タイ バンコク

バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪

2011年3月全くのゼロからタイ語学習をスタート!同年9月から現在に至ってはタイのバンコクに滞在中。バンコクの生活情報やタイ語留学でのおすすめ勉強法や教材などをご紹介していきます。by タイ在住わらしべ長者

【今日のつぶやき】2021/10/26/17:32 長身が筋肉をつけすぎる欠点として「顔ちっさ!」と周囲に頻繁に言われるようになる(汗)たしかに8頭身っぽいけど逆に身体「でかっ!」て言われる方が嬉しいかもw 確かに鏡をみるとメジャーの大谷翔平君と体型がクリソツ。彼も顔が小さく見えるよな~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

Sponsored Link

クルンタイ銀行のATMカード更新手続きは有効期限の何ヶ月前から可能?

記事公開日:2021年9月30日
最終更新日:2021年10月1日


しばらくぶりのブログ更新となります。もう2ヶ月前になりますがクルンタイ銀行のATMカード(キャッシュカード)を更新してきたので本日はその時の模様を備忘録として残しておきます。

 

7月下旬のタイではちょうどこの頃にコロナ対策として緊急事態宣言中という事もあり、バンコクなどのハイリスク地域ではショッピングモール内にある銀行支店は全て閉鎖されていました。※9月下旬の現在は平常営業中


Sponsored Link

 

緊急事態宣言下ではモール内の銀行が一時閉鎖の状態(7月下旬)

【詳細記事】
リスクの高い地域の銀行は一時的に閉鎖されます:タイ銀行協会

 

通常であればクルンタイ銀行口座を開設したショッピングモール内の支店で21年の11月末に有効期限が切れるカードの更新手続きを早めにしようかと思っていましたが、上記の理由から7月下旬には全ての銀行が閉鎖中。

 

うーん、困ったな~(´・ω・`)

 

そんな中、ショッピングモール内の支店以外だったら時短営業している支店もあると知り、初めてのクルンタイ銀行のローカル店舗へ足を運んでみた。

 

初めてのクルンタイ銀行支店でATMカード更新手続き!有効期限4ヶ月前

 

ほとんどの銀行支店が閉鎖中という事もあり、営業しているクルンタイ銀行の支店前にはたくさんの人で行列が出来ており、中に入るのにも一苦労な状態。

 

ガラスドアの前で行員スタッフから順番待ちの紙を手渡され、待つ事の約1時間ほど、ようやくクルンタイ銀行の店舗内への入るのを許可された。正直、外で待たされてるタイの高齢者が暑さでぶっ倒れないかハラハラしていた(汗)

 

ローカル支店の中はクーラーが効いてて涼しい~♪ヾ(´ε`○)ノルンルン

 

入口にいたセキュリティーに案内され、まずは手の消毒を命じられ、その後にカウンター前にある間隔があいた席に座って待つようにと指示される。

 

 

約15分ほどで自分の番号が電光掲示板に表示、指定のカウンターで2021年11月末に有効期限が切れるATMカード(キャッシュカード)の更新手続きをお願いしました。

 

ぶっちゃけクルンタイ銀行ATMカードについて有効期限が切れる何ヶ月前から更新手続きが可能なのかネットで調べて分からなかったので少し早すぎないかと心配でした。11月末に切れるところ7月末とまだ4ヶ月ちょいも有効期限が残っていたからです。結論から申しますと4ヶ月前でも問題なく更新手続きできました♪(๑•̀ㅂ•́)و✧

また口座開設した支店じゃなく、その他の支店でもカードの更新手続きは可能だという事が分かりました。

 

カード更新で準備したモノ

    • クルンタイ銀行ATMカード(キャッシュカード)
    • クルンタイ銀行の通帳(PASSBOOK)
    • パスポート
    • 新カード発行料の100バーツ

 

こちらが今回更新したクルンタイ銀行の新しいATMカードです。↓

 

【表面】

 

旧カードではVISAのデビットカードでしたが、今回からマスターカードへと変更されたようです。バンコク銀行の時と同じですね!

 

ちなみにカシコン銀行のICチップ内蔵カード(KMY)へ変更した際にはVISAデビットのままで有効期限が5年間でした。

 

新しいカード発行手数料は100バーツ、年会費が200バーツです。

 

【裏面】

 

裏面にデビットカード番号の16桁とセキュリティコードの3桁が記載されています。また有効期限(2026年3月まで)も明記。

 

※タイのキャッシュカードの有効期限は切り替えた時期からピッタリ5年間ではないので驚かないようにw

 

今回もちょっと短い期間だけど先日のバンコク銀行のカード更新と比べると断然マシな状態です(笑)

 

【関連記事】

 

その場でクルンタイ銀行の旧キャッシュカードを破棄する

 

実際はまだ旧カードの有効期限が11月までと4ヶ月ちょい残っていましたが、新カードが発行されたので旧カードを即時停止する為、行員さんがパンチで穴を開けて裏面の磁気部分を使えなくしました。

 

⇒ 新カードのクルンタイ・マスターカード・デビット(Krungthai Mastercard Debit Card)詳細PDF

 

クルンタイ銀行でのカード更新手続きの流れ

 

①担当者にパスポートと旧カード、通帳を提出する。

②行員さんが身分証明のパスポートをコピーしている間しばらく待つ

③いくつかの書類にサインする(2~3箇所)

④当初の口座開設時から住所変更していたので新住所を口頭で答え、行員さんがPCに入力

⑤新カード発行料として100バーツ支払う(現金 or 口座引落)

⑥新ATMカードを受け取る(パスポートと通帳も忘れずに!)

⑦旧カードは4桁だった暗証番号を新カード用に6桁へ変更(マシン入力)

⑧完了

 

 

最初、新キャッシュカード発行手数料として100バーツ要求されましたが、行員さんが通帳残高を確認した後に口座引き落としするからと100バーツを返金してきた。現金もしくは口座引落どちらでも支払い可能みたいです。帰り際ついでに通帳記入をお願いするとしっかりと当日の明細にカード発手数料の100バーツとデポジットした10,000バーツが記入されていました。

 

まとめ

クルンタイ銀行新ATMカード更新手続きでの備忘録

    • カード更新は4ヶ月前からでも可能
    • カード更新手続きは口座開設した支店でなくても可能
    • デビットカードがビザからマスターカードへと変更
    • 新カード発行手数料は100バーツ、年会費200バーツ
    • 新カードの暗証番号が4桁から6桁へと変更
    • 新カードの有効期限は最長5年間だが手続き月によって短くなる


以上が今回の気づきでした!(^^)/

 

P.S.

後で何か思い出したら追記します。

 

【関連記事】


Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

【旬】あなたに最適な情報



当ブログはトリップアドバイザー
おすすめブログに認定!


オーストラリア7028kmの旅

脳に刺激が欲しい方はどうぞ♪
アドレナリンどばばーっ!

AdSense