きの航空会社教えて頂ければ幸いです。
    同航空会社で名前間違って、検索からここに訪問された方にとって力強い情報となるはずです。
    改めて情報シェア感謝致します。
    by 放浪わらしべ長者

  11. マイペンライ より:

    TGです。
    予約に使った旅行会社はチョンブリにあるローカルの会社です。
    いつも使ってるアルファベットはkouheiですが、パスポートはkoheiにされてるんです。
    しかし会社の総務のタイ人スタッフはいつも使ってるスペルで予約登録していたんです。
    タイのチェックインカウンターは融通がきくからいいですね。
    これが最初日本からの出発ならどうなっていたかわかりませんね。日本で指摘された時タイの航空会社でタイでOKだったのになんで日本でとやかく言われなあかんねんと一喝したら何も言わなくなりましたんで。

  12. 放浪わらしべ長者 より:

    まいどーマイペンライさん
    >TGです。
    すみません、TGの意味を知りませんでした。 前回のコメント読み直すとキッチリ記載されていますね。お手数お掛けいたしました。
    ネットで調べて[TG]タイ国際航空 と初めて知りました。
    >日本で指摘された時タイの航空会社でタイでOKだったのになんで日本でとやかく言われなあかんねんと一喝したら何も言わなくなりましたんで。
    その矛盾を突いたマイペンライさん!流石
    タイは日本の常識が通じない事が多々ありますので、
    今後とも情報シェアして頂けたら幸いです。

  13. 放浪わらしべ長者 より:

    はじめまして、yakmooさん
    コメント内容見て、正直ビックリしました。
    もし本当に内部関係者じゃなければ、
    いったいどのようにしてこのような情報を得たのか疑問を感じます。
    しかし、読者(ユーザー)にとってとっても有益な情報なので、
    こちらのコメント欄で紹介するより、
    1記事としてご紹介させて頂きます。
    ご丁寧に追加整理までして頂き感謝です。
    この有益な情報記事アップするまで、もうしばらくお待ち下さい。
    興味がない人にとっては全く無意味な情報になるかもしれませんので、
    そのような方々にも読んでもらえるように
    「興味付け」のギミックを少し考えてみます。
    では、今後ともよろしくお願いします。
    また後ほど、記事アップ時に再度お礼申し上げます。

  14. yakmoo より:

    わらしべさん
    こんにちは

    > しかし、読者(ユーザー)にとってとっても有益な情報なので、
    > こちらのコメント欄で紹介するより、
    > 1記事としてご紹介させて頂きます。

    うまくまとめていただけると幸いです。
     (個人的な経験からのことですので誤りがあればご容赦ください)

    > もし本当に内部関係者じゃなければ、
    > いったいどのようにしてこのような情報を得たのか疑問を感じます。

    これまでに300万マイル程は、飛行機に乗っていますので。(笑)
    仕事は、一日のほとんどを会議していた国内会社のサラリーマンで、、
    業務で飛行機にのるのはせいぜい年2~3回程の長距離国内出張位いでした。
     (東京での定例会議の為、新幹線は毎週2往復乗っていましたが)
    現在も活用できる情報でなければ、みなさんのお役に立つことはできませんが、
    昔はとても良い時代でしたので、四方山話として聞いてください。
    先のコメントの、
    コロンボ発東京行きチケットは、ビジネスクラスで15万円程でした。
    ソ連崩壊の話は、
     航空券の発券航空と、搭乗会社が複数、又は異なれば、先述のBSPを通じた、
     航空会社間の清算が発生します。 当然これは国際間の精算となります。
     この国際間精算には、航空券精算(BSP:IATA)専用レート「BSR」があり、
     これは週1回水曜日のみの更新でした。
     社会事変などで通貨価値が、1日に10~100倍も変化するときは、
     日々暴落した現地通貨で航空券を何十冊も発券し、それを1週間前の
     通貨レート「BSR」で邦貨リファンドするといった。。。。
      (これが、航空券は金券の所以)
    これらも「SITI」「SITO」「SOTO」や「FUC」から「NUC」、「STO」時の運賃規則
    といったルールができ、制度改悪(当方にとって)され続けています。
     * 「かっこ書き」内は、必要であればgoogleってみてください。
    また昨今のeチケット、燃油チャージ、ユーザインターネット予約等により、
    これまでの常識(決まりごと)の多くが通用しなくなってきています。
    JALの予約端末「Acess」が一般に無料開放されていた時期がありました。
    これで毎週末の海外旅行予約記録(PNR)を自分で作成し、色々な方面の
    航空券10冊程を使い回し、時々に応じ往路はAチケット、復路第一旅程は
    使いかけのBチケット、復路第2旅程はCチケットといったことをしていました。
     (これが、予約と航空券は別物の意)
    あるいはチェックイン直前まで、空港で当該予約を修正したりもしていました。
    この予約端末では、すべての座席状況を確認しながらの座席指定ができました。
    あるいは単純に指定不可席でも、それが既に他乗客が指定済みなのか、または
    ブロッキングなのかも判り、とれない座席や隣席ブロックなどの依頼交渉も、
    予め情報を得て有利に進めることができました。
     *今と違い事前座席指定するのは高いチケット保有者に限られていましたので、
      大抵は、希望する座席を予め自由にとることができました。
    BKK/NRT/NYC等で乗り継ぎに一定時間あると、航空会社でホテルを無料手配して
    もらえるルール「STPC」があり、この交渉なども可能でした。
    よく諸規則の例外対応(便宜を図る)するJALが批判を受けた時、
    JALが表明したポリシーなどの話もありますが長くなるのでこのへんで、、
    わたしは昨年セミリタイアし、タイ、カナダ、日本で年の1/3づつ暮らす
    生活を初めています。 (昨日、日本に帰国しました)
    わらしべさんも全てご自身で体験されたことを、ブログに書かれていますが、
    私もタイに来てからは、業者に頼まず独力で下記をやってきました。
     1.車、バイクの免許取得
        *日本でもバイクは乗っていましたが、タイのバイク免許は
         学科、実技試験をともに受けての取得です。
     2.車、バイクの購入と年1度の登録証、ステッカー更新
     3.車、バイクのタイ会社での任意保険加入
     4.ビザ更新
     5.ポストペイの携帯契約
     6.インターネット(ADSL)契約
     7.普通預金、定期預金口座開設(いくつかの開設にはドラマがありました)
         バンコク銀行
         アユタヤ銀行
         スタンダードチャータ銀行
         タイミリタリー(TMB)銀行
         タナチャート銀行
         サイヤムコマーシャル銀行(AirAsiaの決済料金が掛かりません)
         カシコン銀行
         UOB銀行
         シティーバンク銀行
     8.コンド購入
     9.高速道路のEasyPass取得
    またカナダでもグリーンカード(永住権)を取得し、
    こちらでも上記のようなことをやってきています。
    因みにタイ語は読み、聴く、話す全てダメ。 英語も読み、聴くも少々ですが、
    結果的に何とかまわり(タイ人)に都度助けられながらやってきました。
     *結構、言われるままタイ語書類にめくらサインしてきていますが、
     *幸い、これまでにだまされたことはないです。
    上記は目的でありますが、どちらかというと、その過程を楽しんでいる
    と言うのが本音で、一通りやってしまうとやることが無くなってしまって。。。
     (何か最近、肉体労働でも良いので働きたくなってきました)
    私もこれら体験をブログなどで情報共有できればよいのですが、
    このコメントを見ていただいても判るとおり、とても他人に理解して
    もらえる文書を書く能力がありません。
    ご質問があればお答えできますが、
    写真や記録をとっていないのでお役に立てるかどうか。
    それでは、、

  15. 放浪わらしべ長者 より:

    yakmooさん
    改めて追加情報に感謝します。
    JALの予約端末「Acess」とありましたが調べてみると「AXESS」のようですね。
    >因みにタイ語は読み、聴く、話す全てダメ。 英語も読み、聴くも少々ですが、
    結果的に何とかまわり(タイ人)に都度助けられながらやってきました。
    ちょっとビックリしました。。
    数ヶ国語を器用に操るスーパーマンのよう方を想像していましたが、
    言語無くしてのタイでのご活躍、素晴らしいですね。俺っちも見習わせて頂きます。
    また同時に自信にもなりました。どこか別次元のお方かと思わせるぶりの知識量で
    六法全書でも読んでる気にもなるくらいコメント記事。
    でも何かスーパーマンでなくて安心しました。
    ただ分かった事はyakmooさんの行動力が半端ないくらスゴイってですね。
    尊敬します。
    これからも気晴らしに俺っちのブログに足を運んで頂けたら光栄です。
    もしまた分からない事があれば教えて下さいね。
    PS
    このコメントにも貴重な情報が一杯なので後ほど記事として使わせて頂きます。

  16. ぶるー より:

    本当に間違えてこのサイトにきました。
    コールセンターにてキャンセル料を80%でとりなおせとの事でしたが、さんこうにさせて頂き訂正手数料5000円ですみました!
    ありがとうございましたー

  17. 放浪わらしべ長者 より:

    ぶるーさん こんばんは
    コメントどもーあざ~っす。
    このサイトがお役に立てて良かったです。
    ぶるーさんの今回のコメントも
    同じように入力ミスした人への励みになると思います。
    上手くいった事例報告に感謝

  18. イサーン在住 より:

    人事だと思っていたら、やらかしました。
    <TAKASHI>(仮名)とするところを<TAKASHII>と入力してしまいました。
    タイのLCCのN航空なんですけど、空港に行って乗れるかどうか挑戦してみます。

  19. 放浪わらしべ長者 より:

    イサーン在住さん こんにちは
    コメントありがとうございます。
    マジでやらかしちゃいましかw^^
    ぜひぜひその後のご報告をお待ちしておりますw
    ただ知る限りでは海外発のLCC(エアアジア)では
    意外と緩くチェックイン担当者の裁量によるみたいっすよー
    頑張って下さい!

  20. イサーン在住 より:

    先日の件です。結果的にはOKでした(^^)
    ノックエアでチェンマイ発の国内線でした。
    チェックイン担当者から何も言われず、そのまま搭乗券が発券されました。名前は間違ったままです。
    国内線待ち合い前のセキュリティチェックのときも、直前の搭乗券チェックの時もスルーでした。
    とりあえずご報告いたします。
    PS  (いつものわらしべさんのように)自分の場合の結果です。他の方のケースについて責任は持てません(^_^;)

  21. 放浪わらしべ長者 より:

    イサーン在住さん、こんばんは
    追加情報ありがとうございます!
    やっぱ国外のエアラインは思った通り緩い対応ですね。
    たまたまだったかもしれませんが
    ノックエアの実体験談として参考になりました。
    サワッディークラップ

  22. hawaii love より:

    Aloha
    凄い分かりやすい情報シェアとても感謝しています!

    サプライス!旅の価格に、驚きを。(HIS系の子会社)より、
    来年の6月デンパサール行きの航空券を2枚購入致しました!

    アメリカ在住者で、アメリカからの出入国はアメリカのパスポートの情報を入れ込まなければいけなかったのを、うっかり娘の二重国籍で(名前も違う)日本のパスポートの情報を入れ込んで仕舞い、1文字も抜けているのが発覚!!

    カスタマーサービスは海外からは通じず、日本に住む友人に頼んで貰いましたが、
    音声ガイダンスで、後はメールのやり取りのみです。

    超ー対応が遅いです!

    とにかく取り消して航空券を取り直して下さい、
    アメリカのパスポートでの搭乗手続きが必要な場合には、
    パスポート記載のお名前とスペルが異なります為、
    お名前の変更手続きが必要となります。

    ただし、事前にもご案内をさせて頂きました通り、
    航空券は原則お名前の変更が出来かねます。

    基本的なお手続きとしては、誤ったお名前の航空券のご予約をお取消頂き、
    正しいお名前にて新規ご予約が必要となります。

    1名様のお取消をご希望でしたら、本メッセージにて承ります。
    本航空券はお取り消しに際して、お一人様につき
    航空券取消料 160ドル(16,800円相当)
    取消手続き料金 4,320円 がご請求の対象となります。

    と、メッセージがやっと3日後に来ました!

    只今、中国東方航空会社に連絡を入れた所、旅券の番号とサプライズの受付番号ともかみ合わず、名前と旅行予定日で予約は確保されているのは確認しました!

    航空会社が手数料を取ってパスポート情報を修正してくれれば問題は無いのですが、
    もう不安で不安で、とにかく明日、また航空会社に連絡を入れてみます。

    放浪わらしべ長者さんや他の方達のコメントで勇気ずけられました!
    次回に続く・・・

    • 放浪わらしべ長者 より:

      hawaii loveさん こんにちは

      コメントありがとうございます。

      当記事がお役に立てて何よりです(^^♪

      次回の展開が楽しみですね!

      頑張って下さい(‘ω’)ノ

    • hawaii love より:

      Aloha 放浪わらしべ長者さん

      航空会社に5日前に、
      パスポート情報が間違えてました。どうやって変更したら良いですか?
      メッセージ入れたら迅速な対応で、
      航空をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

      登録を変更させていただきますので、パスポートのコピーをお送りいただけませんでしょうか。
      と連絡があり、事細かく説明を入れて喜んで居ましたが、5日も連絡が無いので、
      朝9時半の航空会社の営業時間を待って電話しましたら、
      航空券の名前の変更では無くて、WEB上の登録情報だと思いました、で、
      キャンセルして買い直して下さいと言われました、
      直ぐにサプライズにキャンセル依頼をしましたが、5時間半も経ってますが無反応!
      もう1度、キャンセルは保留にして欲しいと伝えるメッセージをしました!

      航空会社も早く返信してくれてれば、他の会社で一昨日$599
      今日見たら$950に成ってて納得行かないので、もう1度連絡してみます!

      • 放浪わらしべ長者 より:

        hawaii loveさん こんばんは

        おぉーΣ(゚Д゚)

        まだ未解決で尚も格闘中ですね!がんばれー

        にしても航空券側が航空券の名前間違いとWEB登録の修正を間違えるとは。。。

        事細かく説明を入れたみたいやから

        もしも第三者がみて絶対間違えないだろっていう内容なら

        思いっきり航空会社の担当者側のミスやから自分ならゴリゴリいくけど

        けど勘違いさせるような表現をこちらがしてたようなら今回は勉強代として諦める。

        しかし買い直すにしても倍近くの値段は納得いかないねぇ。

        航空会社側が便宜を図って席のグレードアップとか何か調整してくれる事をバンコクから祈っています!<(_ _)>

        続報お待ちしております。

        ここページは毎日たくさんの人が訪問して来ます。
        みな同じように名前の入力ミスをした方々だと思われます。
        そういった方にもきっと今回のhawaii loveさんの経験話はお役に立てるはずです!

        ではでは Good luck.

  23. hawaii love より:

    Aloha 放浪わらしべ長者さん

    こんばんは、

    あれから航空券は10万になりました、
    もうー悔しくて悔しくて、
    東京支社の冷ややかな血も涙も無い鬼の様な対応に頭痛発症・・・

    1度目の電話では、最初のメールで二重国籍パスポートの事は書いてなかった、
    名前修正はWEB登録の修正で、航空チケットとは書いてないって言われ、
    でも、日本のパスポート情報は1字抜けてて、言ったら1文字だけなんですか?
    でも無理です、とにかく航空券をキャンセルして新しく取り直せと・・・

    電話切った後、やっぱり納得がいかず、2日後2度目の電話!

    何度もメッセージを送ってるのに、5日も返信無いので
    こちらから電話しましたよね?

    何故、そんなに対応が遅いのでしょうか?
    何故、もっと早く教えて頂けなかったのでしょうか?
    航空券滅茶苦茶上がってて、もう手が出ません、

    もっとさっさと返信をくれていれば、
    諦めて取り直したものを何の回答も得られないので
    電話をしたのに、これはとっても酷い扱いです。

    パスポートに有効期限がある事や盗難紛失等、パスポート番号が変わるのは当然あり得ることです。
    飛行機に乗せる乗せないは航空会社の判断で、チケットを先売りしている以上、たびたびそのようなケースは発生しているはずで最近は、
    Webチェックイン時に自身で変更もできる航空会社もあります。
    とにかくチェックイン時にカウンターの係員に申し出ればチャチャチャと修正してくれますと友人も教えてくれました、

    ハワイ支社の方も空港カウンターで修正して下さると言ってますけど
    乗れますよね?

    乗れません、

  24. hawaii love より:

    (済みません・・・手違いで投稿して仕舞いました)

    きっぱり、乗れません!
    もっとさっさと返信をくれていれば、
    諦めて取り直したものを何の回答も得られないので
    電話をしたのに、これはとっても酷い扱いです。

    パスポートに有効期限がある事や盗難紛失等、パスポート番号が変わるのは当然あり得ることです。飛行機に乗せる乗せないは航空会社の判断で、チケットを先売りしている以上、たびたびそのようなケースは発生しているはずで最近は、Webチェックイン時に自身で変更もできる航空会社もあります。

    とにかくチェックイン時にカウンターの係員に申し出ればチャチャチャと修正してくれますと友人も教えてくれました、

    こちらからパスポートの情報を送って欲しいとメッセージを致しましたが、
    貴方様からのメッセージはそれから1通もこちらには届いて降りません(嘘)

    えーーー?

    後から送信されているか調べたら送信されてる(開封されているかは分からないが
    もうーありえない対応でした!

    HIS系のサプライズという旅行会社の対応も、とても遅いです!
    客の笑顔より会社の利益の会社

    なお予約に係るキャンセルは、航空券キャンセルと異なり、
    代理店側にペナルティが発生せず代理店の機会損失/持出しはなしのはずなのに、
    HIS系のサプライズさんでは、本航空券はお取り消しに際して、お一人様につき
    航空券取消料 160ドル(16,800円相当)
    取消手続き料金 4,320円 がご請求の対象となります。

    仮にこの部分に関する手数料を請求された場合は、純粋に代理店の
    手間賃(あるいは他のお客の対応ができない)相当ですので、
    もちろん、ご迷惑掛けた分はお支払いするつもりですが、
    海外からは電話は掛けられず、
    メールのみ、日本に住む友人に3ウエイコールを頼むしか手立ては無し!!

    改めて、氏名訂正のルール化をして欲しいですね。

    色々検索した結果、ハワイに住む二重国籍を子供を持つ友人達に話を聞いた所、

    ハワイのカウンターでパスポート2つともチェックするので、
    航空券とどちらかのパスポートの名前さえあっていれば問題ないとの事です、

    アメリカ出国時→アメリカのパスポート
    DPS入国時→日本のパスポート
    DPS出国時→日本のパスポート
    アメリカ入国時→アメリカのパスポート
    を使用しますが、今のところ、まったく問題はありません。
    との情報も得られました、知識が足らず申し訳ございません!

    先日、友人の娘も二重国籍で日米の(名前違う)パスポートを持ち、
    日本のパスポート情報の航空券でハワイから両方のパスポートを見せて
    無事何の問題も無く出国しました。

    なので修正する部分は、日本語のパスポート情報で1文字抜けている修正のみ!

    もう1度、ハワイ支社に電話、この女性と話すのも3度目
    上司に掛け合ってくれるとの事で連絡先を渡し、15分後

    こちらで修正させて頂きます、安心して飛行機に乗れますよっと
    言って頂けました!!やった~!

    これも放浪わらしべ長者さんのブログに出会って無かったら
    本当にくじける所でした!多大な勇気を与えて下さって
    本当にありがとうございます!

    友人もデルタで1便と2便に分かれて搭乗するはずが、2人の名前が前後
    反対に成ってて空港カウンターでチャッチャと直してくれたらしいです。

    これで安心して眠れます・・・

    20年前に良くタイに行ってましたが、カオサンの旅行会社で1年間オープン
    チケットタイ日本往復¥45000ぐらいでしたが、今はどのくらいですか?

    もうタイに行って買うのは昔の話でしょうかね?

    確かタイ日本ハワイの片道も¥5万5千円ぐらいでした。

    とにかく、放浪わらしべ長者さん ありがとうございます!

    • 放浪わらしべ長者 より:

      hawaii loveさん こんばんは

      お疲れ様です!大変なやり取り読ませて頂きました。

      最後は素晴らしい結果になりましたね!Σ(・ω・ノ)ノ

      途中まで読んでてこりゃ無理だと思いましたが

      最後の最後で逆転満塁ホームランをかっ飛ばした感じですね!(^o^)/パチパチ

      当ブログの記事、また皆さんのコメントがhawaii loveさんのお役に立てて良かったです♪

      このhawaii loveのやり取りも同じ理由で当ブログに訪問された方にとってきっと役に立つ事でしょう!

      今度時間が出来れば今回のhawaii loveさんのコメントをまとめてもっと見やすく1記事にしようかと思います。

      最後まで諦めなきゃなんとかなる!って良い教訓ですね(^_-)-☆

      この度はお疲れ様でした(‘ω’)ノ

      PS.
      カオサンで日本タイのOPENチケットなんてもう10年以上購入してないので現在の価格は分かりませんね。
      自分の10年ほど前の記憶ではhawaii loveさんのおっしゃる通り5万弱だったような気がします。

  25. オーロラ見たい! より:

    オーロラを見ようと思い立ち、家族4人分エアチケットを
    エクスペディアで私が予約しました。

    メールで送られてきた旅行確認通知の名前を見て、
    主人が子どもの氏名の順序が逆になっていることに気づき

    (多分それくらい大丈夫でしょう!と)気軽に
    エクスペディアのカスタマーセンターに電話すると
    航空会社によっては氏名変更を受け付けてくれる、確認します。と
    言ってくれました。

    行きはJAL、帰りはフィンエアーです。(帰りはコードシェア便)

    回答は。。。JALは変更を受け付けず、
    キャンセルをしてからの再発券となるとの回答でした!!!

    キャンセル料、子供も大人も一律3万円です!

    子ども二人なので6万円!
    もしくはJALがこどものみのチケットの販売を受け付けているかどうか
    またフィンエアーが子どものみのチケットの販売を受け付けているか?
    確認を自分でするようにと言われました。

    子どものみも受け付けるとは言われましたが当初の予約通りだと
    片道ずつの購入になるのでありえない金額でした!

    購入する場合、エクスペディアでは子どものみのチケットの予約は受け付けていないので
    大人1人を入れると9万円!

    どんどん日が経って、同じチケットはどんどん高くなっていっているし
    行く気もどんどん失せていっています。

    再度、JALに事の次第を説明しなんとか氏名変更をできないかお願いしましたら
    代理店さんのほうでしか、氏名の変更ができないのだ、こちらではどうすることもできない。と

    再度エクスペディアに電話。
    しかし、、、確かに 最初の段階での氏名変更は代理店側でやる、そのあとJALさんのシステムで氏名の変更をしてくれないとできないのだ、と。
    3万円もエクスペディアからは一切の請求は含まれていない、JALからの請求金額である。と!

    どんどん日数が経ってきて、高くなっているので
    もう家族4人キャンセルして別のエアチケットにするか
    今年はどこにも行かないか。。。そんな気になりつつ

    再度 JALに電話。
    なんとキャンセル料関係はJAL請求金ではないとのこと!
    あくまで代理店の規定によるので代理店に連絡を、、と。
    そして子どものみの発券も今はできるということでしたが
    。。。子どもチケット➨倍の料金になっていました、、、

    正常にとれていたら家族4人で362400円だったのが
    512000円、それにキャンセル料2人分いれたら572000円。。。

    この差額を考えると、家族全員キャンセルして(キャンセル料12万だけど)
    もっと安い航空券あるのかも!とさえ思ってしまいましたが。。。

    エクスペディアの航空券の変更等の受付部署は平日の9-17時のみと言われたので
    また日が経ってしまいそうで泣きそうですー。

    12万、、、高いですよね。
    エクスペディアにどう交渉できるか?
    と悩んでネット検索し、こちらのページを見つけたので
    貴重な情報を拝見しておりました。

    どうでしょうかね。。。泣 

    • 放浪わらしべ長者 より:

      こんにちはオーロラ見たい!さん

      コメントと情報のシェアありがとうございます。

      家族で362400円だったのが572000円になるとは。。。

      ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

      想像しただけでゾッとします(汗)

      家族全員キャンセルしても12万って…

      自分だけの個人旅行であれば強硬手段としてそのまま空港へ行き
      その場で名前記入の間違いに気づいたふりしてどうにか搭乗させて貰う手段を取りますが

      子供たちが旅行を楽しみにして万が一、直前で搭乗を拒否されるとなると
      なかなか危ない賭けに出れませんね。
      けど前々から思いますが姓と名の名前記入が逆ってそれほど大きな問題でしょうかね?
      本人確認とれりゃ問題ないような気もしますが、それで追加料金っておかしな話ですよね!
      日本と英語文化とでは姓と名の呼び順が逆なのに、
      それが飛行機に搭乗させない理由になるには未だ納得いきません。
      週明けどうのような結果なるかは分かりませんが
      キャンセルするつもりの強気で交渉すればなんとかなりそうな気もしますが、頑張ってください!
      後日また結果を教えて下されば幸いです。

      Good Luck!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!

AdSense